NYから仕入れるインポートアイテムや90’sヴィンテージアイテムを現代的にMIXして提案している吉祥寺の名店「the Apartment」が10月20日(土)、 「CIAOPANIC baseyard原宿店」内に特別ブースを常設。

マーモット,ダウンジャケット,復刻,吉祥寺,CIAOPANIC baseyard原宿店,MAMMOTH

このオープンを記念し、 「MARMOT×GOOD OL’」、 「MARMOT×GOOD OL’ for the Apartment」の“MAMMOTH PARKA”が発売されます!

“MAMMOTH PARKA”というモデルをベースに製作。 日本での流通はなかったこのモデル、 NYのストリートでは“BIGGIE”や“BIG BOY”の通り名で有名です。 00年代後半からNYのUNION SQUAREにあるParagon Sportsで定価$630で販売

毎年発売される鮮やかなカラーリングがステータスアイテムとして注目されはじめ、 XXLやXXXLのビッグサイズが主にブロンクスの若いギャング達の間で大流行することに。 より多くのカラーマーモットを集める事がギャングのイニシエーションとなりストリートでは“BIGGIE狩り”ともいえる現象が勃発。 加熱は留まる事を知らず、 2013年にはマンハッタンの中心でこのジャケットを強盗するために発砲事件までおこりました。 こうした背景もあって現在は廃盤になっている伝説のジャケットを復刻製作。

ヴィンテージギアコレクターからの評価も高い日本が誇る防水透湿織編物“Dermizax(R)”を採用し、 700fill powerのダウンを使用しました。 防水、 透湿、 保温を兼ね備えた最強のアウターになりました。

【the Apartment HARAJYUKU】
NYから仕入れるインポートアイテムや90’sヴィンテージアイテムを現代的にMIXして提案している吉祥寺の名店“the Apartment”が10月20日(土)、 CIAOPANIC baseyard原宿店内に期間限定で常設ブースを開設します。
吉祥寺とは違ったアプローチをすべく、 ディレクターを福田健太郎、 アートディレクターは永戸鉄也が担当します。
この異色なチームで“モノ”だけではなく、 “コト”や“ムード”を提案していきます。

ブラック、 オリーブ、 イエロー(MARMOT×GOOD OL’)
イエロー×レッド(MARMOT×GOOD OL’ For the Apartment)※CIAOPANICでは原宿店のみで販売
■価格:69,000円+税
■発売日:10月20日(土)
■お問い合わせ先:CIAOPANIC baseyard原宿店
東京都渋谷区神宮前6-12-22秋田ビル1F
■電話番号:03-3486-5118
CIAOPANIC公式HP

【リリース】株式会社PR TIMES


Marmot(マーモット) をamazonで探す

(マーモット)Marmot Douce Down Jacket アウトドア登山コンパクトダウンジャケット

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で