ハリウッド映画『RED/レッド』や『きみがぼくを見つけた日』などのヒット作で知られるロベルト・シュヴェンケ監督が、 母国ドイツで撮り上げた『ちいさな独裁者』(2019年2月8日より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵 野館、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国順次ロードショー)の予告編とポスタービジュアルを解禁。

ちいさな独裁者,ドイツ敗戦,若き脱走兵,ナチス将校,サスペンス,驚愕の実話,

『RED/レッド』の監督が挑む最新作は、実在の人物に基づいた驚愕の物語!

1945 年 4 月、終戦まであと1カ月に迫った敗色濃厚なドイツでは兵士の軍規違反が相次いでいた。命からがら部隊を脱走したヘロルトは、打ち捨てられた車両の中で軍服を発見。

拾った軍服を身に纏って大尉に成りすました彼は、道中出会った兵士たちを次々と服従させていく。かくして“ヘロルト親衛隊”のリーダーとなった若き脱走兵は、傲慢な振る舞い をエスカレートさせ、ついには大量殺戮へと暴走し始めるが……。

この度、解禁された【予告編】では、脱走兵だったヘロルトが軍服を身に着け大尉に成りすましてから怒涛の勢いで権力を手にしていくさまがスリリングに描かれる。脱走兵から一転、大尉として権力の味を知り、その魔力を維持するために言葉巧みに人々を騙し、人 心を掌握するヘロルトの恐ろしさ、そして権力にしがみ付く人間の醜さ、それに盲従する人間の弱さを手加減なしに映し出す。

衝撃を 受けながらも、同時に現代社会に生きる我々にも決して他人事ではないという事実に戦慄を覚えることだろう。にわかには信じがたい衝撃の実話に基づいた本作、シュヴェンケ監督は「彼らは私たちだ。私たちは彼らだ。

過去は現在なのだ」と観る者に語り掛ける。 【ポスタービジュアル】も、大尉の軍服を着たヘロルトの表情が隠されている分、かえってその不気味さを想起させ、さらには上記の監 督の言葉を代弁するかのように、この軍服=権力をまとった人物は私かもしれないし、あなたかもしれない、誰もが当事者になり得 ることを示唆している。

STORY 第二次世界大戦末期の1945年4月。敗色濃厚なドイツでは兵士の軍規違反が相次いでいた。命からがら部隊を脱走したヘロルトは、打ち捨てられた車 両の中で軍服を発見。それを身に纏って大尉に成りすました彼は、道中出会った兵士たちを次々と服従させていく。かくして“ヘロルト親衛隊”のリーダーとなった若き脱走 兵は、傲慢な振る舞いをエスカレートさせ、ついには大量殺害へと暴走し始めるが……。

監督&脚本:ロベルト・シュヴェンケ『RED/レッド』『きみがぼくを見つけた日』

出演:マックス・フーバッヒャー、ミラン・ペシェル、フレデリック・ラウ、アレクサンダー・フェーリ ングほか
2017年/ドイツ=フランス=ポーランド/ドイツ語/119分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/
原題:Der Hauptmann 日本語字幕:吉川美奈子
© 2017 – Filmgalerie 451, Alfama Films, Opus Film
提供:ニューセレクト/シンカ/東北新社
配給:シンカ/アルバトロス・フィルム/STAR CHANNEL MOVIES
公式HP:http://dokusaisha-movie.jp/


ロベルト・シュヴェンケ をamazonで探す

ドウシシャ ビッグオーブントースター 1200W 4枚焼き ピエリア ホワイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で