客家委員会は今回台湾観光局と連携して出展し、ロマンチック台三線の客家町の楽しさを発見する旅行をテーマにして、公路沿線の桃園から新竹、苗栗、台中まで、この4都市での8スポットを紹介。

田中千絵,台湾客家委員会,ロマンチック系,客家魅力,

また、季節の景色に合わせ、客家の桐花祭りと茶畑と秋の柿と客家美食、伝統文化と工芸品などの紹介により、ロマンチック台三線で豊かな人文の自然環境を表現する。 また、客家のテーマゾーンでロマンチック系の女優で、田中千絵さんをイベントの登場を誘った。今回は女性旅の視点から皆さんに台湾台三線を旅行しに行くと薦める。

近年、台湾人は日本へ旅行することが好きになった一方、我が国も台湾へ旅行することが好きになっているそうである。前日、日本旅行業協会(JATA)は「夏休み旅行人気ランキング」を公表し、台湾は定番のハワイを超え、堂々と1位になる。調査結果によると、今年の夏休みに台湾へ旅行しに行った国民はだいぶ女性を中心にして、人数が少ない旅行であることが分かった。台湾は若い日本の女性向け、海外旅行でトップワンの選択とも言える。

田中千絵,台湾客家委員会,ロマンチック系,客家魅力,

今回、台湾客家委員会は台湾のロマンチック台三線の客家町旅行を推奨するため、9/20から9/23まで今年のTourism Expo Japanに参加することに決まります。主は台三線沿線の名所8スポットを紹介し、四季の変化をゆっくり体験し、客家伝統的な美食を楽しく味わい、祭りの紹介と手作りの工芸品の鑑賞と体験など、多彩な自然景色と伝統文化を表現する。

客家委員会の代表、李永得さんの話によると、客家委員会は国内と海外へ大型の旅行展覧会の参加によって、各地の観光客に台三線旅行を紹介した上、台湾政府の台湾観光局と台湾観光協会、高速鉄道、台湾鉄道と台湾観光バスと地元の旅行会社の力を合わせ、パッケージ旅行や個人向けの旅行プランを開発している。

客家委員会は今回台湾観光局と連携して出展し、ロマンチック台三線の客家町の楽しさを発見する旅行をテーマにして、公路沿線の桃園から新竹、苗栗、台中まで、この4都市での8スポットを紹介する。また、季節の景色に合わせ、客家の桐花祭りと茶畑と秋の柿と客家美食、伝統文化と工芸品などの紹介により、 ロマンチック台三線で豊かな人文の自然環境を表現する。

田中千絵,台湾客家委員会,ロマンチック系,客家魅力,

客家のテーマゾーンでロマンチック系の女優で、田中千絵さんをイベントの登場を誘った。田中さんは東京出身で、10年間以上台湾で活動しているので、台湾に対し東京と同じくふるさとのような思いがある。

今回は女性旅の視点から皆さんに台湾台三線を旅行しに行くと薦める。暫く都市の紛れを離れ、リラックスになれる旅をアレンジし、空気の中に客家美食の香りが漂い、季節の景色変化を見ながら、花畑でぶらぶらすることなど、彼女も台三線の魅力にも惹かれた。

それに、山に沿って生活している客家人も地元の材料を利用し、山に取った木材を使った木彫りや陶芸や藍染めなど、土地と共存する素朴さがあって、 彼女もすごく気に入ってる。最後、客家町伝統的な祭りは日本で神様への感謝を表すと福招きと同じのように、客家人は非常に重視している。

例えば、義民祭りと新丁粄節など、伝統祭りが行う際に台三線にいらっしゃることによって、客家人の伝統イベントを体験することはもう一層台湾客家文化を理解する方である。田中さんは今回も会場で皆様と交流し、客家“伯公”という土地の神様への崇拝文化を紹介し、日本の皆様へ台湾の台三線公路にもっと印象を残らせますように。

客家委員会は客家“伯公”との文化に合わせ、可愛くて面白い開運おみくじをデザインし、開運旅行が好きなお客さんと交流したい。今回は展示ブースと一緒に写真を撮ってSNSアプり(Facebook/Instagram/Twitterなど)に投稿し、アンケートを記入したら一回おみくじの抽選機会がゲット可能である。

おみくじに運勢の説明は台三線旅行の推薦スポットと連結し、開運と福招ぎ、幸せ、勉強と仕事と金運と交通安全、縁結びと健康など、7種類の運勢を記載して、レンガ彫りのお守りを一個獲得できる。レンガ彫りのお守りは台湾の苗栗という所からのもので、可愛らしく、女性は絶対すぎになると決まっている。

客家委員会も現場でロマンチック台三線の旅行プランを推薦し、ブースにいらっしゃるお客さんは現地の旅行会社に訪ね、台三線旅行を計画する。今回の出展を契機にして、もっとたくさんの海外観光客を引き付け、台三線へ向かって特有な風景と特色グルメを楽しめようと期待している。

【リリース】 株式会社バリュープレス



田中 千絵(たなか ちえ、1981年8月17日 – )
東京都出身の女優。父はメイクアップアーティストのトニー・タナカ。アミューズ所属。私立堀越高校、玉川大学出身。
1998年『美少女H』(フジテレビ)でドラマデビューする。
2006年6月に台湾へ渡り、国立台湾師範大学で中国語を学ぶ。
2008年8月に公開され、台湾歴代映画興行成績のランキングで1位になった台湾映画『海角七号 君想う、国境の南』では范逸臣と共に主演を務めた。
2008年12月3日、台湾Yahoo!による世論調査「2008年台湾マン・オブ・ザ・イヤー」において陳水扁、王永慶に次ぐ3位となった。
2012年、国際社会で顕著な活動を行い世界で『日本』の発信に貢献したとして、内閣府から「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」の一人に選ばれた。

台湾をamazonで探す

大人の台湾案内 - 現地在住人オススメのルート通りに行くだけ! いちばんかんたん&たのしい 台湾在住スタッフ編

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で