昨年、第72回カンヌ国際映画祭でエミリー・ビーチャムが女優賞を獲得した映画『リトル・ジョー』が、6月19日(金)よりアップリンク吉祥寺他全国順次ロードショーとなります。

リトル・ジョー,蠱惑的な美しさ,おとぎ話,耽美な世界観,ボタニカルスリラー,

「幸せになる香り」を放つ新種の植物リトル・ジョーを開発した研究者のアリスは、息子のジョーと暮らすシングルマザー。ワーカホリックでもある彼女は、きちんとジョーと向き合えていないことに小さな罪悪感を抱きつつ、日々研究に取り組んでいる。

リトル・ジョー,蠱惑的な美しさ,おとぎ話,耽美な世界観,ボタニカルスリラー,
リトル・ジョー,蠱惑的な美しさ,おとぎ話,耽美な世界観,ボタニカルスリラー,
リトル・ジョー,蠱惑的な美しさ,おとぎ話,耽美な世界観,ボタニカルスリラー,
リトル・ジョー,蠱惑的な美しさ,おとぎ話,耽美な世界観,ボタニカルスリラー,

ジョーへの贈り物として、彼女にとってもう一人の息子であるリトル・ジョーを一鉢自宅に持ち帰る。しかし、花の香りを嗅いだジョーが奇妙な行動をとるようになり、またリトル・ジョーの花粉を吸い込んだアリスの助手クリスもいつもとは違う様子を見せ始める。姿形は変わらないにも関わらず、何かが少しずつおかしくなっていくその違和感は、果たしてこの植物がもたらしたものなのか…。

人間によって生み出された新しい植物が、人知を超えた進化を遂げたとしたら…という、まったくあり得ない話ではないテーマに挑んだ『リトル・ジョー』。怪しくも美しい映像と、エミリー・ビーチャムの確かな演技で昨年のカンヌ国際映画祭を静かに震撼させた本作のサブ画像一式を解禁致します。(即時解禁)

解禁される場面写真には、アリスとクリスが仲良く話す様子や、母と息子が夕食を食べている場面、培養室で大量に咲くリトル・ジョーなど、一見して何の変哲もないものばかりだが、よく見ると白衣がミントグリーンであったり、テーブルには日本語の袋が置かれ、夜中の培養室で光るランプがピンクであったりと、どこかいびつで不可思議な雰囲気が漂う…。

監督はミヒャエル・ハネケの助手を務め、『ルルドの泉で』で注目された気鋭の女性監督ジェシカ・ハウスナー。本作でカンヌ国際映画祭主演女優賞に輝き、エマ・ストーン主演で『101匹わんちゃん』の悪役・クルエラを主人公とした『Cruella(原題)』への出演も決定したエミリー・ビーチャムが、母として、研究者として不信感に追い詰められるアリスを繊細に表現。また、『パフューム ある人殺しの物語』の主演を務め、『007』シリーズのQ役でもお馴染みのベン・ウィショーが、アリスに尊敬と恋心を抱く助手のクリスを怪しい魅力で演じている。

リトル・ジョー,蠱惑的な美しさ,おとぎ話,耽美な世界観,ボタニカルスリラー,

リトル・ジョーが放つ蠱惑的な美しさと、おとぎ話のような耽美な世界観でカンヌ国際映画祭を震撼させたボタニカルスリラーがいよいよ公開!

監督:ジェシカ・ハウスナー『ルルドの泉で』
出演:エミリー・ビーチャム、ベン・ウィショー、ケリー・フォックス、キット・コナー 他
2019/オーストリア・イギリス・ドイツ/105分/カラー/ビスタ/5.1ch/
英語/原題:Little Joe/
日本語字幕:金関 いな
© COOP99 FILMPRODUKTION GMBH / LITTLE JOE PRODUCTIONS LTD / ESSENTIAL FILMPRODUKTION GMBH / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THE BRITISH FILM INSTITUTE 2019
配給:ツイン 
公式サイト:http://littlejoe.jp/

6月19日(金)アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショー!


ミヒャエル・ハネケ(Michael Haneke)監督 をamazonで探す
ミヒャエル・ハネケ(Michael Haneke, 1942年3月23日 – ) は、オーストリアの映画監督・脚本家。ウィーン在住。カンヌ国際映画祭に作品が6度出品され、パルム・ドール2回、グランプリ1回、監督賞1回を受賞している。 ウィキペディア

ミヒャエル・ハネケ DVD-BOX2
ELLE SHOP(エル・ショップ)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で