撮影ロケーション(ハウススタジオ)、イベント会場としても利用されるほど人気の横須賀・走水海岸に佇む漁師小屋をリノベーションしたカフェ&レストラン「かねよ食堂」へ行ってきた。あいにくの雨にも関わらず、客席は満席だった。かろうじて、二人分の席が空いていたのは、11時半という微妙な時間に訪れたためだった。

漁師小屋,リノベーション,カフェ,レストラン,かねよ食堂
かねよ食堂の入口
肉料理のランチセット
肉料理のランチセット
肉料理のランチセット
肉料理のランチセット
デザート
海でとれた海藻で寒天を手作りしたデザート
珈琲
珈琲

ランチメニューは豊富で1650円で統一されていた。肉料理を注文したが、混んでいる割りに早く出てきたのには驚いた。ベランダ側は団体のバーベキューパーティが行われていて、本来は砂浜で行うところをターフを張って20名くらいの水着を着た団体が楽しんでいた。結構、ボリュームがあるデザート付きの食事だった。

漁師小屋をリノベーションしただけあって、安普請な感覚が妙に溶け込めた。地方では、古民家や小屋を改築したカフェブームだ。土地に根差した建物だから、調和がとれている点とスタッフが若く気さくで賢いのも特徴だ。雰囲気4割、人格3割、味3割くらいな感じでもやっていけるのは、確かなようだ。ここは、別格で美味しかったが。

木々の覆われた店舗
看板もおしゃれ
看板もおしゃれ
海が目の前に拡がるロケーション
小屋らしき建物も味わいがある
小屋らしき建物も味わいがある

地産地消や地元民雇用など地域活性化のためにひと肌脱ぐ若者がいる。特に、空き家問題が深刻化している現状を思うと、かんなカフェやレストランがあれば、都市からでも客は呼べると確信した。海沿いなら取れたての魚を提供できるのも強みだ。横須賀市でも走水は辺鄙なロケーションだ。それでも予約客中心に経営している。東京で家賃と食費でいっぱい、いっぱいの若者たち、田舎に帰った方がいいのかも。

かねよ食堂 -KANEYO ART STUDIO-
横須賀・走水海岸に佇む漁師小屋をリノベーションしたカフェ&レストラン「かねよ食堂」。
かねよ食堂 @kaneyoshokudou | facebook
神奈川県横須賀市走水1−6−4



リノベーションをamazonで探す