第75回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門でマジックランタン賞を受賞し、第31回東京国際映画祭 東京グランプリ&最優秀脚本賞のW受賞に輝いた映画「AMANDA」(原題)が『アマンダと僕』という邦題で2019年6月に公開決定!合わせて、本作のティザービジュアルが完成。

ミカエル・アース監督,AMANDA,アマンダと僕,ティザービジュアル,
© 2018 NORD-OUEST FILMS – ARTE FRANCE CINÉMA

夏のパリ。ダヴィッドは、パリに出て来たばかりのレナに出会い、恋に落ちる。 しかし、突然の姉の死によって彼のおだかな日常は壊れていく。悲しみに暮れるダヴィッド。そんな中、ひとりぼっちになった姪のアマンダの世話をすることになり、ダヴィッドは次第に自分を取り戻していく――。

美しいパリの街を舞台に、悲しみから乗り越えようとする青年と少女の心の機微を
優しく紡いだストーリーだ。ふたりの強く結ばれた絆に、「傑作!人間が立ち直る力を、静かに感動的に祝福している」(ハリウッド・リポーター)、「深く胸を打つ。過剰に演出することなく人物を輝かせた、まさに完璧な映画だ!」(フィガロ)と世界が絶賛。

主演は、フランスで主演作が立て続けに公開される大注目の若手俳優 ヴァンサン・ラコスト。恋人役には『グッバイ・ゴダール!』のステイシー・マーティン、そしてアマンダ役には、今作が初の演技経験であるイゾール・ミュルトリエが好演している。

今回完成したティザービジュアルは、夏のパリの空を思わせる鮮やかなブルーを基調に、自転車を押す少女アマンダのあどけない可愛らしい横顔が映る。そしてメインコピーでは、「君が笑えば、世界はきっとまた輝きだす。」とアマンダに優しく語りかけるような言葉が添えられている。2019年大注目の、誰もが胸打たれる新たな感動作!

『アマンダと僕』

ミカエル・アース監督,AMANDA,アマンダと僕,ティザービジュアル,
© 2018 NORD-OUEST FILMS – ARTE FRANCE CINÉMA

監督・脚本:ミカエル・アース
共同脚本:モード・アムリーヌ
撮影監督:セバスチャン・ブシュマン
音楽:アントン・サンコ
出演:ヴァンサン・ラコスト、イゾール・ミュルトリエ、ステイシー・マーティン、オフェリア・コルブ、マリアンヌ・バスレー、ジョナタン・コーエン、グレタ・スカッ
2018 年/フランス/107 分/ビスタ/
原題:AMANDA/
配給:ビターズ・エンド
© 2018 NORD-OUEST FILMS – ARTE FRANCE CINÉMA

http://www.bitters.co.jp/amanda/
https://twitter.com/amanda_boku

2019年 6月、シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開!!

グレタ・スカッ をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で