3月9日、池袋シネマ・ロサにて『ライズ ダルライザー -NEW EDITION-』の初日舞台挨拶が行われました。

ライズ ダルライザー,NEW EDITION,初日舞台挨拶,

登壇者は主演のダルライザー&アキヒロ役の和知健明をはじめ、アキヒロの友人・マナブ役の三浦佑介、アキヒロの妻・ミオ役の桃奈、アキヒロの母・ルリ子役の山﨑さやか、悪の組織の謎を知る野田役の山口太郎、そして佐藤克則監督の6人。

本作の原作、プロデューサーも兼ねる和知は本編同様、ダルライザーのコスチュームで登壇。

ライズ ダルライザー,NEW EDITION,初日舞台挨拶,

「皆さんのおかげでここに立っています。もともとダルライザーを始めたのは10年前、自分の地元である(福島県)白河市の活性化のためでした。自分の子供が生まれたとき、未来はこのままでいいのだろうか、もっと町を活気づけたい、そんな思いからだったのです。この映画の言いたいことは、<転んでもいい、何度でも立ち上がってほしい>ということ。行動する人になってくれれば、どんな未来が来ても大丈夫なんじゃないかと」と熱い胸の内を明かした。

また映画を作った理由は「ヒーローショーだけだと伝わり方に限界があるので、映画という大きなものにチャレンジしたかったのです。映画を観てもらうと分かるのですが、大事なのは勝つことじゃなくて負けないこと。この映画を観て元気になったと言ってもらえると嬉しいです」と語った。

和知と演劇大学の同期だったという三浦は、役のオファーについて「ボクの前にどうやら別の候補の人がいたみたいなんです」と裏話を披露。

するとすかさず佐藤監督が「実は最初写真を見て、三浦くんだとイケメン過ぎて役に合わないのではないかと。でも実際会ったら、(ひょうきんな)役にぴったりだねってことになりました」と笑いを誘いっていた。

現場の雰囲気を聞かれた桃奈は、「皆、優しくてフレンドリー過ぎるくらいで、とても楽しい現場でした。自然と、みんなでひとつになってがんばっていこう!という気持ちになれました」とスタッフとキャストが一丸となった撮影を振り返った。

山﨑も「ほんとにとても楽しい現場でした。アキヒロの父親役の井田(國彦)さんもとても気さくな方で、(悪の組織の)ダイスと(タイトルの)ライズが混ざって“ライス”とNGを出されていたのが印象的でした」と笑顔に。

白河市での撮影の苦労を問われた山口は「とにかく寒かったです。氷点下で13時間の撮影は寒さとプレッシャーとの闘いでした。でも町全体がダルライザーを応援して盛り上げてくれ、こちらもとてもテンションが上がりました」と市民に感謝した。

佐藤監督は本作の依頼を受けたときのことを尋ねられ、「和知くんとは20歳のときに会ったのですが、オファーはちょうど引っ越しの日の夜に電話があったんです。『監督、ついにやりますよ』と。ちょうど生活が変わるときに、人生も変わるタイミングだったと思います」と語った。

その後、和知はダルライザーの恰好で写真撮影。劇中のポーズも颯爽と決め、観客からの喝采を浴びていた。

『ライズ ダルライザー -NEW EDITION-』は、本日から池袋シネマ・ロサで公開。
3月16日より吉祥寺ココマル・シアターでも公開され、その後全国順次公開される。

<初日舞台挨拶概要>

日付:3月9日(土)
場所:池袋シネマ・ロサ
登壇者:アキヒロ役&ダルライザー・和知健明(わち たけあき/38)、三浦佑介(みうら ゆうすけ/39)、桃奈(ももな/26)、山﨑さやか(やまざき さやか/47)、山口太郎(やまぐち たろう/48)、監督・佐藤克則(さとう かつのり/40)

◆タイトル :ライズ ダルライザー –NEW EDITION-
◆公開表記   :3月9日(土)より、池袋シネマ・ロサほか全国順次公開!
◆コピーライト :©2018 Dharuriser Planning
◆配給     :ダルライザープランニング/アムモ98

『ライズ ダルライザー -NEW EDITION-』

和知健明 三浦佑介 桃 奈 山口太郎 佐藤みゆき 山﨑さやか
田村諭 宮尾隆司 赤城哲也 古川義孝 鈴木桂祐 鈴木裕哉 湯本淳人 緑川順子
フスト・ディエゲス 井田國彦
原作/プロデューサー:和知健明 
監督・脚本/佐藤克則
製作:ダルライザープランニング 
配給:ダルライザープランニング/アムモ98
2018年/日本/カラ―/119分/シネスコサイズ/5.1ch  

http://www.dharuriser.com/movie/

ヒーローショー をamazonで探す

ナノ・ユニバース(nano・universe) 別注2wayレザーウエストポーチ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で