今もっとも旬な女優、桐谷美玲、藤井美菜、高畑充希、有村架純、山本美月の
5人がヒーロー戦隊映画で”ゆるーく”共演!

1


6月7日(土)より全国公開される映画『女子ーズ』のプレミア試写会が、5月21日(水)、東京・有楽町にて開催された。
戦隊ヒロインを演じる桐谷美玲、藤井美菜、高畑充希、有村架純、山本美月の5人が、劇中でのそれぞれのイメージカラーのワンピースで登場。さらに司令官チャールズ役の佐藤二朗、監督の福田雄一が登壇した。

撮影当時はスケジュールに余裕があった有村、高畑について福田監督が「当初こんな大事になる映画だとは思っていなかったのが、特にこの2人が急に有名になったことで状況が変わりました」と今もっとも旬な女優5人のキャスティングを引き当てたことが、ラッキーだったとコメント。

2
桐谷美玲(左) 藤井美菜(右)

桐谷は昔から戦隊物の大ファンで今回のオファーには即決。「コスチュームを初めて着た時は嬉しくて、自然とポージングをしたくなりました」とコメント。
コスプレ好きな山本は「少女アニメのような可愛いコスチュームをイメージしていたのに、実際はメンズが着るような戦隊衣装でビックリした」と振り返った。
有村も「ダイレンジャーがすごく大好きだったので、憧れのヒーローになれたような気がして無敵でした」と喜んだ。

3
高畑充希(左)                    山本美月(右)

福田監督との現場での仕事について聞かれた有村は「モニターを見ている監督はひとりでずっと笑っていました」と話し、続いて藤井が「撮影が成功したかどうかは、監督の笑い声の大きさがバロメーターになっていました」と語った。
さらに山本は「今までお会いした監督さんの中でナンバーワンでゆるい方だと思いました」と褒めているのか批判しているか微妙なコメントで会場をわかせた。

4
有村架純

劇中はアドリブが飛び交ったそうで、桐谷が「二朗さんのアドリブには笑いをこらえられなくて苦労しました」と語り、そんな佐藤のアドリブの連発について福田監督は「二郎さんが変なことを言って笑うのをこらえ切れない時は下を向いていろと指示したら、全員が下を向いてしまったシーンがあった」と暴露。さらに劇中、有村の口から飛び出た罵詈雑言とも言うべきもの凄いアドリブに福田監督が「”つぶすからなー”とか言うもんだから大爆笑しました」と熱い現場を振り返った。

途中からは、劇中で登場する敵役怪人の一人、カメムシゲルゲも登場。桐谷は「たくさん怪人が登場する中でも、カメムシゲルゲさまが人気ナンバーワンでした」と、山本は「見た目が可愛いくて、一緒にツーショット写真を撮りました」とコメント。当のカメムシゲルゲもステージ上で大喜びだった。
最後のアピールとして「本当にゆるい世界観で作られた映画です。それと女子あるあるがたくさんつまった作品になっているので、そう言う所を楽しみながら観てもらいたいです」と桐谷が締めくくった。

6

【作品紹介】
『勇者ヨシヒコ』シリーズや『コドモ警察』など、独特なコメディの世界観を手掛けてきた福田雄一監督が、桐谷美玲を筆頭に藤井美菜、高畑充希、有村架純、山本美月という旬の若手女優をそろえ、長年の構想を経て個性的な5人の女子が戦隊ヒーローとして活動する日々を描いている。

世界征服を目論む怪人たちを倒すため、名字に色が入っているという理由だけでチャールズ司令官(佐藤二朗)に集められた赤木直子(桐谷美玲)、青田美佳(藤井美菜)、黄川田ゆり(高畑充希)、緑山かのこ(有村架純)、紺野すみれ(山本美月)の5人。彼女たちは不本意ながらも『女子ーズ』として戦隊を組み戦うことに。全員がそろって繰り出す必殺技「女子トルネード」は最大の武器だが、恋や仕事、美容と忙しい今どきの女子たちが全員揃うことができず苦戦を強いられる。そんな女子たちに地球の平和を守ることができるのか!?”

6
(c)2014「女子―ズ」製作委員会

『女子―ズ』
6月7日(土)全国ロードショー
監督/脚本:福田雄一 
出演:桐谷美玲、藤井美菜、高畑充希、有村架純、山本美月
製作/配給:キングレコード
公式サイト: http://jyoshizu.com/
(c)2014「女子―ズ」製作委員会

テキスト/宮本秀実(ドルフィンプロダクション)
写真/宮本秀実・仲西一成

【リリース】「NEXT」(ネクスト)by kazunari nakanishi
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。