「輝け!我らがロッククライマー、白石阿島」
SSENSEが17歳のロッククライミング チャンピオンに独占インタビュー

SSENSE,17歳,ロッククライミング,チャンピオン,白石阿島,エッセンス

ssense.comに「輝け!我らがロッククライマー、白石阿島」が掲載されました。SSENSE独占インタビューで、記録を塗り替え続ける17歳のロッククライミング チャンピオンの白石阿島が、両親との関係やアスリートとしての喜びと苦難を、ロマニー・ウィリアムズに語りました

FaceTimeを使って、白石阿島が自分の部屋のクローゼットを見せてくれる。ハロウィーンの翌日で、つい最近、韓国でのトレーニング キャンプから東京へ戻ったばかりだ。キャンプでは、毎日朝の9時から夕方の5時まで、クライミングに明け暮れた。

ハロウィーンにはエイリアンの仮装をするつもりだったけど、とても疲れていたので、結局止めにしたと言う。その代わり、放課後に友達とVRパークへ行き、渋谷をぶらぶらしてから原宿のリサイクルショップへ行った。

今着ているLeeのライト ブルーのデニム シャツと、「got my horse, got my dog, don’t need no cowboy(馬も持ってる、犬もいる、カウボーイは要らないわ)」と書かれたピンクのクルーネックのスウェットシャツを手に入れたが、何といっても一番の掘り出し物はVivienne Westwoodのボンデージ パンツ。なんと3千円とちょっとでゲットした戦利品について、しばし、ふたりで盛り上がる。

当たり前のことだけど、結局、10代がやることをやりたい10代なんだな、とつくづく感じる。そして阿島とお喋りしている私も、今どきの10代に戻った気分だ。さて次は、すっかり彼女のシグネチャになったクライミング用のパンツ。ふくらはぎ丈のパンツはすべて母親の手縫いで、1本ずつきちんとクロゼットに吊るしてある。多分70本くらい、と阿島は言う。「好きなのは、ネコの柄かな。招き猫の模様のが大好き」。『ニューヨーカー』では「ウォール ダンサー」と形容され、日本では「スパイダー ガール」として知られる。17歳にして、阿島はスポーツ界でもっとも優秀なロック クライマーのひとりなのだ。

独占インタビューの全文は、ssense.comでご覧ください。

ssense.com(エッセンス)について

「SSENSE」は、2003年にモントリオールで創業され、現在、600以上のラグジュアリー、ストリート、アヴァンギャルドのレーベルを、世界114ヶ国に販売。
月間で平均5,300万件のアクセス数と設立以来2桁続きの高い年間成長率を実現しつつ、
一般的なeコマース企業の領域にとどまらず、コンテンツ、ビジネス、カルチャーの融合を追求してきました。今SSENSE 自体が、単なるリテーラーを越えたカルチャーの発信源となりつつあります。
今年5月には、David Chipperfield Architects (デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツ) が設計を手がけ、最先端のクリエイティビティ、交流、体験がテクノロジーの力によって融合した SSENSE モントリオール本店もオープンしました。

https://www.ssense.com/

ロッククライミング をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で