今回公開されたプレイリストは、2019年5月10日(金)にリリースされた、内田理央が主演を務める読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『向かいのバズる家族』主題歌に起用されている「きみがいいねくれたら」の配信を記念して作成されたもので、きゃりーぱみゅぱみゅが“友達とドライブしているときに聴く曲”をテーマに楽曲がセレクトされています。

きゃりーぱみゅぱみゅ,聴く曲,プレイリスト,AWA,オリジナルヴォイス,

実際に友達とドライブするときに聴いていると語るポルノグラフィティの「ミュージック・アワー」や、テンションがあがるKANA-BOONのアッパーチューン「フルドライブ」などを選曲しています。

また、プレイリストの冒頭では、新曲「きみがいいねくれたら」の聴きどころやプレイリストへの想いを語ったオリジナルヴォイスも配信。

ぜひ、SNS の申し子きゃりーが、現代の「SNS迷子たち」に送る前向きなメッセージソング「きみがいいねくれたら」とプレイリストを
「AWA」でお楽しみください。

さらに、AWA公式Twitterでは、きゃりーぱみゅぱみゅのサイン入りグッズがあたるプレゼントキャンペーンも実施中。AWA公式Twitterの指定の投稿をリツイートし、本アカウントをフォローされた方の中から抽選でプレゼントいたします。

AWA公式Twitter対象投稿

■『Selected by きゃりーぱみゅぱみゅ:友達とドライブしているときに聴く曲』

  1. Special Voice / Voice Tracks
  2. きみがいいねくれたら / きゃりーぱみゅぱみゅ
  3. 渚にまつわるエトセトラ / PUFFY
  4. ミュージック・アワー / ポルノグラフィティ
  5. フルドライブ / KANA-BOON
  6. TOKYO GIRL (Remastered) / Perfume
  7. アララの呪文 / ちびまる子ちゃんwith爆チュー問題
  8. ナイトミルク / 石崎ひゅーい
  9. 愛はおしゃれじゃない / 岡村靖幸w小出祐介
  10. N.E.O. / CHAI

プレイリスト

■きゃりーぱみゅぱみゅ

高校を卒業した2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによるミニアルバム『もしもし原宿』(8/17発売)でメジャーデビュー。2012年5月にリリースした初のフルアルバム『ぱみゅぱみゅレボリューション』は、オリコンデイリーチャート初登場1位、さらにiTunesでも日本総合チャートや世界各国のエレクトロチャートで1位を獲得。その後、自身初となる全国ツアー、日本武道館単独公演、NHK紅白歌合戦初出場と快進撃を続ける。2013年には、初めてのワールドツアー(8つの国と地域、13都市)を大成功させ、2013年6月に満を持して発表した

セカンドアルバム『なんだこれくしょん』は、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして2014年、2度目となるワールドツアー(11の国と地域、15都市)も大成功で終え、サードアルバム『ピカピカふぁんたじん』は、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売。2作連続となるオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして約3万5千人を動員したホールツアー 「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」(15都市17公演)、さらに自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの からふるぱにっくTOY BOX」(9公演)が大盛況のうちに終了。

デビュー5周年を迎えた2016年には、初のアニバーサリーイヤーとして、自身初となるベストアルバム『KPP BEST』の発売や、3度目のワールドツアーの開催など、様々な企画を展開。2018年には4度目のワールドツアーを開催し、フォースアルバム『じゃぱみゅ』をリリース。そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

サブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービス「AWA(アワ)」

きゃりーぱみゅぱみゅ をamazonで探す

じゃぱみゅ(初回限定盤)<CD+DVD>
きゃりーぱみゅぱみゅ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で