『第33回日本ゴールドディスク大賞』~「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」安室奈美恵は2年連続3度目、クイーンは14年ぶり2度目の受賞!
「ベスト・エイジアン・アーティスト」はBTS (防弾少年団) が初受賞
当協会は、 「第33回日本ゴールドディスク大賞」の受賞作品・アーティストを決定いたしました。

今回の受賞作品・アーティストは、 60作品・アーティストとなり、 この1年間に最も活躍したアーティストに授与される 「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」の邦楽部門は、 安室奈美恵が2年連続3度目の受賞、 洋楽部門はクイーンが14年ぶり2度目の受賞となりました。

また、 「ベスト・エイジアン・アーティスト」はBTS (防弾少年団) が初の受賞となりました。

「第33回日本ゴールドディスク大賞」全受賞作品・アーティストは別紙の通りとなり、 本リリースでは、 主な部門の受賞作品・アーティストを喜びの声やコメントと共にご紹介いたします。 (第33回の全受賞作品・アーティストの一覧やアーティストコメント等の詳細情報は、 解禁時間以降「ゴールドディスク大賞専用HP」でもご覧いただけます。 )
なお、 発表に関する授賞式の開催はございませんので予めご了承ください。

「日本ゴールドディスク大賞」専用HP
「第33回日本ゴールドディスク大賞」受賞一覧
「第33回日本ゴールドディスク大賞」各賞一覧

アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽) 安室奈美恵

アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽) 安室奈美恵
アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽) 安室奈美恵

<対象期間の売上実績>
アルバム:456,711枚 シングル:30,645枚 音楽ビデオ:1,996,365枚 音楽配信:2,183,291ダウンロード

沖縄県出身、 1992年にデビュー。 瞬く間に数々のヒット曲を生み出し、 日本の音楽史にその名を刻む。
ファッション・ヘアスタイル・メイクまでもがブームとなり社会現象となる。
アルバムセールスでは“国内アーティスト史上初”となる4年代(10代・20代・30代・40代)連続ミリオンセールスの偉業を成し遂げ、 ラストツアーには“ソロアーティスト史上最多”となる約80万人を動員。
その模様を収録したLIVE DVD&BDは、 “音楽映像作品史上初”となるミリオンセールスを記録。 2018年9月に惜しまれながらも引退。

2018年9月16日に惜しまれつつ引退した安室奈美恵が、 2年連続3度目の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」(邦楽)に輝いた。 また、 引退前のラストツアーを収録した最後の作品『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~』では、 「ベスト・ミュージック・ビデオ」(邦楽)も受賞。

アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)クイーン

アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)クイーン
アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)クイーン

<対象期間の売上実績>
アルバム:505,824枚 音楽ビデオ:94,338枚 音楽配信:189,729ダウンロード

【受賞コメント】
ロジャー・テイラー

長い間クイーンを応援してくれてありがとう。
僕たちが皆さんに何らかの幸せ、 楽しみ、 喜び、 時には静けさを届けられたのなら嬉しいです。 ここまでも素晴らしい旅路でしたが、 また新しい賞をいただけて光栄です。 心の底から感謝します。 また皆さんとお会いしましょう!

ブライアン・メイ

日本の皆さん、 いつも素晴らしいサポートをありがとうございます。 本当に胸がいっぱいです。 アーティスト・オブ・ザ・イヤー、 アルバム・オブ・ザ・イヤー、 ベスト3アルバム、 そしてサウンドトラック・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞して本当に嬉しいです。 皆さんを愛しています。 また近いうちに会いましょう。

「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」(洋楽)は、 クイーンが14年ぶり2度目の受賞。 なかでもクイーンの伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」のサウンドトラック『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)』は、 「アルバム・オブ・ザ・イヤー」(洋楽)に加え、 「ベスト3アルバム」(洋楽)、 「サウンドトラック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、 4冠を獲得。

ベスト・エイジアン・アーティスト BTS (防弾少年団)

ベスト・エイジアン・アーティスト BTS (防弾少年団)
ベスト・エイジアン・アーティスト BTS (防弾少年団)

【受賞コメント】
すごく栄誉ある賞が頂けて本当にうれしくて光栄です。 僕たちを愛してくださり、 応援してくださるARMYの皆さん、 本当にありがとうございます。
いつもそばにいてくれるメンバー、 Big Hitのスタッフの皆さん、 バン・シヒョクPDさん、 そして家族にも感謝の気持ちを伝えたいです。
2019年、 新年からいいニュースがお知らせできて幸せです。 これからももっといい作品とかっこいい姿で皆さんから頂いた愛にお返しできるように頑張ります。
(BTS (防弾少年団))


BTS (防弾少年団)が「ベスト・エイジアン・アーティスト」を初受賞。 『FACE YOURSELF』が「アルバム・オブ・ザ・イヤー」(アジア)、 「ベスト3アルバム」(アジア)を受賞したほか、 『LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’』で「ベスト3アルバム」(アジア)、 さらに『2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE III THE WINGS TOUR IN JAPAN ~SPECIAL EDITION~ at KYOCERA DOME』で「ベスト・ミュージック・ビデオ」を受賞し、 5冠を達成。

ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽) King & Prince

ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽) King & Prince
ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽) King & Prince

【受賞コメント】
今回この名誉ある賞をいただけた喜びをKing & Princeに携わって下さった全ての方々と共有したいです。
そしてたくさんの感謝を申し上げたいです。
これからも高みを目指しアーティストとしてそしてアイドルとして僕たちにしかできない音楽やパフォーマンスをたくさんの方に届け愛してもらいたいです。
今後は、 また違う部門でも賞をいただけるように精進していきます。
本当にありがとうございました。 (King & Prince)

対象期間中にデビューしたアーティストのうち、 CD等の売上合計が最も多いアーティストに授与する「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」(邦楽)。 今回は、 2018年5月23日に『シンデレラガール』でデビューしたKing & Princeが受賞した。

アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽) 海のOh, Yeah!!/サザンオールスターズ

アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽) 海のOh, Yeah!!/サザンオールスターズ
アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽) 海のOh, Yeah!!/サザンオールスターズ

デビュー20年を記念して発売され空前の大ヒットを記録した企画アルバム『海のYeah!!』から20年の時を経て放たれた、 文字通りのプレミアムアルバム。 1998年以降今年2018年に至るまでに発表された、 サザンオールスターズの数多の名曲の中から厳選した曲が収
対象期間中に最も売上枚数が多いアルバム作品に授与する「アルバム・オブ・ザ・イヤー」(邦楽)は、 2018年8月に発売したサザンオールスターズの『海のOh, Yeah!!』が受賞した。 サザンオールスターズは2009年の第23回日本ゴールドディスク大賞「ザ・ベスト・ミュージック・ビデオ」(邦楽)以来の受賞となった。

アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)/クイーン

アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽) ボヘミアン・ラプソディ (オリジナル・サウンドトラック) / クイーン
アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽) ボヘミアン・ラプソディ (オリジナル・サウンドトラック) / クイーン

大ヒット映画「ボヘミアン・ラプソディ」のオリジナル・サウンド・トラック。 タイトル曲の「ボヘミアン・ラプソディ」ほかクイーンの代表曲ばかりを収めた作品。 映画のシーンをドラマティックに盛り上げるライヴ・ヴァージョンも数多くフィーチャーし、 1985年7月13日のライヴ・エイドなど初めてオーディオ・フォーマット化された6曲等貴重なトラックが収録されています。

「アルバム・オブ・ザ・イヤー」(洋楽)はクイーンの『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)』が受賞となった。 本作は「ベスト3アルバム」(洋楽)、 「サウンドトラック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」も受賞した。

シングル・オブ・ザ・イヤー Teacher Teacher/AKB48

シングル・オブ・ザ・イヤー Teacher Teacher/AKB48
シングル・オブ・ザ・イヤー Teacher Teacher/AKB48

52ndシングル
小栗有以が初センターを担当したが、 彼女のイメージとは真逆のMV・アーティスト写真・ジャケット写真、 すべてが超絶セクシー路線。 今作の振り付けはAKB48では初の外国人振付師を採用!神話(SHINHWA)やPSY、 そして日本デビューを飾ったGFRIENDSを手がけるパク・ジュニを韓国より招聘。 艶めかしい手振り・腰付き、 そしてメンバーが次々と入れ替わり、 ダンスバトルを繰り広げるAKB48史上最もセクシーなダンスに仕上がった。

今回の「シングル・オブ・ザ・イヤー」は、 AKB48の『Teacher Teacher』が受賞。
AKB48は、 同曲での「シングル・オブ・ザ・イヤー」受賞と共に『センチメンタルトレイン』『NO WAY MAN』も加えた3曲が「ベスト5シングル」を獲得したほか、 『僕たちは、 あの日の夜明けを知っている』が「ベスト5アルバム」(邦楽)を受賞している。 AKB48の「シングル・オブ・ザ・イヤー」は、 第25回からの史上初9年連続受賞。

ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(邦楽) Lemon/米津玄師

ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(邦楽) Lemon/米津玄師
ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(邦楽) Lemon/米津玄師

【受賞コメント】
初めてのドラマ主題歌であり、 自分の思っていた以上に広いところまで、 本当に想像もつかない広いところまで届くような曲になり、 良くも悪くも自分をまた大きく違う場所へ連れて行ってくれた楽曲です。
これからの音楽家としての人生において、 この曲が北極星として輝き続けてくれるような気が今はしています。 本当にありがとうございました。 (米津玄師)

対象期間中に有料でダウンロード配信が開始された作品の中で、 最もダウンロード数が多い作品(シングルトラック)に授与される「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」(邦楽)は、 米津玄師『Lemon』が受賞した。 本作品は、 対象期間中に配信開始された作品中唯一のミリオン認定作品であり、 更に今年1月には最速2ミリオン作品として認定されている。

特別賞 U.S.A./DA PUMP

特別賞 U.S.A./DA PUMP
特別賞 U.S.A./DA PUMP

【受賞コメント】
2018年は「U.S.A.」という曲を幅広い世代の方々にお聴きいただいて、 皆様のおかげでこのような特別な賞を頂くことができました。
ありがとうございます!
2019年は去年頂いた感謝を沢山の場所で返していけるような1年にしたいと思いますので
今年もDA PUMPをよろしくお願いします!(DA PUMP)

第33回日本ゴールドディスク大賞特別賞は、 DA PUMPの『U.S.A.』が受賞。 同曲は、 ミュージックビデオが話題となり、 様々な社会現象や影響をもたらし、 2018年を代表するヒット曲の一つとなった。 DA PUMPは、 2002年の第16回日本ゴールドディスク大賞「ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」(邦楽)以来3度目の受賞。

【日本ゴールドディスク大賞ならびに対象期間について】

日本ゴールドディスク大賞は、 当協会が1987年に制定し、 以来毎年当該年度のレコード産業の発展に大きく貢献したアーティストおよび作品を顕彰しているものです。
本賞の選考基準は「CD、 音楽ビデオ等の正味売上実績(総出荷数から返品数を差し引いたもの)と有料音楽配信の売上実績」という客観的な指標に基づいています。 なお、 第33回 日本ゴールドディスク大賞は、 当該年度(2018年1月1日~12月31日)の売上実績に基づき各賞を授与しています。

【アーティスト・オブ・ザ・イヤーについて】

対象期間中のCD、 音楽ビデオ、 有料音楽配信等の正味売上金額合計が最も多いアーティストに贈られる賞(邦楽、 洋楽各1組)

https://www.golddisc.jp/

【リリース】株式会社PR TIMES

安室奈美恵 をamazonで探す

namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~主演: 安室奈美恵

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で