3月29日にPatagonia Women’s Swimwear Press Preview(パタゴニア ウィメンズ スイムウェア プレス プレヴュー)が東京・北青山で行われた。パタゴニアは 世界初で初めてコレクションの全てにフェアトレード認証を受けた 「フェアトレード・スイムウエア」を発表した。 パタゴニア・サーフィン・アンバサダーで プロサーファーの武知実波氏をゲストに迎え、ミニプレゼンテーションも開催させ、パタゴニア プロビジョンズのビールやオーガニック食材を使用したフードも提供された。

パタゴニア ウィメンズ スイムウェア
パタゴニア ウィメンズ スイムウェア展示会エントランス

パタゴニア ウィメンズ スイムウェア

パタゴニア ウィメンズ スイムウェア

パタゴニア ウィメンズ スイムウェア

パタゴニア ウィメンズ スイムウェア

濡れると素肌に密着する、革新的な裏地を備えた機能的な「ナノグリップ」を初めて見た。サーフィンなどの激しいウォータースポーツでもずれない水着だという。リサイクル素材を使用し、フェアトレードの縫製工場で製造されている。ナノグリップのほか、サーフィンはもちろん、ボディサーフィンにも、ただビーチで過ごす日にも、 クラシックで遊び心たっぷりの水着が展示されていた。

ナノグリップ
濡れると素肌に密着する、革新的な裏地を備えた機能的な「ナノグリップ」
ナノグリップ
濡れると素肌に密着する、革新的な裏地を備えた機能的な「ナノグリップ」
ナノグリップ
濡れると素肌に密着する、革新的な裏地を備えた機能的な「ナノグリップ」

スイムウェアの他、パタゴニアのウィメンズカテゴリーのカジュアルウェア、アクティブウ ェア、ウェットスーツ、小物類などの展示も。また、オーガニックレストラン「navarre」 によるケータリングや、パタゴニア プロビジョンズのビールもあった。パタゴニア プロビジョンズの食品もプレス関係者にお土産として水着素材の巾着袋に入れて配布された。

パタゴニア プロビジョンズの食品
パタゴニア プロビジョンズの食品

◆武知実波 (Minami Takechi)
パタゴニア・サーフィン・アンバサダー
、2017 サーフィン強化指定選手) 徳島県阿南市をベースに徳島大学に通いながら、世界トップのサーファーを目指して世界ツアーに参戦。 徳島大学で「徳島大学サーフィンクラブ」を設立する。地元阿南市では初代「阿南ふるさと大使」として、 阿南市のイメージアップ活動に努めている。2020 年東京五輪の追加種目となったサーフィンにおいて強 化選手に指定され、様々なシーンでサーフィンの普及を行っている。

http://www.patagonia.jp/

【私論】
パタゴニアは、環境問題だけにとどまらず、人間としての最低限の労働環境を改善することに着目し、公正な労働基準と安全な労働環境をパタゴニアのサプライチェーン全体を通して推進する取り組み始めている。また、移民労働者はサプライチェーンにおいて最も立場の弱い労働者階級のひとつ。パタゴニアは人身売買を含む移民労働者の搾取から彼らを保護するため、多角的な取り組みも行っているそうだ。

動植物の自然環境だけでなく、人間そのものの環境を整える企業は少ない。70億人ともいわれる人口は、爆発的に増え続けている。しかも、その多くが貧困と戦っているのが現状だ。そんな中、無力な政治家、無力な大企業に任せられないと立ち上げった。我々、消費者も何らかのアクションを起こしたくなってしまう。応援することが、購買することで、支援できると信じている。こんな企業が増えていけば、世界は平和になると思う。(井上和美)



patagonia(パタゴニア)をamazonで探す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。