「プロの負け組」「非リア充界の絶対王者=非リア王」が放つ、一日一敗、365発の名言爆弾! 
近刊エッセイ『ブスの本懐』(太田出版)では透徹したブス分析を展開、 「世界一ブスに厳しいブス」として世間を震撼させた著者。

カレー沢薫,一日一敗のきらめき 負ける言葉365


リア充を憎悪し、 ブスをディスり、 敗者ですが何か?と開き直る異端の精神が生み出す言葉の数々は、 なぜか現代人の疲弊した心を癒してくれる(ような気がする)。 まさに、 読む脱法ハーブ?

(名言例)
1月6日………巻くだけダイエット――巻くところまでいけない
2月2日………負けるのに技術はいらない。 私ぐらいの達人になると、 呼吸をするがごとく負けている
2月11日……自分がいなくても会社というのは余裕で回っていく――(いないほうがよく回るぐらいだ)
3月26日……「私は正真正銘血統書付きのブスだ、 雑種はすっこんでろ」
5月7日………「ゆるふわモテガールってお前の下半身のことだろ!」
6月13日……菓子パンを食べるのは寝る直前
8月3日………会社爆発しねえかな
9月30日……自分の脳内で「※この福山雅治は吹石一恵と結婚していません」と一言添えて、 あとは従来どおり妄想を抱けば良い
10月29日…コンビニのおにぎりもデザートに分類される。 夕食をしっかり食べたあと、 部屋に戻りデザートとしておにぎりを食べる
12月24日…非リア充がリア充への妬みを最も爆発させるクリスマス

■著者略歴/漫画家にしてコラムニストにして会社員にして人妻。 脱力系ギャグ下手絵ネコ漫画『クレムリン』(講談社)でデビュー。 その比類ない自虐文体と非リア性を武器に文筆界へ進出、 “21世紀のナンシー関”とも称される。 エッセイ作品に『負ける技術』『もっと負ける技術』(ともに講談社文庫)、 『ブスの本懐』(太田出版)がある。 漫画作品に『バイトのコーメイくん』『やわらかい。 課長起田総司』(ともに講談社)、 『アンモラル・カスタマイズZ』(太田出版)、 『国家の猫ムラヤマ』(秋田書店)など多数。

■製品情報
『一日一敗のきらめき 負ける言葉365』
著:カレー沢薫
2017年5月16日 講談社刊
定価:本体880円(税別)
新書版・192ページ
ISBN:978-4-06-220541-2
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062205412

【リリース】株式会社PR TIMES

一日一敗のきらめき 負ける言葉365 [ カレー沢 薫 ]を楽天市場で探す



服&ファッション小物 OUTLET STORE

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。