美しくカリスマ性のある母親、家の中では横暴な母親に豹変し… 吉田羊が2面性のある母親を繊細に演じ分ける!!

(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

注目の若手俳優の太賀が主演を務め、吉田羊と共演することで大きな 話題となった11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、イオンシネマほか全国公開となる『母さんが どんなに僕を嫌いでも』の場面写真が解禁。主人公タイジの母親で2面性を持つ女性光子を繊細に演じ分ける吉田羊の表情が捉えられた場面写真。

(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

親からも友達からも愛されたことがない青年が、壮絶な過去を乗り越えて、自分を拒絶してきた母の愛をつかみ取 るまでの奇跡の実話『母さんがどんなに僕を嫌いでも』。主人公・タイジを演じるのは、若手俳優のなかでも演技力の高さに定評のある太賀。タイジを心身ともに傷つけてしまう母・光子役には、実力と人気を兼ね備えた女優・吉田 羊。

タイジを支える友人役を森崎ウィン、白石隼也、秋月三佳が好演し、他にも木野花をはじめとした実力派俳優陣 が脇を固めている。監督を『すーちゃんまいちゃん さわ子さん』や連続ドラマW「ダブル・ファンタジー」の御法川 修が務め、主題歌「SevenSeas Journey」はゴスペラーズが本作の為に書き下ろした。原作者である歌川たいじが、実 体験をもとに書き綴った原作コミックエッセイが反響を呼び、ついに映画化されるまでに至った。

周囲から注目を集める理想の母親、家の中では情緒不安定な毒親に… 複雑な2面性のある母親を吉田羊が熱演!!

解禁された場面写真では、主人公タイジ(太賀)が誰よりも愛 し、そして苦しめられた母親光子(吉田羊)の2面性のある人物像を感じ させる表情が捉えられている。光子が近所の主婦たちと世間話に花を咲 かせるシーンでは、会話の中心で微笑む光子の姿が映し出されており、 その様子からは同世代の中でもひときわ存在感を感じさせ、美しさとカ リスマ性のある光子が周囲からも注目を集める存在であることがうかがえる。

一方で、一人家の中で不安そうに腕組みをし思いつめたように深 刻な表情を浮かべる姿や、表情に悲哀をにじませながら座り込む光子の 様子からは、どこか行き場のない孤独と助けを必要とするような悲痛な 心の叫びさえも感じさせる。

表の顔は美しく、皆が憧れる完璧な母親、一方で家庭の中に入ると感 情の起伏が激しく、孤立無援の中その矛先を我が子に向ける横暴な母親 へと変貌する光子。この非常にデリケートな役柄を数々の女優賞を受賞し、実力派女優として高い評価を受ける吉田羊が繊細に、時に恐ろしく見事に演じ分けている。

(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

<STORY>タイジ(太賀)は小さい頃から大好きな母、光子(吉田羊)に愛されないまま、 壮絶な家庭環境の中で 育てられた。耐えかねて17歳で家を飛び出し、一人で生きてきたタ イジだったが、友人の言葉に動かされ、母と 向き合う覚悟をする。大人になっても自分を 拒絶していた母に歩み寄り、タイジは母からの愛を取り戻すために 立ち向かっていく。

ポスター

太賀 吉田羊 森崎ウィン 白石隼也 秋月三佳 小山春朋 斉藤陽一郎 おかやまはじめ 木野花
原作:歌川たいじ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」(KADOKAWA刊)
主題歌:ゴスペラーズ「Seven Seas Journey」(キューンミュージック)
監督:御法川修
脚本:大谷洋介
制作プロダクション:キュー・テック
配給・宣伝:REGENTS
(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
公式サイト:http://hahaboku-movie.jp/

11月16日(金)より 新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、イオンシネマほか全国公開!



吉田羊 をamazonで探す

ラブ×ドック 主演: 吉田羊

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で