SUPERGAというブランドは、元々、タイヤ等をメインに取り扱っていた会社が、1925年、ゴム底靴を発表したことから、モナコやカプリといったヨーロッパのリゾート地で最もみかけるキャンバススニーカーといっても過言ではない存在にまで大成功したブランドの一つだ。1934年に入ると、すでに展開していたテニスシューズに加え、バスケットボール、ヨット、体操といったカテゴリーのスポーツシューズを発表し、その名声はイタリアのみならず、ヨーロッパ中に知れ渡ることとなったという。

SUPERGA(スペルガ)

SUPERGA(スペルガ)

 定番のスペルガ「2750」は、ベーシックで洗練された雰囲気のデザインが、セレブリティを始めとした幅広い層から愛されてきた。「2750」のソールには、マレーシアのゴムの木から採れた天然ゴムを使用しているエコなスニーカーでもる。このモデルを展開するスペルガ社の歴史は、今から100年ほど前の1911年に、ウォルター・マーティニー社が設立されたことまで遡るそうだ。

SUPERGA(スペルガ)

SUPERGA(スペルガ)

 そんな歴史あるブランドの2017年春夏の展示会が北青山で12月14日に行われた。スニーカーといえば、ナイキやアディダス、リーボック、ニューバランスなどハイテクなデザインが多い。キャンバススニーカーの魅力は、履き心地の良さと、色落ちにあると思う。自分好みの靴に変わっていくことで愛着がわく。シンプルだからこそ、洋服をコーディネートしやすいのも特徴だ。

 そんな魅力的なスニーカーが展示されていた。リゾートにもオフィスにも違和感がないデザインは、イタリアらしい。頑固一徹で、デザインポリシーを変えない意気込みがたまらないのだ。

イタリアンスニーカーのスペルガ(SUPERGA)

SUPERGA(スペルガ)

SUPERGA(スペルガ)

SUPERGA(スペルガ)

SUPERGA(スペルガ)

SUPERGA(スペルガ)

SUPERGA(スペルガ)

SUPERGA(スペルガ)をamazonで探す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。