日本赤十字社医療センターおよび社会福祉法人 渋谷区社会福祉協議会へ寄付
ショーン・イン・ジャパン・プロジェクト実行委員会は、 ひつじのショーンのアート&チャリティプロジェクト「Shaun IN SHIBUYA」においてチャリティオークションおよびチャリティグッズの収益から必要経費を除いた総額7,481,586円を、 2017年5月26日(金)に日本赤十字社医療センターと社会福祉法人 渋谷区社会福祉協議会へ寄付。

子どもたち,笑顔,アート,チャリティ,プロジェクト,Shaun IN SHIBUYA

アート&チャリティプロジェクト「Shaun IN SHIBUYA」は、 日本の子どもたちを笑顔にすることを目的として、 著名なアーティストらによってデザインされた、 世界に一匹だけのショーンのオブジェ(高さ約130cm、 全長約140cm)を日本各地で展示した後、 チャリティオークションの実施やチャリティグッズの販売を通じて寄付を集めるもので、 2016年5月から約1年間、 活動を続けてまいりました。

子どもたち,笑顔,アート,チャリティ,プロジェクト,Shaun IN SHIBUYA

この度、 チ ャリティオークションおよびチャリティグッズの収益から、 必要経費を除いた総額7,481,586円のうち、 日本赤十字社医療センターへ7,000,000円、 社会福祉法人 渋谷区社会福祉協議会へ481,586円を寄付いたしました。 今回の寄付は、 日本赤十字社医療センターの小児医療および、 渋谷区社会福祉協議会の子ども基金事業に活用される予定です。 また、 2017年6月22日(木)に日本赤十字社 社長 近衞忠煇氏が参加のもと、 日本赤十字社本社にて目録の贈呈式を行い、 日本赤十字社とコラボレーションしたショーン「For the Children」を寄贈しました。

さらに、 平成28年熊本地震を受け、 急遽、 参加アーティストおよび渋谷区の方々、 関係者の皆さまに設置をご協力いただいた熊本地震復興支援のための募金箱には、 総額52,519円が集まりました。 皆さまにご支援いただいたこの募金は、 平成28年熊本地震災害義援金に寄付いたします。

本プロジェクトでは、 映画監督・プロデューサーの庵野秀明さんとデザイナーの山下いくとさん、 漫画家の案野モヨコさん、 ハローキティデザイナーの山口裕子さんをはじめとした、 さまざまな分野で活躍されているアーティスト/団体/ブランド29組によりデザインされたショーンたちを2016年5月に東京都渋谷区で初めて公開し、 同年9月に二子玉川、 11月に大阪、 2017年1月に横浜みなとみらいなど、 これま でに各地を巡回してきました。 そして2017年3月に代官山T-SITE GARDEN GALLERYにて、 これらのショーンのオブジェを出品したチャリティオークションを開催。
多くの皆さまにご参加いただき、 日本赤十字社へ寄贈した1体を除く、 計29体すべてのショーンを落札いただきました。


また、 本プロジェクト後援 渋谷区区長 長谷部氏からは「“Shaun IN SHIBUYA”を通じて、 多くの方々に渋谷の街を散策していただき、 最終的には子どもたちの笑顔につながる寄付が実現したということで、 とても素晴らしい取り組みだったと思います。 今後、 対象エリアを広げながら、 たくさんのショーンたちが再び渋谷区にやってくることを期待しています。 」とコメントをいただきました。

“アートを通じて子どもたちをしあわせにする”という想いから始まったこのプロジェクトは、 今回の寄付をもって終了いたしますが、 「ひつじのショーン」は、 今後も子どもたちの笑顔につながる企画を提供してまいります。

<Shaun IN SHIBUYA 概要>
■これまでの巡回展示
・渋谷:2016年5月5日(木・祝)~5月22日(日)
・二子玉川:2016年9月1日(木)~9月15日(木)
・大阪:2016年11月1日(火)~11月23日(火)
・みなとみらい:2017年1月28日(土)~2月12日(日)
・下見会(代官山):2017年2月24日(金)~3月5日(日)

■オークション:2017年3月5日(日)
代官山T‐SITE GARDEN GALLERY

■展示数:30匹
※オークション出品は29体。
1体は日本赤十字社医療センターへ寄付。

■参加アーティスト/団体/ブランド:29組

■寄付先:日本赤十字社医療センター、
社会福祉法人 渋谷区社会福祉協議会

■寄付金額:総額7,481,586円
日本赤十字社医療センターへ7,000,000円
社会福祉法人 渋谷区社会福祉協議会へ481,586円
※アーティスト・渋谷区の方々に設置をご協力いただきました募金箱に集まった総額52,519円は、 熊本地震復興支援のために寄付させていただきます。

■主催:ショーン・イン・ジャパン・プロジェクト
http://www.shauninjapan.jp/

(C) & ™ Aardman Animations Ltd. 2017
(C) Shaun IN JAPAN PROJECT

<参加アーティスト/団体/ブランド>(順不同、 敬称略)

庵野秀明[映画監督・プロデューサー]/山下いくと[デザイナー] 、 安野モヨコ[漫画家]、 國重友美[書家]、 山口裕子[ハローキティデザイナー] 、 ブリティッシュ・カウンシル、 渡辺おさむ[現代美術作家]、 ひつじのショーン、 サンダーバードARE GO、 Nick Park[Aardman]、 Peter Lord[Aardman]、 Richard Starzak[Aardman]、 Aurélien Prédal[Aardman]、 Danny Heffer[Aardman]、 Merlin Crossingham[Aardman]、 山本太郎[ニッポン画家]、 市原淳[イラストレーター]、 藤浩志[美術作家]、 TakuYoshimizu[Art Director]、 河地貢士[現代美術作家]、 海外竜也[ファッションテ゛サ゛イナー]、 Hana4[ネイルアーティスト]、 SHOGO SEKINE[ILLUSTRATOR]、 ファンタジスタ歌麿呂[アーティスト]、 伊藤有壱[アニメーションディレクター]、 クラインダイサムアーキテクツ[建築家ユニット]、 Paddington、 Zeebra[アーティスト、 クラブとクラブカルチャーを守る会」会長] 、 雨宮慶太[映画監督] 、 日本赤十字社

【「ひつじのショーン」とは】

発明家のウォレスと忠犬グルミットによる大ヒット痛快コメディー「ウォレスとグルミット」の第3作目の短編映画『ウォレスとグルミット危機一髪!』(1995年/英)に、 初登場したひつじのキャラクター・ショーンが主人公のスピンオフ作品です。 ユーモアあふれるストーリーで、 ショーンとその仲間たちが静かな丘で毎回大騒動を巻き起こします。 ショーンたちに振り回される牧羊犬ビッツァーは、 牧場主に気づかれる前にいたずらをやめさせようといつもてんてこ舞い。 そのほかにも三匹のいたずらブタ、 赤ちゃんひつじのティミー、 食いしん坊のシャーリーなど、 個性あふれるキャラクターが登場する元気いっぱいのドタバタコメディーです。

ホームページ
公式Facebookページ
アードマン40周年記念ページ
(C)Aardman2017

【リリース】株式会社PR TIMES



ひつじのショーンをamazonで探す