資生堂がMixChannel(ミックスチャンネル)で「メイクでヘンシン!コンテスト」実施

WEB動画「High School Girl? メーク女子高生のヒミツ」出演の高校生もサンプル動画で参加
資生堂は、動画コミュニティ「MixChannel(ミックスチャンネル)」*で「メイクでヘンシン!コンテスト」を開始。

『花椿』3月号は資生堂が手がけるフランス料理店、「ロオジエ」特集 ~『花椿』誌、ウェブや無料アプリで配信中~

今年で創刊77周年を迎えた資生堂の企業文化誌『花椿』は現在、”こいする”や”きそう”など、ひとつのことばをテーマにビューティーやファッション、アート、カルチャーなど現代女性のうつくしく心豊かな生き方に寄与する情報をお送りしています。また本誌だけでなく、『花椿』ウェブサイトやスマートフォンに対応した『花椿』アプリを展開し、電子と紙媒体とが融合したコンテンツを随時提供しています。

資生堂 宣伝制作部の活動を紹介するウェブサイト、「こちら、銀座 資生堂 センデン部」にて、プロダクトデザインへ込めた想いと未来のビジョンについて語る、「ハナシ」を公開

資生堂は、多様なクリエイティブを手がける宣伝制作部の活動を紹介する公式ウェブサイト、「こちら、銀座 資生堂 センデン部(*)」の対談コンテンツ《ハナシ》において、第4回「人とモノの美しいつながり」を公開しました。
《ハナシ》は、資生堂のクリエイターが、各業界で活躍されている方々をゲストにお迎えして「美」を語る対談です。第4回となる今回は、宣伝制作部アートディレクター駒井麻郎(こまいまお)が、田川欣哉氏(デザインエンジニア、takram design engineering代表)をゲストに迎えて、プロダクトデザインへ込めた思いやプロダクトの未来へのビジョンについて語っています。

資生堂、2014年 新年広告 「 一瞬も 一生も 美しく 」生きることに挑戦する女性たちへのエール

資生堂は、2005年に「一瞬も 一生も 美しく」をコーポレートメッセージとして定め、「美」に関わるさまざまな活動を推進しています。創業142年目となる2014年は、資生堂が長きにわたり培ってきた「革新」の精神をより強く打ち出し、「最高の美」に挑み続けるという姿勢を広告コピーに込めるとともに、「最高の美」を求め、「一瞬も 一生も」挑戦を続けるすべての女性たちへエールを贈る新年広告を、2014年1月1日(元日)より新聞、TVCM、webメディアを通じて展開します。