東京都美術館(以下、都美)にて4月23日(火)に開幕する「クリムト展 ウィーンと日本 1900」(会期:2019年4月23日~7月10日)を紹介するNo.459号。

東京都美術館,インタビュー,藤原紀香,クリムト

巻頭インタビューでは、「クリムトに魅せられています」という藤原紀香さんがクリムト作品の魅力や、美術鑑賞の楽しみ方を語っています。インタビュー前に行われた撮影では、桂由美さんがクリムトの絵画からインスパイアされ、パリコレでも発表された「ユミカツラクチュールドレス」に身を包み、クリムトの世界観を全身で表現されています。

 学芸員らが執筆するコンテンツをはじめ、都美の近隣の上野、谷中、根津、千駄木の魅力を紹介する「うえののう 谷根千」では、上野公園内にある五條天神社の始澤澄江宮司に上野公園の魅力を教えていただきました。

 クリムト作品の魅力に展覧会のみどころや舞台裏から都美近隣の魅力までギュっと詰まった一冊です。都美館内での配布がスタートしました。発行部数には限りがありますので、お早めにご来館ください。

[ラインナップ]
表紙 グスタフ・クリムト《ユディトⅠ》(部分)
P2-5 start 輝くあの人とartの素敵な出発点
藤原紀香さん(女優)
   「初めてみた時から女性の美しさ、気品と色香を奥深く描くクリムト作品の虜に」
P6-7 Creating Exhibitions 展覧会の舞台裏
都美セレクション グループ展 2019
「グループと学芸員との緊密な協働により、これまでにない企画展の実現へ」
P8-9   Art Communication 人と作品、人と人、人と場所をつなぐ
鑑賞授業作りをサポート!ティーチャーズ・デイ
「美術館がいつもの教室に! 先生から生徒へ、アートの輪を広げるプログラム」
P10-11 Art Group & School Education Exhibitions 公募団体・学校教育展
「展覧会への道しるべ――公募団体展・学校教育展の広報について」
P12 美術情報室
LIBRARY 美術情報室蔵書より「クリムト展」おすすめの一冊
ARCHIVES 東京都美術館のオーラル・ヒストリー
P13 TOPICS
「パパママデー(託児サービス)のご案内」
P14-15 うえののう ときどき谷根千
五條天神社 宮司 始澤澄江さん
「変わりゆくもの、受け継がれるものが塩梅よく共存する町上野が好き」
裏表紙 写真で見る東京都美術館の軌跡
「東京府美術館 旧館の食堂」(1926年頃撮影)

[媒体概要]

広報誌「東京都美術館ニュース」
 日本で最初の公立美術館として1926年5月に開館した東京都美術館の広報誌。2016年に開館90周年を記念して20年ぶりに復刊。[年4回(3月、6月、9月、12月)発行/日・英併記/A5判、16ページ/無料配布]
バックナンバーは都美ウェブサイトからご覧いただけます。
 

[東京都美術館]

東京都台東区上野公園8-36 TEL 03-3823-6921
公式サイト
アクセス・利用案内
展覧会のご案内
Twitter
Facebook

【リリース】株式会社PR TIMES

藤原紀香 をamazonで探す

グスタフ・クリムト[世界の名画コレクション]『接吻』複製画 人物画 ザ・キッス キス せっぷん カップル 恋人たち アベック 世紀末美術

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で