青春小説の金字塔として、世代を超えて愛されているJ.D.サリンジャー著「ライ麦畑でつかまえて」。刊行から60年以上の時が経ったいまなお、色褪せることなく多くの人を魅了し続けている。

そんな不朽の名作に心を奪われた青年の成長を描いた珠玉の青春映画『ライ麦畑で出会ったら』が10月27日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショーとなります。

映画,ライ麦畑で出会ったら,光浦靖子,イベントレポート

映画,ライ麦畑で出会ったら,光浦靖子,イベントレポート

この度、映画『ライ麦畑で出会ったら』の公開を記念し、トークイベントが開かれました。J.D.サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」に感銘を受けた主人公が舞台化を決意し、その許可を得るためにサリンジャー本人に会いに行くという映画の内容から、無類の読書好きの“読書芸人”として知られ、ご自身もエッセイなど書籍を出版している光浦靖子さんがイベントに登壇し、思春期の少年の不安定な心理を瑞々しく描いた青春小説の金字塔「ライ麦畑でつかまえて」を愛してやまない光浦靖子さんが、映画の感想とともに、甘酸っぱくも切ない自身の青春時代や恋の思い出を振り返りました。

【日時】10月22日(月) 18:30~
【場所】アキバシアター(千代田区神田練塀町3 富士ソフトビル2階)
【登壇】光浦靖子(オアシズ)、MC:タッカーノ

『ライ麦畑でつかまえて』の公開記念イベントに、光浦靖子さんが登壇した。無類の読書好きの“読書芸人”として今回のイベントに呼ばれた光浦靖子さんが「よろしくお願いします」と一言挨拶しステージに登場すると、集まった観客からは拍手が巻き起こった。

主人公のジェイミーが暮らす男子校の寮では、運動部はかっこよく、文科系はかっこ悪いという認識で、ジェイミーはいじめられっ子の方で、でもそんなジェイミーに好意を寄せ、サリンジャー探しの旅に一緒についてきてくれるディーディーという女の子について「こんな女の子が本当にいたのかなぁ」と疑問の様子で、タッカーノが「でもこの映画は監督の実話がもとになっているらしいですからね。

サリンジャーに会う前は85%が実話っていうことらしいです」と言うと、光浦さんは「本当かなぁ。本当だったら素敵だな」と感想を漏らした。タッカーノが「アメリカでは告白しないらしいです」と話題を振ると、光浦さんは「そう!私も30代の時に鈴木紗理奈に言われたことがある。告る/告らないってそんなところを気にしているからダメなんだと。じゃあ一体いつキスするんだって聞いたら、そんなの雰囲気でわかるやろ!、と言われた」とエピソードを打ち明けた。

小説「ライ麦畑でつかまえて」を読んだことがあるかという質問には、「実は青春時代には読んでいなくて。このイベントのお話しをいただき、久しぶりに読み返そうと本を開いたら中から“お茶の魔”という、20代の頃に所属していた劇団の当時の公演チラシがしおり代わりに挟まっていて。だから、20代のときに読んでいたんだなと懐かしくなりました」と、実際に当時のチラシを見ながら感慨深そうな様子で、久しぶりに本を読み返した感想を聞かれると「学校の先生が主人公に説く、“未成熟な人間の特徴は、理想のために高貴な死を選ぼうとする点にある。これに反して、成熟した人間の特徴は、理想のために卑小な生を選ぼうとする点にある”という部分がよかった。そう、成熟した人間の言う言葉が正しいよね、と実感した。20代の頃は、この高いところから落ちて笑いが取れるなら、頭が割れてもいいかな。それで死んでしまっても、それもかっこいいかもしれないとおもっていたけれど、30代になってからはどんな仕事でも、小さくでもいいからこの世界で生き残ろうと思うようになった」と、現在の仕事に対する心境を語った。

この映画の見どころを聞かれると「この映画はたまたまふらっと映画館に入って観たらとてもいい映画だったな、と思うような映画です。殺人もないし、大きな事件も起きないんですよ!でも、なんか感動してしまうような映画なんですよね」と語った。途中、会場に集まった一般のお客さんに向かって「ライ麦畑でつかまえて」を読んだことのあるひと?」と逆質問。「この小説、青臭いなと思った人?」と聞くと数名ほどが手を挙げ、それを見た光浦さんが「なんだ!この小説を青臭いと思った人、結構いるじゃん!」と語る場面もあった。

最後にこの映画のおすすめポイントを聞かれると「冒頭主人公のカメラ目線で始まるんですけど、それが本の「ライ麦畑でつかまえて」と同じで、この本を読んだことのあるフリークにはここがオマージュだとわかって面白いとおもいます」と、これから映画を観る観客に向かってメッセージを贈った。

終始笑いが巻き起こり、和やかな雰囲気でトークイベントは終了した。

STORY 1969年、アメリカ・ペンシルベニア州。学校一冴えない高校生のジェイミーは、周囲ともなじめない孤独な生活を送っていた。そんなある日、若者のバイブル「ライ麦畑でつかまえて」に感銘を受け、演劇として脚色することを思いつく。しかし、舞台化には作者であるJ.D.サリンジャーの許可が必要だと知る。そこで、連絡を取ろうと試みるものの、隠遁生活をする作家の居所はつかめないまま。その最中、学校である事件が発生し、ジェイミーは寮を飛び出してしまう。そして、演劇サークルで出会った少女のディーディーとともに、サリンジャー探しの旅に出ることを決意するのだった。新たな一歩を踏み出したジェイミーが見つけた“人生のヒント”とは……?

STAR CHANNEL MOVIES とは
映画専門サービスのスターチャンネルが、映画本来の魅力、感動と興奮と涙と笑いが
いっぱい詰まった良質の作品を、 世界中から厳選してお届けする、映画のラインナップです。

監督:ジェームズ・サドウィズ(『ELVIS エルヴィス』、『フランク・シナトラ/ザ・グレイテスト・ストーリー』)
出演:アレックス・ウルフ(『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』)、ステファニア・オーウェン(『ラブリーボーン』)、クリス・クーパー(『アダプテーション』)
アメリカ/英語/2015年/97分/シネマスコープ/5.1カラー/PG12
原題:Coming Through The Rye/
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES/
公式HP:http://raimugi-movie.com/
©2015 COMING THROUGH THE RYE, LLC ALL RIGHTS RESERVED

10月27日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館他全国順次ロードショー



光浦靖子 をamazonで探す

ハタからみると、凪日記 光浦 靖子

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で