日本初のTikTok公式オフ会「TikTok CREATOR’S LAB. 2019 supported by SoftBank」に400名が参加、HIKAKIN・筧美和子・りゅうちぇる・とにかく明るい安村ら豪華ゲストのスペシャルステージも開催

HIKAKIN,筧美和子,おかずクラブ,ガリットチュウ福島,TikTok,公式オフ会,

ショート動画コミュニティ・TikTokの日本初となるTikTok公式オフ会 in TOKYO「TikTok CREATOR’S LAB. 2019 supported by SoftBank」が2月16日(土)、東京・銀座のPLUSTOKYOにて開催された。

HIKAKIN,筧美和子,おかずクラブ,ガリットチュウ福島,TikTok,公式オフ会,
ガリットチュウ福島
ガリットチュウ福島

 TikTok内外のクリエイター400名が限定招待された同イベント。ユーザー投票という形で1年間の高品質動画を振り返る「TikTok 総選挙 2018」の表彰式、新企画「~新動画時代、だれもがクリエイター!~#TikTok オーディション2019」の発表のほか、女優の筧美和子のトークステージ、COWCOW、あべこうじ、ガリットチュウの福島善成、とにかく明るい安村、おかずクラブが出演した「吉本芸人お笑いスペシャルステージ」、HIKAKINをはじめ日本を代表する動画クリエイターたち(PDS株式会社、Masuo、トミック、ぁぃぁぃ、蛇足、1D&ゆーぽん、きりたんぽ、ゆきりぬ、夕闇に誘いし漆黒の天使達の小柳・ともやん・千葉ちゃん・にっち)が集結したスペシャルステージなどが行われた。

HIKAKIN,筧美和子,おかずクラブ,ガリットチュウ福島,TikTok,公式オフ会,

美食部門は、ソナーポケットのko-daiが最強動画に選出

 イベントは、「TikTok 総選挙 2018」のアワード表彰式から始まった。同アワード(オリジナル部門、リズム部門、ペット部門、ファミリー部門、美食部門の5部門)は、各部門12本・合計60本の動画を再生回数と内容充実度に基づき選出。88万回を超えるユーザー投票で、各部門の最強動画1本、優秀動画2本を決定した。

 リズム部門では、南部 桃伽さんの動画が最強動画に選出された。福岡に住んでいる南部さんは、福岡タワーの前でリズムダンスを行う動画を作成。動画の中では、「#だれでもダンス」、「パンチするやつ」などの呼び名で話題のパンチを繰り出すリズムダンスも披露している。スタイリッシュなファッションで登場した南部さんは、「これだけの中から選んで頂いてすごく光栄で、嬉しいなと思っています」と喜びを言葉にした。

 美食部門では、ko-dai(ソナポケ)さんが投稿した作品が最強動画に選ばれた。焼き肉をテーマにしたもので、素材の良さに徹底的にフォーカスし、納得のインパクトを生み出した。

 美食部門で優秀動画に選ばれたオトコのゴハンさんは、のびるチーズドック(ハットグ)を作る様子を、パンを切るところから油であげて仕上げるところまで描いた。オトコのゴハンさんは、表彰式には男性4人で登場。筧から盾を受け取った4人は、MCからサプライズでインタビューを受け、「緊張していて、しゃべれないです」と本音を言葉にする一幕もあったが、「油だったり、チーズだったり、みなさんの胃袋を満たせる動画をこれからもあげていきたいと思います」とさらなる活躍に意欲を燃やした。

 オリジナル部門では、しなこさんの作品が最強動画に選ばれ、きょーへいさんと、莉犬くんさんの作品が優秀動画に選出された。しなこさんの作品は、派手な格好をしている女の子たちが、「なぜ最近、周りから、めちゃめちゃ見られるのか?」をテーマにショートトークを繰り広げるというもの。インパクト、ビジュアル、オチのついたストーリーなど完成度の高い作品で、詰め掛けた参加者を魅了した。

 ペット部門では、犬の“全力ベロ顔”、“全力ぶりっ子姿”などを撮影した様子をコマ送り的に繋げた柴犬コマリさんの作品が、最強動画に選ばれた。優秀動画のびっけ学園さんとchiさんも、ペットの猫などの様子をとらえ、いちごを食べる姿などを撮影するなど、ペットへの愛が溢れた部門となった。

 ファミリー部門の最強動画は、ゆうひなたさん。幼い女の子がはしゃぎながら話す様子を撮影した。優秀動画のK-FIVEマミーさんの作品は、息子とのちょっとしたイタズラ心に溢れた会話の様子を描いており、もう一つの優秀動画であるまいさんの作品は、おばあさんとの交流がテーマ。3つの作品とも、世代を超えた家族の交流が表現されており、TikTokを通して、家族の絆が強まっている様子をうかがわせた。

 アワード表彰式に続いて、豪華ゲストたちが次々と登場したスペシャルステージが行われた。

HIKAKIN,筧美和子,おかずクラブ,ガリットチュウ福島,TikTok,公式オフ会,
HIKAKIN,筧美和子,おかずクラブ,ガリットチュウ福島,TikTok,公式オフ会,

筧美和子がTik Tok初挑戦

 表彰式にもプレゼンターとして出席した筧美和子は、トークセッションでは、当日のスカート姿について、コンセプトを、「授与させて頂くのでドレッシーに、同時に、ラフな空間でもあるのでカジュアルに」とポイントを紹介。「謎の動物がいっぱいいます」と柄もののスカートをつまんで、茶目っ気たっぷりに笑顔を見せた。

 会場を見渡した筧は、「すごくすてきな空間です。みなさんがそれぞれに楽しんでいる姿がいいなと思います」とにっこり。TikTokについては、「ついつい見てしまうのです。ずっと見ていられます。気軽に何かを作れるツールがあることがすごくいいなと思います。青春だなと思います」と目を輝かせた。「同じ曲やテーマでも色々なアイデアがあり、みなさんオリジナルで撮られていて、すごいなと思います」とも。

HIKAKIN,筧美和子,おかずクラブ,ガリットチュウ福島,TikTok,公式オフ会,
筧美和子

 そんな筧は、TikTokで本格的に動画を撮影したことも、動画をあげたこともないそうだが、ステージ上で、筧がお気に入りという「パンケーキ食べたい」と歌いながら、パンチを繰り出すダンスに挑戦。TikTokで撮影された動画は、撮影と同時にスクリーンに映し出され、会場に紹介された。普段から踊る機会はないという筧は、見事なリズムダンスを披露しており、筧が「踊れていたのかは分からないですが、大丈夫ですか?」と会場に問い掛けると、会場から“大丈夫!”の反応が返ってきた。筧は笑顔を弾けさせていた。

HIKAKIN,筧美和子,おかずクラブ,ガリットチュウ福島,TikTok,公式オフ会,

とにかく明るい安村、全力まるまるを披露

 筧に続いて、とにかく明るい安村、COWCOW、あべこうじ、ガリットチュウの福島善成、おかずクラブが出演した「吉本芸人お笑いスペシャルステージ」が行われた。一同がステージにあがると、TikTokデビューがまだという安村が、TikTokで、“全力変顔”、“全力泣き顔”などを連続で披露する「全力まるまる始めるよ」に挑戦することになった。安村は、パンツが見えなくなる十八番のポーズで次々と「全力まるまる」を披露。

貞子
貞子

貞子TikTok開設を明かす

 貞子は、TikTokアカウントを開設したことを明かし、来場者による写真撮影OKというサービス精神を振りまいた。

りゅうちぇる
りゅうちぇる

りゅうちぇる「今すぐ kiss me」を熱唱

 りゅうちぇるはダンサー2名を引き連れてステージに登場。「今すぐ kiss me」をダンス付きで熱唱するライブステージを行った。「真っ暗なオシャレな会場にはあまり来ないので、ちょっと緊張しました」とライブステージの感想を語った。

 りゅうちぇるは昨年2月から“RYUCHELL”名義で音楽活動をスタートさせ、初アルバム「SUPER CANDY BOY」(4月10日)のリリースも決定している。りゅうちぇるは、アーティストデビュー当時を振り返り、「バラエティは緊張しないのですが、初めて歌うお仕事をしたときは緊張しました」と茶目っ気たっぷりに振り返った。アーティストとしての近況については、「ようやく自分の力を出せるようになりました。パパにもなったので、がんばって行かなければなと思います」と想いを言葉に。

 ライブの感想を言い終えて改めてマイクを持ったりゅうちぇるは、「TikTok CREATOR’S LAB. 2019 supported by SoftBank」の会場を見渡し、「東京のひとつの場所に集まって、すごくオシャレですよね。ゲストで出演させて頂いているのですが、こっちが刺激をもらっています。キラキラ感を持ち帰りたいと思います」と言葉に。TikTokでは、りゅうちぇるが歌う「今すぐ kiss me」の動画が話題になっているが、家庭では、ぺこも「やりたい」と言っているエピソードを紹介した。

 ステージでは、「今すぐ kiss me」に合わせて、りゅうちぇるが、会場の参加者と一緒に動画を撮影する企画が行われた。しかし、スローで撮影するはずが倍速で音楽がかかってしまうアクシデントが発生。スマホを持った担当者が調整のために、いったんステージから降壇した。ここで、りゅうちぇるは、アドリブで、会場の参加者に振りの指導を始めた。りゅうちぇるの機転と軽快なトークでアクシデントを乗り切り、会場と一体となった動画撮影を成功させた。

 りゅうちぇるは、「みんながTikTokですごく輝いている姿を見て、僕もパワーをもらっています。これからもがんばってTikTokに動画をあげていきます。みなさんも、TikTokを楽しんでください」とメッセージ。

HIKAKIN
HIKAKIN

HIKAKIN、動画クリエイターとともに登場

 HIKAKINをはじめ日本を代表する動画クリエイターたちが登場したスペシャルステージでは、HIKAKINが姿を現すと、会場から大歓声があがり、人気の高さを見せつけた。HIKAKINは「緊張します。こんなにたくさんのTikTokerさんに会うのは初めてなので」と心境を吐露。HIKAKINは「まだ新米なので、3本くらいしかあげたことがないです。TikTokerさんの技術を学びたいです」といい、「普段動画編集をしているのですが、10秒、20秒にすべてをかけて完成させるということで、いろいろなところを学んでいきたいです」とも。

 その後、人気クリエイターのPDS株式会社、Masuo、トミック、ぁぃぁぃ、蛇足、1D&ゆーぽん、きりたんぽ、ゆきりぬ、夕闇に誘いし漆黒の天使達の小柳・ともやん・千葉ちゃん・にっちがステージに登場。HIKAKINを含めて豪華共演となり、記念撮影を行った。

 夕闇に誘いし漆黒の天使達は、バンド兼クリエイターとして活動しており、制作した楽曲をライブで行い観客と一緒に盛り上がる様子を収めた動画が話題となっている。ステージでは、その動画と、その動画のTikTokバージョンが両方とも紹介された。

 夕闇に誘いし漆黒の天使達に続き、HIKAKINがTikTokに投稿した動画も紹介された。HIKAKINは、TikTokerたちに向かって「みんなの方が絶対にうまいよ」と告げていたが、HIKAKINのTikTok動画を見て、ぁぃぁぃは「衝撃でした」と驚きを言葉に。さらに、西村歩乃果ら人気TikTokerが登場し、「撮影のコツ」、「工夫している点」、「ネタ作りとバスらせるための工夫」をテーマにトークを行った。

 HIKAKINは、「これからどんどん盛り上がって行くと思いますので、今からTikTokを極めて頑張りたいと思います」と、やる満々の様子だった。

HIKAKIN,筧美和子,おかずクラブ,ガリットチュウ福島,TikTok,公式オフ会,

TikTok オーディション2019アンバサダーに千鳥、筧美和子、HIKAKIN、キズナアイが就任

 この日は、「~新動画時代、だれもがクリエイター!~#TikTok TikTok オーディション2019」の発表も行われ、4つの部門にそれぞれのアンバサダーが就任することが発表された(#お笑い大賞部門アンバサダー:千鳥/#おしゃれ大賞部門アンバサダー:筧美和子/#タレント大賞部門アンバサダー:HIKAKIN/#アニメ大賞部門アンバサダー:キズナアイ)。VTR出演したキズナアイは、「TikTokerデビューします!」と宣言し会場を沸かせた。

HIKAKIN,筧美和子,おかずクラブ,ガリットチュウ福島,TikTok,公式オフ会,

イベントでは、ByteDance株式会社の西田真樹副社長から、2つのクリエイター向けの支援プログラムが発表された。

 「2019年TikTokクリエイター育成プログラム」として、TikTokは5億円に相当するリソースを利用し、クリエイターのショートビデオ製作や、クリエイター自身のブランドプロモーションをサポートする。同プログラムでカバーする領域はファッション、コスメ、グルメ、ゲーム、旅行、二次元など20カテゴリー。クリエイター1,000人を公募し、フォロワー10,000人に達成するまで、育成をサポートする。具体的には、専属のビデオ製作及びテクニカルサポートと、ネットだけでなく、テレビ、オフラインメディアなど全方位の露出機会を提供。人気クリエイターに対しては、新機能のテスト、ブランドプロモーションに参加する機会なども提供していく予定。

 「2019年クリエイター・マネタイズ・プログラム」では、コンテンツを発信しているクリエイターが、TikTok上で収入が得られるようになるプログラムもスタート。企業やブランドキャンペーンニーズとクリエイターたちをマッチングし、積極的にタイアップを行なっていく取り組みを開始する。グルメ、ファッション、旅行、ペットなど得意ジャンルでコンテンツを磨き、発信し続けていれば、それぞれのジャンルに合った企業キャンペーンとのマッチングを行い、タイアップ費の一部を収益還元するという仕組み。クリエイターと広告主をダイレクトにマッチングできるプラットフォームも年内にリリースされる予定。

 2フロアーを使って開催された同イベントでは、「TikTok×チュートリアルブース」、「TikTok×Vtokerブース」、「TikTok×Street Cultureブース」、「TikTok×グルメブース」、「TikTok×お笑い芸人ブース」、「TikTok×スプレーアートブース」、「TikTok×旅ブース」、「TikTok×コスプレーブース」、「TikTok×アニメーションブース」など、ジャンルごとのブースが設置され、参加者たちは専用パネルの前での撮影などを楽しんだ。

 最後に、100万円分の商品券が当たる「TikTok抽選会 supported SoftBank!」が開催され、「TikTok CREATOR’S LAB. 2019 supported by SoftBank」は盛況のうちに終わった。

●【「TikTok 総選挙 2018」結果】

・オリジナル部門
最強動画 しなこ
優秀動画 きょーへい
優秀動画 莉犬くん

・リズム部門
最強動画 南部 桃伽
優秀動画 りかりか
優秀動画 かつくん

・ペット部門
最強動画 柴犬コマリ
優秀動画 びっけ学園
優秀動画 chi

・ファミリー部門
最強動画 ゆうひなた
優秀動画 K-FIVEマミー
優秀動画 まい

・美食部門
最強動画 ko-dai(ソナポケ)
優秀動画 オトコのゴハン
優秀動画 クロワッさん 。

●「~新動画時代、だれもがクリエイター!~#TikTok TikTok オーディション2019」概要

【実施期間】
2019年3月1日(金)- 2019年 3月17日(日)

【結果発表】
2019年3月22日(金)

【選考方法】
4部門に分けての実施。イベント期間における動画の再生数、いいね数、シェア数などに基づき優勝者を決定。

各部門で、部門大賞 1 名、新人賞 1 名、優秀賞 10 名を選出(4部門計48名)

【部門紹介】

お笑い大賞 

オリジナルネタ、ものまねなどお笑い系の投稿を募集

おしゃれ大賞 

メイクテクニック、最新コーデ、ヘアアレンジなどの投稿を募集

タレント大賞 

ダンスやスポーツ、DIYなど、ユーザーの得意分野、才能をアピールする投稿を募集

アニメ大賞 

Vtoker、アニメーション、コスプレ、声優、キャラクターなどの投稿を募集

※具体的な応募方法についてはTikTokアプリで#TikTokオーディション2019を検索してください。

【賞品紹介】

・大賞賞品
1:TikTok公式アカウント認証の付与
2:メディア露出のチャンス
3:12万円相当の動画撮影機器

・新人賞
3万円相当の動画撮影機器

・優秀賞
1万円相当の動画撮影機器

●TikTok(ティックトック)について

 TikTokは世界中にショートフォームのモバイル向けビデオに最適なプラットフォームを提供しています。我々のミッションは、スマートフォンを通じて世界中の創造力や知識、日常生活における大切な瞬間をとらえ、表現できるようにすることにあります。TikTokは誰もがクリエイターになることを可能にし、自分が撮ったビデオを通じてクリエイティブな表現と情熱をシェアできるよう手助けします。TikTokは北京、ベルリン、ジャカルタ、ロンドン、ロサンゼルス、モスクワ、ムンバイ、サンパウロ、ソウル、上海、シンガポール、東京に拠点を置いています。2018年初めにTikTokは世界で最も多くダウンロードされたアプリの1つになりました。TikTokのアプリは全世界でiOS と Androidのいずれの端末でも利用できます。TikTokについての詳細はTikTok.comをご覧ください。

https://www.tiktok.com/jp/

TikTok(ティックトック)をamazonで探す

パナソニック ミラーレス一眼カメラ ルミックス GF9 ダブルズームレンズキット 標準ズームレンズ/単焦点レンズ付属 オレンジ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で