2016年カンヌ国際映画祭にて監督賞を受賞した映画『パーソナル・ショッパー』が5月12日(金)、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほかにて全国ロードショー。

パーソナルショッパー,クリステンスチュワート,personal shopper

パリでセレブのために洋服を買い付けるヒロインのモウリーンを演じたのは、「トワイライト」シリーズでトップスターとなったクリステン・スチュワート(Kristen Stewart)。監督は「直感を信じて役に飛び込んでくれた」と絶賛する。エレガントな衝撃で昨年のカンヌ国際映画祭を揺るがした衝撃作だ。画面に登場するハイブランド・ファッションからも、美しきヒロイン、クリステン・スチュワートからも目が離せない。

3か月前に双子の兄を亡くし、半身をもぎ取られたような喪失感の中、兄からの“サイン”を待つモウリーン。クライアントのセレブともめったに顔を合わすことがない、孤独な彼女を象徴するのがスマホのテキストに支配された生活だ。そんなある日、彼女の元に差出人不明の奇妙なメッセージが送られてくる。心の奥に秘めた欲望を暴くかのような誘導によって、モウリーンは現実と虚構の区別を失っていく。やがて周囲で次々と不可解な出来事が起こり、遂には殺人事件へと発展。果たして謎のメッセージの正体とそれが意味するものとは――?

パーソナルショッパー,クリステンスチュワート,personal shopper

この度解禁された本編映像では、そんな謎の人物との緊迫のやり取りを映し出す。クライアントの衣装を買い付けるため、パリからロンドンへと向かう道中、差出人不明のメッセージが届く。まるで自分の行動を監視しているかのような口ぶりに不信感を抱きながらも、モウリーンは返信をやめることができない。「別人になりたいと思ったことはあるか?」「怖いものはあるか?」――現状に不満を抱くモウリーンの心の内を見透かすかのような質問はつづき、やがて、緊張の一瞬が訪れる――。

オリヴィエ・アサイヤス監督は、「セリフの代わりに多くのテキストを挿入することで、想像上の会話が生まれ、テンションが生まれる。多少の違いはあれ、誰もがスマホの虜になっていると思う。リサーチしたり、コミュニケートしたり、手段であるべきものが、人支配してしまっている事実は、怖いことだと思う。だから映画の中でもそうしたんだよ」と意図を明かした。脚本段階では容易だろうと思われた本シーン、実は撮影の上ではかなりの苦労を伴ったようで「画面上の内容を撮って、それに反応する役者の演技を撮るのはすごく難しい。もう二度とやりたくない(笑)」とも語っている。
アサイヤス監督からの現代への警鐘、そして心揺さぶる緊張感を生み出した至高の本編映像、最後までお見逃しなく。

映画『パーソナル・ショッパー』は5/12(金)、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー。

STORY

 忙しいセレブに代わり服やアクセサリーを買い付ける“パーソナル・ショッパー”としてパリで働くモウリーンは、数カ月前に最愛の双子の兄を亡くし、悲しみから立ち直れずにいた。なんとか前を向き歩いていこうとしているモウリーンに、ある日、携帯に奇妙なメッセージが届き始め、さらにある殺人事件へと発展する―。果たして、このメッセージは誰からの物なのか? そして、何を意味するのか?

監督:オリヴィエ・アサイヤス(『夏時間の庭』『アクトレス ~女たちの舞台~』) 出演:クリステン・スチュワート、ラース・アイディンガ―、シグリッド・ブアジズ
原題:Personal Shopper/2016年/フランス映画/英語・フランス語/1時間45分/シネマスコープ/カラー/5.1ch
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
http://personalshopper-movie.com/

©2016 CG Cinema – VORTEX SUTRA – DETAILFILM – SIRENA FILM – ARTE France CINEMA – ARTE Deutschland / WDR



クリステン・スチュワート(Kristen Stewart, 本名: Kristen Jaymes Stewart, クリステン・ジェイムス・スチュワート、1990年4月9日 ‐ )
アメリカ合衆国で活動する女優。『トワイライト』シリーズのベラ・スワン役で知られている。また、『パニック・ルーム』、『ザスーラ』、『アドベンチャーランドへようこそ』などにも出演している。

クリステン・スチュワートをamazonで探す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。