大好評だった2 018 年夏の第一弾に続き、 第二弾としてAmelie Pichardのアイコン的存在であるクロコダイルモチーフがデザインされたバッグを発売。

≪概要≫

《 MAISON DE REEFUR 》がパリの注目ブランド『アメリ・ピシャール』とコラボレーション!第2弾となるアイコニックなクロコダイルモチーフのバッグを発売。
◇展開日:2019年1月25日(金)~
◇展開店舗: MAISON DE REEFUR 代官山本店・MAISON DE REEFUR タカシマヤゲートタワーモール店・MAISON DE REEFUR OFFICIAL WEB SHOP・ZOZOTOWN
OFFICIAL WEB SHOP
Instagram
Facebook

MAISON DE REEFUR,アメリ・ピシャール,コラボレーション,アイコニック,クロコダイルモチーフ,バッグ,メゾンドリーファー

パリ発のシューズ&バッグブランド『Amelie Pichard(アメリ・ピシャール)』と、 『MAISON DE REEFUR(メゾン ド リーファー)』がコラボレーション。
大好評だった2 018 年夏の第一弾に続き、 第二弾としてAmelie Pichardのアイコン的存在であるクロコダイルモチーフがデザインされたバッグを発売します。

Amelie Pichardは世界観をとても大切にしているブランドで、 今回のコラボレーションも希少価値が高いシリーズとなります。
MAISON DE REEFURのトータルプロデューサーである梨花(りんか)自身が、 現地・パリにてアメリ・ピシャール氏と打ち合わせを重ね、 素材選びからこだわりぬいたスペシャルなアイテムです。

– Special Collaboration Items –


■ ABAG patent glitter グリッターレザー(ダークブルー) 本体価格:90,000yen(+ t ax)


■ ABAG patent glitter グリッターレザー(ダークブラウン) 本体価格:90,000yen(+ tax)


■ ABAG patent patchwork glitter グリッターレザー(パッチワーク) 本体価格:110,000yen(+ tax)


■ ABAG eel patchwork イールスキン(パッチワーク) 本体価格:110,000yen(+ tax) ※イールスキンとは、 ヨーロッパウナギ(うなぎ革)のこと
商品詳細はこちら→

【展開店舗】

MAISON DE REEFUR 代官山本店
MAISON DE REEFUR タカシヤマ ゲートタワーモール店
MAISON DE REEFUR OFFICIAL WEB SHOP
MAISON DE REEFUR ZOZOTOWN店

【Amelie Pichard(アメリ・ピシャール)】

2011年にアメリ・ピシャールによって立ち上げられたパリのシューズ&バッグブランド。 クラシックながらも遊び心のあるデザインでパリジェンヌの心を掴んでいる。 カラフルでインパクトあるデザインが特徴的で、 ベーシックなデザインをベースにヴィンテージやカジュアル、 フェミニンなど様々な要素を含んだアイテムを提案している。
グラマラスだけどタイムレス、 フェミニンだけど心地よい魅力に溢れたブランドで、 近年ではパリファッション業界での評価も高い。

【MAISON DE REEFUR (メゾン ド リーファー) 】

2012年4月に1号店となる代官山店がオープン。
モデル・梨花(りんか)がトータルプロデューサーを務める、 彼女自身が体現する女性像や伝えたい美しい生活の在り方、 「大人を楽しむ」というシンプルだけど誠実なメッセージを感じるライフスタイルショップ。
オリジナル雑貨をはじめ、 インテリアやコスメ、 世界中からセレクトしたインポートアイテムを展開。 2017年に、 スタイリスト・風間ゆみえがディレクションするギフトサロン『La Boutique Fantasque (ラ ブティック ファンタスク) 』を、 2018年9月に“日常を気持ちよく生きたい”をコンセプトにした新ライン『M』がスタート。 カフェ事業『GLOUGLOU REEFUR ( グルグル リーファー)』も展開している。

https://www.maisondereefur.com/

【リリース】株式会社PR TIMES

MAISON DE REEFUR (メゾン ド リーファー)をamazonで探す

Maison de Reefur(メゾンド リーファー) ロング ガウン コート

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で