牧阿佐美バレヱ団は6月公演として、古典全幕バレエの名作 「ドン・キホーテ」を上演いたします。まるでスペインの町が現れたような鮮やかさで、ドン・キホーテの物語が活き活きとユーモアたっぷりに描かれる本作は、世界中のバレエファンを惹きつけてやまない人気の演目です。高い技術と豊かな表現力を誇るプリンシパル、ソリスト、若手注目株まで、層の厚いダンサーたちが一体となり創り上げる、バレエの魅力溢れる舞台をご堪能ください。

牧阿佐美バレヱ団 6月公演

「ドン・キホーテ」公演概要

 キャスト
 キトリ 青山季可 [10日] 阿部裕恵 (主役デビュー!)[11日]
 バジル 菊地研 [10日] 清瀧千晴 [11日]

 指揮 デヴィッド・ガルフォース
 管弦楽 東京オーケストラMIRAI
 日時 6月10日(土)15:00開演、6月11日(日)14:30開演
 会場 文京シビックホール 大ホール
 料金
  S席10,800円 A席8,000円 B席5,000円
  [ペア席] S席ペア20,000円 A席ペア15,000円 B席ペア9,500円
  [当日券学生割引] A席4,000円 B席2,500円
  ※全席指定・税込 ※4歳未満のお子様のご入場はご遠慮ください。

 チケット取扱 【牧阿佐美バレヱ団】

 オフィシャルチケットサイト https://ambt.tstar.jp/cart/events/10107
 公演事務局 Tel 03-3360-8251(10:00~18:00土日祝休) http://ambt.jp
 【シビックチケット】Tel 03‐5803‐1111 (文京シビックセンター2F)
 【楽天チケット】 http://ticket.rakuten.co.jp/features/maki
 【チケットぴあ】 TEL0570-02-9999 Pコード:456-738 http://t.pia.jp/

 チケットお問合せ 牧阿佐美バレヱ団 Tel 03-3360-8251(10:00ー18:00土日祝休)

 演出・振付 アザーリ・M・プリセツキー、ワレンティーナ・サーヴィナ(M.プティパ、ゴルスキ-版)
 作曲 レオン・ミンクス
 美術・装置 川口直次
 衣装 川口弘子
 総監督 三谷恭三
 主催 一般財団法人牧阿佐美バレヱ団
 共催 文京シビックホール(公益財団法人文京アカデミー)
 後援 一般社団法人日本バレエ団連盟

見どころ

物語の主役は活発な娘キトリと、伊達男バジル。二人を取り巻く賑やかな登場人物とともに、 多くの実力派ソリストたちが繰り広げる“踊りの競演”が大きな魅力です。カスタネットのリズムで粋な闘牛士と女性たちの踊りが次々と披露され、一転、ドン・キホーテの夢の中ではクラシック・バレエならではの白いチュチュを着た女性ダンサーたちの幻想的な美しさが広がります。さらに主役カップルの華麗なジャンプやリフト、高度な回転技が客席を大いに沸かせます。

スペインの町や酒場、風土が舞台上に現出する豪華な舞台装置、デザイン・生地・細部にわたる刺繍まで美しい衣装の数々、オーケストラ演奏によるドラマティックな音楽、そして総勢約100名にのぼるダンサーが創り上げる、スペイン情緒あふれるダイナミックな舞台をお楽しみください。

注目のダンサー総出演で繰り広げる、華やかな競演

主役カップルのキトリとバジルは、牧阿佐美バレヱ団を代表するトップダンサーが日替わりで競演を繰り広げます。華麗な容姿と高い技術力を併せ持ち、数多くのヒロインを演じる青山季可、ダイナミックな踊りと卓越した演技力で人気を誇る菊地研、クリーンなテクニックで軽やかな踊りを披露する清瀧千晴。そして今回のキトリで主役デビューする阿部裕恵は、新国立劇場バレエ研修所を修了した注目の新人。確かな技術と可憐な容姿で、若さ溢れるフレッシュなキトリを披露します。

さらに闘牛士、踊り子、ジプシーの女、キューピッド、森の女王など、牧阿佐美バレヱ団の誇る精鋭ダンサーたちが豪華な競演を繰り広げます。

ストーリー

気の良い貴族のドン・キホーテは、騎士物語を読んで夢中になるあまり、サンチョ・パンサをお供に従えて、憧れのドルシネア姫を探す旅に出ました。やって来たバルセロナの町で、魅力的なキトリとバジルの若いカップルに出会い、二人の結婚を取り持ちます。やがて夜になり、ジプシーたちの野営地で人形劇を楽しんでいたドン・キホーテは、そこでも物語に夢中になって芝居を壊してしまいます。勢い余って風車の羽に引っ掛かり、気を失って目を覚ますとそこは森の中。そして美しいドルシネア姫が現れます…。

プロフィール

【キトリ/10日】 青山季可 Aoyama Kika

橘バレヱ学校、日本ジュニアバレヱ、AMステューデンツ、英国ロイヤル・バレエ・スクール、ジョン・ノイマイヤー・ハンブルグ・バレエスクールで学ぶ。9歳で牧阿佐美バレヱ団「くるみ割り人形」のクララ、11歳で「ドン・キホーテ」のキューピッドを踊り、注目を集める。1993年、全国舞踊コンクールで1位受賞。2001年牧阿佐美バレヱ団に入団。

2006年「白鳥の湖」で主役デビュー。「ロメオとジュリエット」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」「ジゼル」「ライモンダ」「三銃士」「リーズの結婚」「ドン・キホーテ」「ラ・シルフィード」等、数多くの作品に主演。安定した抜群のテクニックと華やかな存在感で多くのバレエファンを魅了している。2012年中川鋭之助賞、2016年服部智恵子賞を受賞。

【キトリ/11 日】 阿部裕恵 Abe Hiroe

橘バレヱ学校仙台教室、日本ジュニアバレヱ、AMステューデンツ、新国立劇場バレエ研修所(第11期修了生)で学ぶ。2016年牧阿佐美バレヱ団に入団。同年、牧阿佐美振付の新制作「飛鳥 ASUKA」でパ・ド・トロワ“紅竜”、「くるみ割り人形」で雪の女王に抜擢され、今舞台のキトリで主役デビューする。コンクールでは2007年のプリドゥジャポンバレエコンクール・ジュニアBとヨコハマコンペティション・クラシックジュニア第1部、2008年のオールジャパンバレエユニオン・児童部門と埼玉全国舞踊バレエコンクール・クラシックバレエ2部でそれぞれ1位を受賞している。

【バジル/10日】 菊地研 Kikuchi Ken

10歳からバレエを学び2001年牧阿佐美バレヱ団に入団。世界的振付家ローラン・プティが牧阿佐美バレヱ団に振り付けた「デューク・エリントン・バレエ」のソリストに16歳の菊地を抜擢、躍動感あふれる踊りで一躍注目を集めた。「くるみ割り人形」「ドン・キホーテ」「リーズの結婚」「ラ・シルフィード」「白鳥の湖」「ノートルダム・ド・パリ」、新国立劇場バレエ団「椿姫」に主演する他、強いテクニックと個性で「ノートルダム・ド・パリ」のフロロ、「ライモンダ」のアブデラクマン、「眠れる森の美女」のカラボス等を巧みに演じる。ボリショイ・バレエ学校短期留学を経て、02年こうべ全国洋舞コンクール男性ジュニアの部で1位受賞。04年フランスとロシアで上演されたローラン・プティのガラ公演「創造の道程」に、日本人で唯一人参加。06年舞踊批評家協会賞・新人賞受賞。

【バジル/11日】 清瀧千晴 Kiyotaki Chiharu

日本ジュニアバレヱ、AMステューデンツ、橘バレヱ学校などで学ぶ。2003年ボリショイ・バレエ学校に留学。2004年埼玉全国舞踊コンクール・成人の部で1位、2007年全国舞踊コンクール・バレエ第一部で1位を受賞。2006年「リーズの結婚」でアラン役に抜擢、高い評価を得た。2008~09年文化庁新進芸術家海外留学制度の研修員としてボリショイ・バレエ団等に在籍し1年間の研修を積む。2009年牧阿佐美バレヱ団「くるみ割り人形」で主役デビュー。「ドン・キホーテ」「リーズの結婚」「ロメオとジュリエット」に主演するほか、「ノートルダム・ド・パリ」のフロロなどを踊っている。常に音楽に寄り添う演技と高いテクニックが多くの観客を魅了している。

演出・振付 アザーリ・プリセツキー Azari M.Plissetski

世界的バレリーナ、マイヤ・プリセツカヤを姉に、名教師として知られるメッセレル夫妻を叔父叔母に持ち、1937年モスクワに生まれ、ボリショイ・バレエ団で数々の作品に主演。「ドン・キホーテ」をはじめ、ボリショイ・バレエの黄金時代にロシアが生んだ数々の傑作バレエを多く吸収している。その後、キューバ国立バレエで10年間、アリシア・アロンソとパートナーを組み主役を踊った後、指導者として演出・振付の道に進む。ローラン・プティのマルセイユ・バレエとモーリス・ベジャールの20世紀バレエ団で指導、スペイン国立クラシック・バレエでは副監督を務めた。91年からローザンヌ・ベジャール・バレエ団で教師を務める。振付家としては、キューバ国立バレエで「カント・ビタル(生命の歌)」、マルセイユ・バレエ団で「ワルプルギスの夜」「アイーダ」の舞踏場面を振り付け、シュトゥットガルト・バレエで「ライモンダ」を演出するなど、世界中のバレエ団に作品を提供している。牧阿佐美バレヱ団では「ドン・キホーテ」「ロメオとジュリエット」「椿姫」の振付をしている。

牧阿佐美バレヱ団 Asami Maki Ballet Tokyo

日本バレエ界の草分けの一人、橘秋子が1933年に創設した橘秋子舞踊研究所を母体として、牧阿佐美バレヱ団が1956年に発足。上演レパートリーは、古典全幕バレエ「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」「ドン・キホーテ」「ライモンダ」、名作をバレエ化した「ロメオとジュリエット」「三銃士」「椿姫」、またF.アシュトン振付の「リーズの結婚」をはじめとする世界の著名な振付家の現代作品まで数多い。世界的に高い人気を誇る振付家ローラン・プティの作品を数多く上演し、代表作「ノートルダム・ド・パリ」「アルルの女」「若者と死」を日本初演するほか、「デューク・エリントン・バレエ」「ピンク・フロイド・バレエ」を新制作するなど話題を集める。活発な公演活動と、橘バレヱ学校から一貫した教育システムによって優秀なダンサーを育成。団員の質の高さと層の厚さに定評がある。また、より質の高い舞台制作のため、欧米各国から著名な舞踊手、教師、振付家、美術・衣装デザイナーを招聘し、国際的な活気溢れる芸術交流の場としても常に高い評価を得ている。

http://www.ambt.jp/



ドン・キホーテ(Don Quixote)をamazonで探す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。