1989年のオフコース解散後、プロデュース活動を経てソロとしてアーティスト活動を再開し、いままでに数々の名曲を発表してきた小田和正。今回、配信開始される楽曲は、メガヒットを記録したドラマ『東京ラブストーリー』主題歌「ラブ・ストーリーは突然に」をはじめ、明治安田生命の企業CMソングのほか、数多くのタイアップソングに起用されている「たしかなこと」や、昨年リリースされた「この道を/会いに行く/坂道を上って/小さな風景」など、いままでソロ活動で発表されてきた全シングルとアルバムになります。

小田和正,たしかなこと,キラキラ,ラブ・ストーリーは突然に,AWA,

さらに、オフコース時代の『Still a long way to go』『君住む街へ 1984→1988』など、これまで未配信だったアルバム5作品も配信開始。AWAでは楽曲配信を記念して2019年5月14日(火)より、人気曲を集めたプレイリスト『小田和正のCLASSICS』を公開いたします。

ぜひ、小田和正の軌跡が詰め込まれたプレイリストを「AWA」でお楽しみください。

『小田和正のCLASSICS』

  1. キラキラ
  2. 愛を止めないで
  3. そんなことより 幸せになろう
  4. たしかなこと
  5. この道を
  6. ラブ・ストーリーは突然に
  7. 言葉にできない
  8. 会いに行く
  9. さよならは 言わない
  10. 小さな風景
  11. 今日も どこかで
  12. 風と君を待つだけ
  13. 緑の街
  14. 君にMerry Xmas
  15. 1985
  16. 伝えたいことがあるんだ
  17. ダイジョウブ
  18. YES-YES-YES
  19. woh woh
  20. 恋は大騒ぎ
  21. さよなら
  22. こころ

プレイリスト

小田和正

1969年オフコース結成。翌70年、プロとして音楽活動を開始、「愛を止めないで」「さよなら」「言葉にできない」などのヒット曲を発表。82年には日本武道館連続10日間公演を実施。日本の音楽シーンに様々な記録を残しつつ、89年2月、東京ドーム公演を最後にオフコース解散。その後、プロデュース活動を経てソロとしてアーティスト活動を再開。91年に発表したシングル「ラブ・ストーリーは突然に」は270万枚を超える大ヒット作となった。映画やテレビ特番などの映像監督としても活躍し、これまでに「いつか どこかで」(92年)、「緑の街」(98年)の2本の映画監督作品を発表している。

2001年からは毎年12月に「クリスマスの約束」(TBS)と題した音楽特番を放映し好評を博している。2002年に発表したベストアルバム「自己ベスト」は、出荷数300万枚を越え、発売から足掛け11年で500週のランクイン(=TOP300入り)を果たす史上初の快挙を成し遂げている。2011年4月20日、オリジナル・アルバム『どーも』発表。業界紙オリコンにてチャート1位を獲得。2016年4月20日、オールタイムベスト「あの日 あの時」を発表。アルバム1位を獲得し最年⻑記録を更新した。

2018年、40万人動員全国アリーナ古希ツアー「KAZUMASA ODA TOUR2018」(全国21会場 48公演)を実施。いよいよ10月31日 横浜アリーナにてツアーファイナルを迎えた。※6月20日、21日の大阪公演は2019年1月8日、9日に延期更に『Kazumasa Oda Tour 2019 ” ENCORE!! ENCORE!!”』(全国8会場16公演・約15万人動員)を発表し、古希を迎え、今も尚制作、ライブとますます精力的に活動を続けている。

サブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービス「AWA(アワ)」 

小田和正 をamazonで探す

小田和正コンサート“どーもどーも

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で