上白石萌歌やさくらまやが演じる「赤毛のアン」ミュージカルの楽しさをもっともっと、たくさんの人たちに知っていただきたいが、エステーの思い。

 『2万人の鼓動 TOURSミュージカル「赤毛のアン」2016』就任記念イベントが、東京・渋谷のシダックス・カルチャーホールで4月5日(火)に、ミュージカルの主役アン・シャーリーを演じる上白石萌歌さんと、昨年に引き続きアンの親友ダイアナ・バリーを演じるさくらまや(Maya Sajyra)さんがゲストとして登壇して行われた。初々しい二人の少女達の姿に青春時代を思い出した大人たちも多くいたようだ。レイチェル・リンド夫人役を初回から演じている大和田りつこさんが、MCを務め、緊張している二人のサポート役も行った。

ミュージカル「赤毛のアン」の主人公アン・シャーリー役に、上白石萌歌の起用を決定 ダイアナ役には さくらまや

エステー株式会社は、2016年夏に全国で公演する”2万人の鼓動 TOURSミュージカル「赤毛のアン」”の主人公アン・シャーリー役に、上白石萌歌さんの起用を決定。主人公のアン・シャーリー役には、原作を意識した強いアンを演じて欲しいという狙いがあり、上白石萌歌さんをキャスティング。

上白石萌音とさくらまやが演じるミュージカル「赤毛のアン」

 8月20日(木)より2日間、新宿文化センターで、”2万人の鼓動 TOURSミュージカル「赤毛のアン」”の東京公演が開催された。今年度初めて主人公のアン・シャーリー役を演じる上白石萌音さん(Mone Kamishiraishi)とダイアナ・バリー役を演じるさくらまやさん(Maya Sakurra)が、約1ヶ月半に及ぶレッスンや個人練習を積み重ね、全国8都市で公演を行う。主役を務める上白石萌音さんの舞台にかける想いや、ミュージカル初出演となるさくらまやさんの意気込みをきいてみた。