「AbemaTV」独占完全生中継!
ONE Championship初の日本大会3月31日(日)「ONE:A NEW ERA IN TOKYO」青木真也「全ての情念をケージの中に置いてくる」~青木真也、長谷川賢、若松佑弥らの想いを描いた、感情溢れる特別映像公開!~

AbemaTV,独占完全生中継,ONE Championship,ONE:A NEW ERA IN TOKYO,青木真也,
青木真也 ©AbemaTV

このたび、「AbemaTV」で独占完全生中継を行う「ONE:A NEW ERA IN TOKYO」では、自身の試合に対し、「全ての情念をケージの中に置いてくる」と意気込みを語っている青木真也選手(Evolve MMA)が、世界ライト級タイトルマッチの王座奪回を賭け2016年にTKOで破れたエドゥアルド・フォラヤンに挑むほか、昨年6月に壮絶な死闘の結果KO負けしたものの、ONEの歴史に残るベストバウトを見せ「2018年のONEバウト・オブ・ザ・イヤー」に輝いた、元DEEPメガトン級王者・長谷川賢選手と、ONE世界ミドル級王者アウンラ・ンサン選手(ミャンマー)による対戦、UFC世界フライ級王者として歴代最多の11回防衛を記録し、“世界最強の男”との呼び声も高いデメトリアス・ジョンソン選手(アメリカ)に挑む、パンクラスで活躍する若き期待の星・若松佑弥選手(TRIBE TOKYO M.M.A)との試合など、注目の戦いが続々と繰り広げられます。

本大会は「A NEW ERA」のタイトル通り、“新時代の到来”を予感させる記念すべき大会となっておりますが、その舞台で闘うのは、あくまでそれぞれの物語と情念を抱く選手たち。

このたび「AbemaTV」では、数々のCMや映像コンテンツを手掛け、カンヌ国際広告祭を受賞した映像・クリエイティブディレクターの藤井亮氏をはじめ、地上波の人気番組や「AbemaTV」で放送の『格闘代理戦争』を担当する、放送作家の大井洋一氏などの各界で活躍するクリエイターと共に、海外格闘技興行では隠れがちな選手たちの“想い”を感情溢れる特別映像として製作いたしました。

第1弾となる若松選手の特別映像では、若松選手の練習風景や、“世界最強の男”との呼び声も高いジョンソン選手との戦いを控え、「この6年間必死に生きてきたんで、それを全て出して通用するかしないか、すごく楽しみです」と意気込みを語る場面が収められており、長谷川選手の特別映像では、「必ずチャンピオンに勝って、ベルトを巻こうと思ってます」という力強いコメントを語る様子を見ることが出来ます。

本大会に懸ける選手1人1人の想いを感じることが出来る感情溢れる特別映像は、「AbemaTV」公式TwitterやYouTubeにて順次公開いたします。3月31日(日)大会当日へ向けてぜひ、ご覧ください。

<特別映像ラインナップ>

若松佑弥選手 「お前はどうなると思う?」
長谷川賢選手 「世の中は奪い合いだ。俺は奪う方になる。」
「珍」トレイラーシリーズ
(1)パン・チャンピオンシップ編
(2)ワンチャン・チャンピオンシップ編
(3)お椀・チャンピオンシップ編
青木真也「全ての情念をケージの中に置いてくる(仮題)」 編
エディ・アルバレス 独占インタビュー
デメトリウス・ジョンソン 独占インタビュー
ONE Championship日本大会”A NEW ERA” AbemaTV特別トレイラー

今後も、「AbemaTV」では、スポーツをはじめ、バラエティ豊かなコンテンツや機能拡充を強化すると共に、「AbemaTV」ならではの魅力的な番組づくりを積極的に行ってまいります。

■「ONE:A NEW ERA IN TOKYO」とは

シンガポールを拠点として活動を展開しているONE Championshipが東京・両国国技館で開催する初の日本大会で、アジア発のスポーツプロパティの日本上陸、という観点から、格闘技界のみならず、スポーツ界、ビジネス界からも高い注目を集めています。

■『【日本初開催】ONE Championship 東京大会 “A NEW ERA”』 概要

AbemaTV,独占完全生中継,ONE Championship,ONE:A NEW ERA IN TOKYO,青木真也,
©AbemaTV

放送日時:3月31日(日)夜7時~夜11時30分(予定)
放送チャンネル:「格闘チャンネル」
視聴URL:https://abema.tv/channels/fighting-sports/slots/B6feez4QprMoHR
※試合延長などにより、放送時間が変更になる可能性がございます。

格闘技 をamazonで探す

Echo Dot 第3世代 - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で