• ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】

 「ファッションを、もっと自由に。 いま欲しいスタイルを、驚きの価格で。 すべての人へ届けたい。 ファッションを、もっと気軽に楽しんでほしいから。」をコンセプトにした「ジーユー(GU)」の 2016年春夏コレクション・プレスレビューが、12月9日と10日の両日、東京・原宿で行われた。ハイウェストボトムス(high waist bottoms)、スカンツ(skants)、Tドレス(T-dree)、アップタウンレトロ(uptown retro)、デニム(style with denim)、シック&シティ(chic & city)をテーマにそって展示されていた。大きな中央の島には、マンスリーMDの商品がスタイル別に展開されていて見やすく構成されている。

 また、メンズは、アンクルパンツ、ベーシック、スポーツ、GUジーンズ、などデニムを中心に着やすく、初心者でもわかりやすい商品が展開されていた。また、キッズは、トレンチコートなど大人と同じデザインを子供服で展開するという大胆な試みをしていた。これで、親子お揃いのコーディネートが夢でなくなった。スカンツ(skants)は、スカートに見えるガウチョの進化系パンツで来年の春夏のヒットアイテムになる予感がした。また、新たに、ルームウエアのコーナーも新設され、パジャマから下着までGUならでの感性のあるデザインを展開していた。なによりもGUの長所は、おしゃれに見せるためのアイテムが揃っていることのようだ。

 GUは、どちらかというとティーンエージャーからヤングミセスまでに人気がある。往年のティーンズブームの頃のブランドに似ている。「キャビン」「suzuya」「三愛」などのリーズナブルプライスで、誰もが気軽にショッピングができた時代のコンセプトに近い。いわゆる、爆買いではないが、まとめ買いや大人買いがしやすい価格帯だ。消費税が上がっても、トレンド志向の強く買いやすい店が残っていることはありがたい。ファンドシステムではないが、消費者もショップを支える時代なのかもしれない。そのためには、厳しく意見を言うことも大事だ。特に、品質面では厳しさが必要だと思った。

【関連資料】

ジーユー【GU】
GU(ジーユー) @gu_global twitter
GU(ジーユー) facebook
GU 2016年春夏コレクション・プレスレビュー スカンツに注目が集まる。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。