WOWOWでは、世界最高峰の映画の祭典「第91回アカデミー賞授賞式」を、アメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターより 独占生中継する。

WOWOW,アカデミー賞授賞式,独占生中継,ジョン・カビラ,高島彩,川村元気,
第90回アカデミー賞授賞式より Todd Wawrychuk / A.M.P.A.S.

第90回は、2017年に表面化した大物プロデューサー、ハーヴェィ・ワインスタイン氏によるセクハラ問題がハリウッド映画界を 震撼させた後の授賞式となった。年が明けアカデミー賞の前哨戦とも呼ばれる第75回ゴールデングローブ賞授賞式では、女優陣が黒いドレスで出席、レッドカーペットでは黒一色という異様な雰囲気に包まれた。

そのような中で迎えた「第90回アカデ ミー賞授賞式」は、列席するセレブ達のファッションにも注目が集まった。白やピンク、ゴールドの衣装など華やいできらびや かなドレスに身を包む人も多く、映画最高峰の祭典を感じさせたが、「
Time’s up!」と書かれたピンバッジを付けるなど、「女 性は消えないぞ」というメッセージを発信していた。

この影響は受賞スピーチにも見られ、随所に男女格差や地域・移民問題 へのメッセージも。中でも、主演女優賞を受賞したフランシス・マクドーマンドは受賞スピーチで、各部門でノミネートされてい る女性は全員立ち上がってと呼びかけ、会場から大きな喝采を浴びたシーンは印象的だった。

ハリウッド映画界での男女格 差が指摘されるなかでのスピーチに感動を与え、司会のジミー・キンメルからも「エミー賞並みのスピーチだった」と絶賛された。 また、最多となる13部門でノミネートされていた『シェイプ・オブ・ウォーター』が、作品賞、監督賞、美術賞、作曲賞の最多4部 門を受賞。

また対抗馬として挙がっていた『スリー・ビルボード』は、主演女優賞、助演男優賞の2部門、第2次世界大戦での ダンケルク脱退を描いた『ダンケルク』は、編集賞、録音賞、音響編集賞の3部門を受賞。 “アカデミー賞に最も近い日本人”と言われてきた特殊メイク・アーティストの辻一弘さんが、3回目のノミネートにして、 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』でメイク・ヘアスタイリング賞を初受賞。

同部門で日本人が受賞する のは初となり、日本人のアカデミー賞受賞は、第87回に宮崎駿監督が名誉賞を受賞して以来の快挙となった。また同作品では、主演のゲイリー・オールドマンが主演男優賞を受賞し、ダブル受賞となった。

ジョン・カビラ&高島彩
ジョン・カビラ&高島彩

WOWOWの日本のスタジオでは、今回もジョン・カビラと高島彩を案内役に迎え、作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優 賞などの全世界が注目する発表の瞬間をナビゲート。さらに、スタジオゲストとして、映画プロデューサーの川村元気と映画評論家の町山智浩も迎えて、感動のエンターテインメントをお伝えする。

生中継!第91回アカデミー賞授賞式

放 送 日 : 2019年2月25日(月)午前8:30 [二] [同時通訳]/夜9:00[字幕版]
案 内 役 : ジョン・カビラ、高島 彩
スタジオゲスト:川村元気、町山智浩
番組HP: https://www.wowow.co.jp/academy/

出演者からコメントも到着

■ジョン・カビラ

91回目を数える世界最高峰の映画の祭典。エンターテインメント追求のヒット作から社会の闇をえぐる問題作までがノミネー トされること必至。映画を愛してやまないプロフェッショナルたちが互いを讃えあう舞台でどんなドラマが展開するのか。 各賞の行方はもちろん、授賞式そのものの演出にも笑いと感動を熱烈に期待しています。 午前中の生放送の臨場感に圧倒されつつ、夜に再度染み込ませることができるのは日本/WOWOWでの放送のみ! ぜひ心揺さぶるひと時をご一緒に。

■高島彩

今年も胸踊るこの季節がやってきましたね。 昨年は90回という節目のアカデミー賞でしたが、主演女優賞を獲得したフランシス・マクドーマンドの力強いスピーチにも あったように、女性の権利や平等に関して強いメッセージが発せられました。 あれからアカデミー賞はどう変わったのでしょうか。それとも変わっていないのでしょうか。今のアメリカ社会を色濃く映し出 すアカデミー賞の舞台。今年もみなさんとともに生放送で見届けたいと思います。 個人的には、『リメンバー・ミー』を超えるアニメーションへの期待を高めつつ、昨年から引き続きティモシー・シャラメの美し さを追いかけながら、アカデミー賞のノミニーとしてレディー・ガガが登場することを期待して、今年もその瞬間を待っていま す。 どうぞ、最高のエンターテインメントを生放送でご覧ください。

■川村元気

いち映画製作者の視点で、僕自信が楽しみながら映画界最大の祭りをお伝えできればと思います。 [プロフィール] 1979年生まれ。『告白』『おおかみこどもの雨と雪』『君の名は。』などの映画を製作。12年、初小説『世界から猫が消えたな ら』を発表。140万部突破のベストセラーとなり、米国、フランス、ドイツ、中国、韓国などで出版される。同年、小説2作目『億 男』を発表。76万部を超えるベストセラーとなり、佐藤健、高橋一生出演で映画化された。16年、小説3作目『四月になれば 彼女は』を発表する。18年、カンヌ国際映画祭短編コンペティション部門に初監督映画『DUALITY』が選出される。

関連情報

<プレゼント企画>

WOWOW映画情報サイト「CinePick」開設1周年記念 映画の祭典「第91回アカデミー賞授賞式」のレッドカーペット観覧席へ1組2名様を招待することが決定。

応募方法など詳細は

<アカデミー特集2019>

WOWOWとシネフィルWOWOWが合同で過去のアカデミー賞受賞作品を合わせて100本放送する大特集をお届け。 放送日:WOWOW 1月11日(金)~2月24日(日)歴代受賞作全67本 シネフィルWOWOW 2月12日(火)~2月24日(日)歴代受賞作全33本 この大特集の放送を記念して、 WOWOW×シネフィルWOWOW『100本のアカデミー賞』放送記念 100名様に当たるプレゼントキャンペーン実施

詳しくは ⇒ https://www.cinefilwowow.com/academycampaign2019/

映画プロデューサーの川村元気 をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で