2011年~2014年まで集英社「マーガレット」で連載され、コミックス累計発行部数は212万部を突破、女子中高生の‘初恋のバイブル’として絶大な支持を集めている『ひるなかの流星』(やまもり三香/集英社マーガレットコミックス刊)が映画化!ついに来週、3月24日(金)に全国公開。

#ひるなかの流星,ティーン女子

本作は、田舎育ちでマイペースな女子高生のすずめ(永野芽郁)が、担任教師・獅子尾(三浦翔平)と、女嫌いのクラスメイト・馬村(白濱亜嵐)の間で揺れ動く“ピュアで切ない三角関係”を描いたラブストーリー。既に公開されている予告編や一足先に作品を鑑賞した女子の間では、三浦翔平演じる担任教師・獅子尾の大人のかっこよさが「マジヤバイ!」、白濱亜嵐演じる同級生・馬村の一途さに「超キュンとする!」など、「どっちが良いかなんて選べない!」と悲鳴交じりで、大きな話題を呼んでいます。

そして本作の公式SNSではこれまで、撮影現場のレポート写真やキャスト同士の仲の良いオフショット等をはじめ、数々の企画を展開中。2月18日よりスタートした「キュン極の選択キャンペーン」では「先生に恋したい?」「同級生に恋されたい?」という質問と共に、本編シーンを元にした”キュン極映像”の拡散キャンペーンを実施中!現在で合計27,000件を超える応募ツイートが投稿され、ついに公式Twitter/公式Instagram合わせてフォロワー数20万人を突破!SNSを中心にティーン女子たちの中で空前の“ひるなかブーム”が起きています!

そんな盛り上がりを受け、公開直前の3月21日(火)にTwitter特別企画「#ひるなかの流星タイム」の開催が緊急決定!3月21日(火)19時00分~21時00分の間に、映画『ひるなかの流星』公式アカウントをフォローし、ハッシュタグ「#ひるなかの流星タイム」をつけてツイートすると、公式アカウントからランダムで流星ツイート(返信リプライ)が到着!その流星ツイートが届いた人10名様に「ひるなかの流星」ペア鑑賞券(ムビチケオンライン券)をプレゼントいたします。

#ひるなかの流星,ティーン女子

≪物語≫

田舎育ちでまだ恋を知らない女子高生・与謝野すずめは、上京初日に迷子になっていたのを助けてくれた担任教師・獅子尾に、今までに経験したことのない想いを募らせていく
「わたし、先生のことが好きです」。
すずめの真っ直ぐな気持ちを受け止めながらも、教師という立場から素直になれない獅子尾。
そんななか、すずめはクラスで隣の席に座る“女子が大の苦手”なはずの馬村から告白される。
果たしてすずめの初恋の行方は…?

3月24日(金)全国ロードショーに向けてますます盛り上がる、映画『ひるなかの流星』!

http://hirunaka-kyunkyoku.jp/



ひるなかの流星をamazonで探す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。