東池袋の造幣局跡地に防災公園を整備するなどまちづくりを進める独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)と、防災啓発活動「トクする!防災」プロジェクト※を展開している一般財団法人日本気象協会は、「いけぶくろ防災フェスタ2017」を3月8日(水)にサンシャインシティ 噴水広場にて開催。

いけぶくろ防災フェスタ2017

協賛企業ブースでは井村屋株式会社による「えいようかん」の試食体験や販売、アルファー食品株式会社ではアルファー化米等の試食体験、ビクトリノックス・ジャパン株式会社はマルチツールを活用したミニワークショップ、コールマンジャパン株式会社は「タフドーム」の展示などを実施。

今回は「防災を身近に、家族みんなで楽しく学ぼう!」がテーマとなっていたこともあり、イザ!カエルキャラバン!プログラムの体験をする親子の姿が多くみられた。その中でもジャッキアップゲームは人気が高く、子どもに親しみやすいぬいぐるみを使用することで、気軽に楽しみながら学ぶ防災体験を提供していた。

また幅広い年齢層に人気だったものは、ツクモル by Toshimaプログラム「オリジナルデコホイッスルづくり」。その他、紙芝居「いけぶくろの防災公園」や防災人形劇「おたま劇場」など、盛り沢山な内容のイベントとなった。

いけぶくろ防災フェスタ2017

いけぶくろ防災フェスタ2017

今回のイベントは年齢層の垣根なく、幅広い方々に防災についてより身近に感じて欲しいという思いと、UR都市機構が行っていることを柔らかくわかりやすく伝えたいという背景があり、「いけぶくろ防災フェスタ2017」が開催された。

東日本大震災から6年が経とうとしている今、改めて身近の防災について見直してみてはどうだろうか。

【「いけぶくろ防災フェスタ2017」概要】
●日時:2017年3月8日(水)11:00~18:00
●場所:サンシャインシティ噴水広場(東京都豊島区東池袋3丁目1番1号)
●主援:UR都市機構、日本気象協会

https://tokusuru-bosai.jp/event/event20161219.html



防災をamazonで探す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。