サブスクリプション型(定額制)音楽配信サービス「AWA(アワ)」は、2019年1月9日(水)にロックバンド Mrs. GREEN APPLE(ミセス・グリーン・アップル)が、“ミセスのことをもっと良く知るための曲”をテーマに選曲したプレイリスト『Mrs. GREEN APPLEのこと』を公開。

ミセス・グリーン・アップル,ミセス,プレイリスト,スペシャルヴォイス,Mrs. GREEN APPLE

今回公開されたプレイリストは、1月9日(水)にMrs. GREEN APPLEがリリースした、『第97回全国高校サッカー選手権大会』 応援歌「僕のこと」の配信を記念して作成されたもので、楽曲のタイトルでもある「僕のこと」にちなみ、“ミセスのことをもっと良く知るための曲”をテーマに楽曲がセレクトされています。

メンバー5人それぞれが、自分や自分たちのことをよく表していると思う曲を3曲ずつ選曲。ギターの若井滉斗は、ギターのリフが印象的なTHEE MICHELLE GUN ELEPHANT「世界の終わり」や日本でもファンの多いMy Chemical Romanceの「Teenagers」をセレクト。

キーボードの藤澤涼架は、小学生の時に聴いていたと言うスキマスイッチ「かけら ほのか」やUVERworld「Just break the limit!」などの邦楽を選んでいます。ベースの髙野清宗は、70年代のDEEP PURPLE「Smoke On The Water」や90年代の大ヒットナンバーThe Cardigans「Carnival」など、幅広い年代の楽曲から選曲。

ボーカル&ギターの大森元貴は、大人になって深みが増したと語る当時一世を風靡した、任天堂製ゲーム『ピクミン』CMソングだった、ストロベリーフラワー「あいのうた」を3曲の中に入れています。ドラムの山中綾華は、伝説のバンドBOØWYの「DREAMIN’」や高校生で初めて演奏した曲のスピッツ「空も飛べるはず」を選曲。5人がそれぞれミセスと自分を表現したプレイリストに仕上がっています。

さらに、新曲の聴きどころやメンバーそれぞれがプレイリストの選曲について想い出を語ったスペシャルヴォイスも同時配信。ぜひ、メンバーそれぞれの音楽遍歴を感じるプレイリストと選曲の想い出を語ったスペシャルヴォイスを合わせてお楽しみください。

■スペシャルヴォイス(コメント一部抜粋)

・新曲「僕のこと」について
「バラード調ではあるんだけれど、ストレートにバラードだけでは終わらせないよという感じで、言葉遣いなどに注目して聴いてもらえればと思います」

・プレイリストの選曲について

若井:「僕はMichael Jacksonの「Smooth Criminal」を選んだんですけど、この曲は中学生の時に親の影響で聴いていて、めちゃめちゃかっこいいなと思って、ライヴ映像とかも見て、真似してましたね。学校で踊ってました」その他、メンバー5人が語る選曲理由やエピソードはぜひプレイリストからお楽しみください。

プレイリスト

■『Mrs. GREEN APPLEのこと』

  1. Special Voice 1 / Mrs. GREEN APPLE
  2. 僕のこと / Mrs. GREEN APPLE
  3. Special Voice 2 / Mrs. GREEN APPLE
    <若井滉斗>
  4. 世界の終わり / THEE MICHELLE GUN ELEPHANT
  5. Smooth Criminal / Michael Jackson
  6. Teenagers / My Chemical Romance
    <藤澤涼架>
  7. New World / w-inds.
  8. かけら ほのか / スキマスイッチ
  9. Just break the limit! / UVERworld
    <髙野清宗>
  10. Smoke On The Water / DEEP PURPLE
  11. ラヴパレード / ORANGE RANGE
  12. Carnival / The Cardigans
    <大森元貴>
  13. 愛のうた / ストロベリーフラワー
  14. あなたに / MONGOL800
  15. Stay With Me / サムスミス
    <山中綾華>
  16. Re:brith / Acid Black Cherry
  17. 空も飛べるはず / スピッツ
  18. DREAMIN’ / BOØWY

プレイリスト

ロックバンド Mrs. GREEN APPLE(ミセス・グリーン・アップル)をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で