1997年にアメリカ・ロサンゼルスでスタートし、今やラスベガスをはじめグローバルに展開する世界最高峰のダンスミュージックフェスティバル「Electric Daisy Carnival」の日本開催「EDC JAPAN 2019」が、5月11日(土)、12日(日)に千葉県・ZOZOマリンスタジアム&幕張海浜公園EDC特設会場で開催されました。

世界最高峰,ダンスミュージック,フェスティバル,EDC JAPAN ,ZOZOマリンスタジアム,幕張海浜公園EDC特設会場,

3回目の開催となる今年は両日ともに快晴に恵まれ、会場には連日多くのオーディエンスが来場。メインステージとなるkineticFIELDには、今年初の試みとなった新人発掘プロジェクト「discovery PROJECT」を見事勝ち抜いたHERBALISTEK、ALLEN MOCKに加え、国内からDJ DARUMA & JOMMYやBANVOXといった人気アーティストが出演。

世界最高峰,ダンスミュージック,フェスティバル,EDC JAPAN ,ZOZOマリンスタジアム,幕張海浜公園EDC特設会場,

そして、待望の初来日となったEXCISIONやKSHMR、さらにはALISON WONDERLAND、TCHAMI B2B MALAAといった世界屈指のアーティストが続々とプレイ。初日はトランス界のスーパースターARMIN VAN BUUREN、2日目には長年ダンスミュージックシーンを牽引するTIËSTOが最後まで大観衆を魅了していました。

そして、今回からはビーチに隣接するステージHARD presents cosmicBEACHを米カリフォルニア州フォンタナで開催されているヒップホップ、ベースミュージックに特化した「HARD Summer Music Festival」を主催している「HARD」チームが、アンダーグラウンド感溢れるステージneonGARDENを数多くのテクノ・ハウスのイベントを開催している「factory 93」 チームが監修。

cosmicBEACHでは、AWICH × KZMやAK-69といった国内ヒップホップシーンで注目を集める旬のアーティストが豪華客演陣とともにステージに登場。そして、海外からもアメリカの人気ラッパーFUTURE、そしてJAY PARKがYULTRONとともに白熱のパフォーマンスを披露。「EDC JAPAN」にヒップホップという新たな魅力を吹き込み、さらにはRL GRIMEやJAUZ、SKRILLEX、MAJOR LAZERといったビッグアクトがオーディエンスを圧倒していました。

一方、アンダーグラウンドなハウス・テクノにフォーカスしたneonGARDENでは、ドイツ・ベルリンのトップアーティストMARCEL DETTMANNや世界が刮目する才媛PEGGY GOUらがプレイ。

その他にも、東京ストリートシーンを代表するグラフィックアーティストVERDYがデザイン&プロデュースを手掛けた移動式のDJブースboomboxARTCARが会場内を駆け抜け、随所で熱狂を生み出すとともに、ZIP LINEなどのアクティビティ、バラエティ豊かなメニューを用意したフードコートも大人気。ビーチに新設されたRed Bullプロデュースによるスケートボードパークも盛況でした。

また、日本のフェスをより快適にするべく、「EDC JAPAN 2019」はたばこの煙のにおいがしない低温加熱式たばこの「Ploom TECH」「Ploom TECH+」を販売するJTのサポートのもと「たばこの煙のにおいのないフェス」を宣言。来場者たちは既存のフェス以上にクリーンな空間のもと音楽を楽しんでいました。

これまでよりも幅広いジャンルの音楽性をカバーし、さらなるコンテンツを導入するなど格段にパワーアップした「EDC JAPAN 2019」は2日間で8万人を動員。両日ともに例年以上の盛り上がりをみせていました。

DAY 1

初日11日(土)は、「EDC JAPAN 2019」開幕を待ちわびた多くのファンがオープン前から会場に詰めかけ、エントランスには早くから⻑蛇の列が。そして、開演と同時にみなお目当てのステージへ。

大きなオブジェが目を見張る壮大なメインステージkineticFIELDでは、HERBALISTEK、DJ DARUMA & JOMMYに続き、GOLDFISH、K?D、JOYRYDE、ANDREW RAYELといった海外アクトが奮闘。そして、初来日となるEXCISIONがステージに現れると、矢継ぎ早に繰り出される強烈なベースミュージックにオーディエンスの熱狂は加速していきます。

その盛り上がりをKSHMRが受け継ぎ、初日のラストはARMIN VAN BUUREN。「La Résistance De L’Amour」を皮切りに、「Show Me Love」や「Turn It Up」といったヒット曲、さらには自身が手掛けた人気ドラマシリーズ「Game of Thrones」のテーマ曲などをプレイし、最後はARMIN VAN BUURENのフェスアンセム「Blah Blah Blah」で有終の美。メロディックなハウス・テクノにベースミュージック、EDM、そしてトランスまで、
昨今世界のビッグフェスを沸かせる様々なダンスミュージックが一同に味わえるkineticFIELDは終始大きな熱気に包まれていました。

世界最高峰,ダンスミュージック,フェスティバル,EDC JAPAN ,ZOZOマリンスタジアム,幕張海浜公園EDC特設会場,

そんなkineticFIELDにひけをとらない盛り上がりを見せていたのがcosmicBEACH。とりわけ、近年日本のヒップホップシーンで注目を集めるAwichはYENTOWNの盟友kZm、さらには様々なゲストをステージに迎え、持ち前のメッセージ性の強いパフォーマンスでオーディエンスを魅了。

さらに、海外からは今年1月にニューアルバム「The WIZRD」をリリースしたばかりのFUTUREが初来日。全米チャート1位に輝いた最新トラックの数々を披露。「EDC JAPAN」に新たな風を吹かせていました。

その他にもTROYBOIやRL GRIMEといったトラップシーンを代表するアーティストがビーチを振るわせ、フィナーレを飾ったSKRILLEXは「Chicken Soup」や「Agen Wida」、「Scary Monsters And Nice Sprites」といった数多くの自身のアンセムに加え、Boys NoizeとのユニットDog BloodやJack Üのヒット曲、Travis ScottやKendrick Lamar、Aviciiなどの人気リミックスまで網羅した怒濤のセットを展開。ヒップホップ、トラップ、ベースミュージックを中心にkineticFIELDとはまた異なる音楽性でオーディエンスを楽しませていました。

世界最高峰,ダンスミュージック,フェスティバル,EDC JAPAN ,ZOZOマリンスタジアム,幕張海浜公園EDC特設会場,

また、MELÉやJOSH WINK、MARCEL DETTMANNらが登場したneonGARDENでは、よりディープなハウスやテクノでオーディエンスは一心不乱に踊り明かし、boomboxARTCARもあらゆるジャンルの音楽で至るところをダンスフロアへと変えていました。

DAY 2

初日同様、2日目12日(日)も天気は快晴。しかも、前日の夏を思わせる暑さが幾分やわらぎ、まさにフェスに最適なコンディションに恵まれ、会場には早々にオーディエンスが集結。

MASON MAYNARDやARTBAT、WAFFらが出演したneonGARDENでは、新旧様々なハウス・テクノの楽曲がオーディエンスを沸かせ、ラストにはPEGGY GOUが今のシーンの潮流を独自に昇華したプレイでフロアを彩ります。一方、cosmicBEACHでは初日に続き、ヒップホップ勢が活躍。

「EDC JAPAN」初登場となるAK-69のライヴではDJ RyowやDJ TY-KOHに加え、ACE1ら数多くの国内気鋭ラッパー、そして般若やANARCHY、ZEEBRAといったレジェンドも続々と登場し、日本のヒップホップシーンにおけるメモリアルなステージに。

さらに、日本でも抜群の人気を誇るアジア屈指のスターJAY PARKとDJのYULTRONが登壇すると、オーディエンスからは一際大きな歓声が。「Forget About Tomorrow」や「Me Like Yuh」、「Solo」など、自身のヒット曲を披露する合間にはYULTRONのDJプレイも織り交ぜられたハイブリッドなステージで大観衆を圧倒。歌って踊るJAY PARKの姿に多くのファンが酔いしれていました。

cosmicBEACHはそれだけではとどまらず、期待の新鋭WHETHANやベースシーンの雄JAUZ、そして稀代のスーパーユニットMAJOR LAZERの凄まじいパフォーマンスに最後まで大熱狂。特にMAJOR LAZERは数多くのアンセムとともに終始オーディエンスを煽り続け、なかでも大ヒット曲「Lean On」の盛り上がりは圧巻でした。

kineticFIELDもALLEN MOCKにBANVOX、そしてBAGGI、OOKAY、MIJAと続々と登場するアクトのプレイに会場のテンションは増すばかり。トランスシーンを⻑らく牽引してきたPAUL VAN DYK、キュートなビジュアルからは想像できないパワフルなプレイでオーディエンスを煽動するALISON WONDERLAND、息のあったB2Bで会場を盛り上げるTCHAMIとMALAA。

そして、とどまることを知らないオーディエンスの熱気を最高潮に引き上げたのはTIËSTO。「WOW」で幕を開けると次々にビッグアンセムが投下され、白熱するkineticFIELD。ヒット曲「Jackie Chan」もさることながら、アグレッシヴかつエモーショナルな終盤の怒濤のマッシュアップにはオーディエンスも大盛り上がり。歓喜に沸くフロアからは「EDC JAPAN 2019」の終了を惜しむ声も聞こえるなか、2日間に渡る祭典を見事に締めくくりました。

過去2回の成功に満足することなく、さらなるジャンルを開拓することで、より多くの音楽ファンを楽しませるとともに、新たな音楽との出会いを提供し、フェスとしての意義を増した「EDC JAPAN 2019」の次なる展開にもご期待ください。

世界最高峰,ダンスミュージック,フェスティバル,EDC JAPAN ,ZOZOマリンスタジアム,幕張海浜公園EDC特設会場,

EDC JAPAN 2019 開催概要

■日程: 2019年5月11日(土)・12日(日)

■場所:ZOZOマリンスタジアム&幕張海浜公園EDC特設会場
■時間:12時開場、12時開演
■主催:INSOMNIAC HOLDINGS,LLC、GMO Culture Incubation
■後援:外務省、観光庁、千葉県、千葉市
■来場者数:8万人(2日間合計)
■出演アーティスト:AK-69 presents Stacked、Alison Wonderland、Andrew Rayel、Armin Van Buuren、Artbat、Awich × kZm & Special Massive Friends 、Baggi、banvox、Bontan、Born Dirty、BRAIN ZAPP、Disk Nagataki、DJ DARUMA & JOMMY、Dosing、Excision、Future、Goldfish、Jauz、Jay Park × Yultron、Josh Wink、Joyryde、Junior Chef、K?D、KEKKE、KSHMR、LAZY BOYS、LISACHRIS、LITTLE DEAD GIRL、Major Lazer、Marcel Dettmann、 Masayoshi Iimori+TREKKIE、 The Antoinettes、TRAX、Mars89、Mason Maynard、 Mat Jr、Melé 、Mija、NIGHT TRAIN、N.O.S.、OKAMOTOREIJI、Ookay、Paul van Dyk、Peggy Gou、Phantoms、RL Grime、SAKUMA、Skrillex、Tchami b2b Malaa、 Tiësto、TroyBoi、 Vick Okada、YOSA & TAAR、YouthQuake、Yukibeb、WAFF、Whethan ※アルファベット順
■特設サイトURL:https://japan.electricdaisycarnival.com/

Electric Daisy Carnival(EDC)をamazonで探す

QiBePlo Electric デイジー カーニバル ロゴ ジム ドローストリング バックパック スポーツバッグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で