フェンディ(FENDI)は、期間限定のポップアップストア『FENDI OMOTESANDO』をオープン。2017年5月11日(木) にオープニングイベントを実施し、世界に先駆けて設置された、移動式VIPルーム「THE HAPPY ROOM」を披露した。 FENDIの衣装に身を包んだ小嶋陽菜さんが日本のポップカルチャーである“着ぐるみ”に敬意を表して誕生したキャラクターFENDIRUMI(フェンディルミ)の新しい仲間とともに登場した。

小嶋陽菜
シンプルなブラックのドレスのスタイリング
小嶋陽菜
キャラクターFENDIRUMI(フェンディルミ)と小嶋陽菜

また、浦浜アリサさん、滝沢眞規子さん、花沢将人さん、松井愛莉さんなど豪華セレブリティーが来場。さらに「THE HAPPY ROOM」のデザインを手がけた、イタリア人デザイナーCristina Celestino(クリスティーナ・チェレスティーノ)氏や、フェンディ家3代目のクリエイティヴ・ディレクター、Silvia Fendi (シルヴィア・フェンディ)氏も来日。

初めてフェンディ 表参道店のTHE HAPPY ROOMをみた小嶋さんは、『本当に名前の通り、ハッピーになれるお部屋だと思います。パステルカラーを沢山使われていて、ラグジュアリーで気分が上がるような空間だなと感じました。さらに、木のアートも飾られていて美術館にきたような気持ちになりました』と素直に感想を語った。

小嶋陽菜
お気に入りの商品を探す小嶋陽菜
小嶋陽菜
ロマンティックかつスポーティーなヒールラインのブーツ
小嶋陽菜
バッグの可愛いチャーム

また、身につけている中でお気に入りのアイテムは『シンプルなブラックのドレスを選んだんですが、遊び心のあるバッグとニットのブーツをポイントで合わせました。特にお気に入りなのが、可愛いバッグのチャームと、ロマンティックかつスポーティーなヒールラインのブーツ』と語った。

フェンディ 表参道店と名付けられたポップアップストアのコンセプトは「コンテンポラリーに解釈したローマと、イタリア文明宮、そしてフェンディ」。2フロアで構成される店内では、レディトゥウェアからシューズアクセサリーに至るまで、全てのカテゴリーを取り揃えます。また、 2016年12月、デザインマイアミで発表された、イタリア人デザイナーCristina Celestino(クリスティーナ・チェレスティーノ)氏による移動式VIPルーム「THE HAPPY ROOM」が世界で初めて設置された。

FENDIが2016年12月に、2008年以来公式パートナーを務める、最も権威ある特別なデザインフォーラムの1つ、デザインマイアミにおいて、イタリアのデザイナーCristina Celestino(クリスティーナ・チェレスティーノ)氏と新たにユニークなコラボレーションコレクション「THE HAPPY ROOM」を発表しました。THE HAPPY ROOMは、FENDIの精神と個性を反映した、トップ顧客を迎えるためのプライベートな環境です。今回、表参道のポップアップショップのオープンを記念して、東京で最もファッショナブルで活気に満ち、デザイン・アートを愛する人々が集まる街、表参道に、Cristina Celestino氏がデザインしたVIPルームが設置されます。

【私論】

世界中で人気のあるブランド「FENDI」がポップアップストアをあえて出した。そこには、マーケティング的にも新しいフェンディを見せたいとともに、中国を念頭に置いたアジア戦略が見えてきた。あえて、着ぐるみに敬意を表して誕生したキャラクターFENDIRUMI(フェンディルミ)の登場などは、親密感や親しみを込めた愛着心を印象付けるものとなった。

トップ顧客を迎えるためのプライベートな環境の「THE HAPPY ROOM」は、エグゼクティブ・クラスの人たちに向けたサービスだ。ゆったりと優雅に時間を過ごせる配慮が随所になされていた。世界中で抱えるファッションブランドの低迷の中、美術館や博物館には、おしゃれな人たちが集まっている。ブティックが単にモノを陳列し、有能で雄弁なセールスマンを置いた売る装置でなくなっているのも事実だ。そこに新たな付加価値をつけようとしているのがフェンディなのかもしれないと感じた。(井上和美)

https://www.fendi.com/jp

FENDI(フェンディ)をamazonで探す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。