「ビジネスや自分のフィールドで情熱を持ってチャレンジし、時代を変えていく才能や志を持つ方」へ贈る第1回 【SUITS OF THE YEAR 2018】 発表!

⽇本経済新聞社デジタル事業 広告・IDユニット「NIKKEI STYLE Menʼs Fashion」と世界⽂化社「MENʼS EX」は 共同で、「ビジネスや⾃分のフィールドで情熱を持ってチャレンジし、時代を変えていく才能や志を持つ⼈」を表彰するアワード 「SUITS OF THE YEAR 2018(スーツ オブ ザ イヤー)」を2018年11⽉7⽇(⽔)東京ミッドタウン⽇⽐⾕BASE Qにて初開催。

スーツオブザイヤー2018,俳優 田中圭,競泳選手 萩野公介,
SUITS OF THE YEAR 2018受賞者

記念すべき第1回⽬の「SUITS OF THE YEAR 2018」 は4部⾨に分かれており、『ビジネス部⾨』にファミリーマート社⻑ 澤⽥貴司さん、FOLIO代表取締役CEO甲斐真⼀郎さん、『イノベーション部⾨』には東京⼤学⼤学院准教授松尾豊さんが選ばれ ました。

visual

さらに、『スポーツ部⾨』に競泳選⼿の萩野公介さん、『アート&カルチャー部⾨』に、⽥中圭さんがそれぞれ受賞致しました。 「SUITS OF THE YEAR 2018」 のMCは加藤綾⼦さんが務め、俳優であり「MENʼS EX」でモデルとして活躍する前川泰之さん がスペシャルゲストとして登場し、第1回⽬開催にふさわしい華やかな受賞式となりました。

競泳選⼿の萩野公介さん

■『スポーツ部⾨』 萩野公介さん 受賞理由

⾦メダルを獲得したリオオリンピック以来、怪我に苦しんでおられたが今出せる100%を出し切ってチャレンジする事で、⾃分らし さを取り戻し、今年のパンパソフィック⽔泳選⼿権、アジア⼤会では表彰台にあがり再起されました。そして2020年の東京五輪 に向けて⼀層の活躍が期待されると⾔う理由で受賞いただきました。

<萩野公介さん 受賞コメント>

「SUITS OF THE YEAR 2018」スポーツ部⾨という⼤変光栄な賞をいただき嬉しいです。いつも賞をいただくときはプールなど ⽔の周りが多いので、このような華やかな会場で受賞式に参加するのは少し緊張します。2020年に向けて刻々と時間は進ん でおります。このような素晴らしい賞をいただいたので、これを糧にさらに頑張っていきたいと思います︕

田中圭さん
田中圭さん

■『アート&カルチャー部⾨』 ⽥中圭さん 受賞理由

今年⼤ヒットしたテレビドラマ「おっさんずラブ」に主演したことを契機に⼤ブレイク。それ以降も⽴て続けに映画、ドラマに出演し、 今年最もブレイクされた俳優のお⼀⼈。スーツスタイルでの役柄が多く、来年以降もさらなる活躍が期待されるという理由で受賞いただきました。

<⽥中圭さん 受賞コメント>

記念すべき第1回⽬の「SUITS OF THE YEAR 2018」を受賞できて嬉しいです。ドラマで着⽤するときはもちろん⾐装ではあ るのですが、スーツは僕の役作りの相棒なのでこのような賞を受賞できて、とても光栄です。

MCの加藤綾子さん
MCの加藤綾子さん

<囲み取材>

Q:受賞の喜びコメントをお願いします︕

澤⽥貴司さん ︓僕がなぜ選ばれたのかよくわかりませんが、⼤変嬉しいです。「SUITS OF THE YEAR」の1回⽬に選んでいただき光栄です。

甲斐真⼀郎さん︓私は普段私服を着て仕事をしている⼿前、⾮常にサプライズでした。⼤変光栄な機会をいただき嬉しいです。

松尾豊さん ︓⼤変光栄です。私⾃⾝は普段からスーツを着ておりまして、ITの⼈間はジーンズサンダルというスタイルが多いのですがその中で僕 はスーツを着続けていたのでその努⼒が報われたかなと思います。

萩野公介さん ︓第1回⽬の受賞ということで⼤変光栄です。アスリートも普段はジャージが多いのですがスーツを着るときは勝負の時だったりするの でこのような素晴らしい賞をいただけて嬉しく思います。

⽥中圭さん ︓普段私服でスーツを着る機会はほとんどないのですが、⾐装でと考えるとほぼ毎⽇着ているのでやっぱり嬉しかったですね。

Q:スーツを着ると「役者︕」というスイッチが⼊りますか︖

⽥中圭さん ︓そうですね。役の⾐装がスーツであれば、着替えてメイクをするとギアが上がったりします。その役によってスーツの形や⾊も変わって スーツが役の個性を作ってくれたりもするので、そう⾔った意味では着ることでスイッチが⼊りますね。

Q:萩野さんがスーツを着るときはどんな時ですか︖

萩野公介さん ︓お呼ばれした時やこのような受賞式など⼤事な時に着る事が多いので、ジャージでは⾒せられない⼀歩上の⾃分みたいなものを スーツによって助けてもらっています。普段はジャージ、、⽔着を着ていることが多いですね(笑)。

Q:⽥中さんの普段着は︖

⽥中圭さん ︓普段はカジュアルというかラフ⽬といいますか・・・。私服は着⼼地やゆったりしていることが洋服を選ぶ基準になります。

Q:萩野さんの今⽇のスーツのポイントは︖

萩野公介さん ︓基本的には選んでいただいたのですがネクタイは僕が選びました。このネクタイの⾊がとても気に⼊っています︕

開催概要

suits of the year_logo

●タイトル SUITS OF THE YEAR 2018(スーツ オブ ザ イヤー)
●⽇時   2018年11⽉7⽇(⽔) 19:00〜20:30
●会場   東京ミッドタウン⽇⽐⾕ BASE Q(東京都千代⽥区有楽町1-1-2)
●受賞者
『ビジネス部⾨』・・・澤⽥貴司 (サワダ タカシ)、甲斐真⼀郎 (カイ シンイチロウ) 『イノベーション部⾨』・・・松尾豊 (マツオ ユタカ)
『スポーツ部⾨』・・・萩野公介 (ハギノ コウスケ)
『アート&カルチャー部⾨』・・・ ⽥中圭 (タナカ ケイ)

●登壇者  ファッションディレクター 森岡弘 (モリオカ ヒロシ)、モデル・俳優 前川泰之 (マエカワ ヤスユキ)
●MC    加藤綾⼦(カトウ アヤコ)
●主催  ⽇本経済新聞社デジタル事業 広告・IDユニット「NIKKEI STYLE Menʼs Fashion」 世界⽂化社「MENʼS EX」
●協賛
⿇布テーラー
グランドセイコー
伊藤忠商事(スキャバル)
三越伊勢丹 他

<SUITS OF THE YEARとは>

⽇本経済新聞社デジタル事業 広告・IDユニット「NIKKEI STYLE Menʼs Fashion」と世界⽂化社「MENʼS EX」は共同で、 「ビジネスや⾃分のフィールドで情熱を持ってチャレンジし、時代を変えていく才能や志を持つ⼈」を表彰するアワード「SUITS OF THE YEAR 2018(スーツ オブ ザ イヤー)」を新設。 SUITS OF THE YEARは、「チャレンジを纏う=SUITS」をコンセプトに、 ビジネス、スポーツ、芸術・⽂化、エンターテインメントなどの様々な分野で活躍する⼈を複数部⾨で選出し、表彰。

■ビジネス部⾨・・・企業価値の向上や経営⾰新、 新商品やサービスの開発等で顕著な功績を挙げた⼈    
■イノベーション部⾨・・・新しい技術やアイデアで、社会に意義のある変化をもたらそうと取り組んでいる⼈
■スポーツ部⾨・・・チャレンジ精神、フェアプレー精神で結果を残し、世界中から称賛されている⼈
■アート&カルチャー部⾨・・・芸術・⽂化、エンターテインメントを通じて 世の中に感動を与えた⼈

http://ps.nikkei.co.jp/soy2018/


田中圭をamazonで探す

田中圭PHOTO BOOK「KNOWS」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で