昨年末にオープンしたギャラリーAWAJIに29人のクリエーターによる48作品が終結。レビューやオークションがウェブ連動で行われ、33人の「目利き役」と、ウェブ上の参加者が次世代型のアートを展開する。1/6~1/22、神田淡路町AWAJIにて。

「富士山」を描くウェブ連動/双方向型アート展

2017年1月6日(木)~1月22日(日)、 神田淡路町のAWAJI Cafe & Galleryにて「startbahn presents 富士山展β」が行われます。 主催は「テクノロジーでアートの課題を解決する」ことをミッションに掲げるスタートバーン株式会社。 同社の運営するウェブサービス「startbahn」と連動する形で行うアート展となります。 多様化する表現を「富士山」というテーマで括ることで見慣れない表現との出会いを生み、 相互影響を促し、 次世代のアートの礎を作ることを目指します。 今展を皮切りに毎年の開催を予定しています。

「富士山展」では国内外で活躍する本格的な美術家を始め、 デザイナー、 マンガ家、 アニメ監督、 アイドル、 起業家、 研究者、 など多様なジャンルのインフルエンサーが一堂に会し、 出展作品はすべてstartbahn.org上でオークションにかけられます。 オークションの公式参加者としても、 アートコレクター以外に起業家、 編集者など多様な「次世代の開拓者」が参加します。 startbahn.org上では誰もが作品を投稿したり、 レビューを書いたり、 入札したり、 参加することが出来ます。

◾ OVERVIEW
展覧会名 : startbahn presents 「富士山展β」
会期 : 2017/1/6 ~ 1/22 8:00 – 17:00
休廊日:日曜、 月曜(1/22は開廊)
開催地 : AWAJI Cafe & Gallery
東京都千代田区神田淡路町2-4-6 エフアンドエフロイヤルビル1階
主催:スタートバーン株式会社
共催:TOKYONOISE
協力:DEARSTAGE、 富士山マラソン大会事務局 / 日刊スポーツ新聞社、 TOKYO ART BEAT

◾ EXHIBITOR
□ ARTIST
愛☆まどんな/絵描き
青柳菜摘/アーティスト
飯田竜太/彫刻家、 現代美術家(Nerhol(YKG)、 日本大学藝術学部)
家入一真/連続起業家(CAMPFIREなど)
池内啓人/ジオラマアーティスト
榎本耕一/現代美術家(TARO NASU)
古賀良太/起業家、 作家(株式会社クロスアビリティ)
佐藤純也/美術家(青山|目黒)
菅俊一/研究者、 映像作家(多摩美術大学美術学部統合デザイン学科 講師)
鈴木秀尚/現代美術家
泰平/現代美術家、 起業家(Startbahn, Inc.)
田中かえ/イラストレーター
中村扶美子(中村土光)/現代美術家
野澤梓/現代美術家(東京藝大)
長谷川愛/現代美術家
氷川へきる/漫画家
古澤龍/メディアアーティスト
寳樂圭/アーティスト
星川あさこ/イラストレーター
水島精二/アニメーション監督
水谷慎吾/グラフィックデザイナー
森田浩彰/アーティスト(青山|目黒)
山本悠/ニューカマーアーティスト
夢眠ねむ/美術家、 アイドル(でんぱ組.inc)
吉河順央/歌手 葉/デザイナー(東京藝大大学院)
GraphersRock/グラフィックデザイナー
hachi/ファッションデザイナー(BALMUNG)
yuichiihara/写真(フリー)
ウェブ参加の皆さま/スタートバーナー

□ COLLECTOR/PICKER
荒井悠介/作家、 研究者
岩崎拓矢/経営者(株式会社イルカ)
岩渕貞哉/『美術手帖』編集長(美術出版社)
内沼晋太郎/ブック・コーディネイター(numabooks,本屋B&B)
浦野幸/起業家、 研究者(株式会社Nicogory)
太田禎生/研究者 門脇健/アートコレクター
金森香/プロデューサー(THEATRE PRODUCTSなど)
金田賢哉/起業家(本郷飛行機株式会社)
小阿瀬直/建築家(株式会社SNARK)
上妻世海/キュレーター、 哲学者
小松隼也/アートコレクター(弁護士)
酒匂真理/起業家(miup Inc.)
杉浦俊介/コーヒー屋(BRÜCKE)
杉浦太一/起業家(株式会社CINRA)
杉本有輝/起業家、 作家(株式会社ハクナバラ)
高岸諭生/起業家、 税理士(株式会社ネクスティブ)
高島英造/生命科学者(愛媛大学)
高瀬裕章/プランナー(株式会社ディアステージ)
田原新司郎/中の人(TOKYO ART BEAT)
中田寿/取締役COO(株式会社和久環組 (ワクワク))
西川啓/映像ディレクター
西村真里子/プロデューサー(株式会社 HEART CATCH)
乃り江/浅草芸者
はむぞう/アートコレクター
福寄儀寛/経営者(Jトラストフィンテック株式会社)
藤本兵馬/アートコレクター
二木博/起業家(株式会社カリガリ)
水野祐/弁護士(シティライツ法律事務所)
山口揚平/起業家、 作家(ブルー・マーリン・パートナーズ株式会社)
山田智之/起業家(Genomedia株式会社)
山元浩平/起業家,人工知能(Corpy & Co.,東京大学)
山本純子/コンサルタント(株式会社アーツ・マーケティング)
Tomad/レーベルオーナー(Martine Records)
ウェブ参加の皆さま/スタートバーナー


鈴木秀尚 「Japanese eyes」、 oil, enamel on canvas

氷川へきる「富士さん」
氷川へきる「富士さん」、 イラスト、 デジタル


森田浩彰「二つの富士と二つの逆さ富士」、 年賀状に鉛筆 courtesy of Aoyama Meguro

榎本耕一「富士山麓の戦士」、 oil on canvas courtesy of TARO NASU


夢眠ねむ「夢土産#1 – 富士山」、 デジタル(実際の展示物の下書きです)


青柳菜摘「坂本富士」、 インクジェットプリント,アクリル絵の具,PPシート(実際の展示物の一部です)


古賀良太「富士山 with ベクトル層流」、 iPad、 STLデータ、 透明樹脂、 3Dプリント(実際の展示物の一部です)

◾ 趣旨

富士山展の趣旨は表現や受発信形式の多様化・細分化が進む現代の芸術を1つの展覧会と重ね合わせることにあり、 今展を皮切りに毎年継続的に行なうことで、 未来に向け芸術のあり方を問います。 また、 誰もが知り、 目出度い存在である「富士」をテーマに据えたり、 トレーサブルなウェブ・システムと連動することで、 知り、 繋がり、 拡張する機会となることを目指します。

◾ 仕組み

富士山展では公式に参加する作り手(アーティスト等)と受け手(コレクター等)、 そして、 それ以外の作り手と受け手が複雑に絡みます。 まず公式参加の作り手の作品は会期中AWAJIにて展示され、 同時にstartbahn.org上でオークションにかけられます。 公式参加の受け手は会場およびウェブ上でそれを見たり入札します。 公式参加ではなくとも、 作品を同じ「#fujisanten」タグで公開することで同列のイベント参加が可能です。 また、 全ての作品はどなたでも入札が可能です。 公式参加者やAWAJIでの展示はあくまで軸として存在して、 そこから多様な展開が生まれることを期待します。
*企画背景など詳細はウェブサイトをご覧ください。

◾ 企画者プロフィール

施井 泰平(しい たいへい)。 現代美術家、 スタートバーン株式会社代表取締役。 東京大学大学院修了。 2001年、 多摩美術大学絵画科卒業後「インターネットの時代のアート」をテーマに美術制作を開始し現在に至る。 ギャラリー、 美術館での展示と平行してオンライン・プロジェクトも行っている。 2014年、 東京大学大学院在学中に大学構内にて起業。 2015年末には、 テクノロジーでアートの課題を解決することをミッションに掲げたオンライン・プラットフォーム「startbahn」をローンチした。 美術家として活動する際には泰平名義となる。

スタートバーン株式会社ウェブサイト
http://startbahn.jp/

【リリース】株式会社PR TIMES

富士山をamazonで探す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。