2018年カナダでスマッシュヒットを記録した『さよなら、退屈なレオニー』は、自分がやりたいことも自分の居場所もみつからない、カナダの小さな街に住む17歳の少女レオニーの物語。

さよなら退屈なレオニー,レオニー,スティーヴ,青春映画
©CORPORATION ACPAV INC. 2018

監督はカナダの新鋭、セバスチャン・ピロット。前作『The Dismantling』(13)は、カンヌ国際映画祭<SACD賞>や、トロント国際映画祭<国際映画批評家連盟賞>を受賞するなど、カナダ映画界の新世代として注目を集める。

レオニーを演じるのはカレル・トレンブレイ。2015年のトロント映画祭で「未来を担うひとり」に選ばれ、2018年東京国際映画祭で(原題『蛍はいなくなった』として)上映され、輝きを放つ若手キャストに贈られる<ジェムストーン賞>を受賞している。今の世の中に居場所が見つけられない若者達、そして、大人達にささやかな勇気を与えてくれる青春映画の傑作が誕生した。

この度解禁する本編映像は、レオニーとスティーヴが、何気ない会話をしながら犬の散歩をするシーン。ギターを習うことになったレオニーだが、なぜかギターそっちのけで散歩に行くことになった二人。

さよなら退屈なレオニー,レオニー,スティーヴ,青春映画
©CORPORATION ACPAV INC. 2018

スティーヴと犬の散歩をしながら2人の住む街の話をするレオニーは、この街のことを「ゾンビだらけの死んだ街よ。イライラする人ばっか」と不満をぶちまけ、それをなだめるスティーヴ。足が悪い母の代わりに犬の散歩をするスティーヴに「男らしくない」と言いつつも「優しい息子なのね」とレオニー、スティーヴは「君はめんどくさそうだ」と軽口をたたき合う二人。

肩を並べて歩く姿は親子に近いものを感じるが、親子でも恋人でも、ギター講師と生徒でもない2人の不思議な関係性がどうなっていくのかも気になるところ。

ここじゃないどこかを求めイラついてばかりの少女レオニーが、彼女を優しく受け入れるスティーヴと出会うことで少しずつ変わっていく、その始まりを捉えたシーンとなっている。

さよなら退屈なレオニー,レオニー,スティーヴ,青春映画
©CORPORATION ACPAV INC. 2018

あの頃の<きらめき>と<痛み>がよみがえる、ひと夏の泡沫青春ダイアリー。

<STORY>

カナダ・ケベックの海辺の街で暮らす17歳の少女、レオニー。高校卒業を一ヶ月後に控えながら、どこかイライラした毎日を送っていた。退屈な街を飛び出したくて仕方ないけれど、自分が何をしたいかわからない。口うるさい母親も気に入らないが、それ以上に母親の再婚相手のことが大嫌い。レオニーが唯一、頼りにしているのは離れて暮らす実の父親だけだった。
そんなある日、レオニーは街のダイナーで年上のミュージシャン、スティーヴと出会う。どこか街になじまない雰囲気を纏うスティーヴに興味を持ったレオニーは、なんとなく彼にギターを習うことに…。夏が過ぎていくなか、あいかわらず、口論が絶えない家庭、どこか浮いている学校生活、黙々とこなす野球場のアルバイト、それから、暇つぶしで始めたギター…毎日はつまらないことだらけだが、レオニーのなかで少しずつ何かが変わり始めていた。

『さよなら、退屈なレオニー』

監督:セバスチャン・ピロット
出演:カレル・トレンブレイ/ピエール=リュック・ブリラント
2018年/カナダ/英題:The Fireflies Are Gone/96分/ビスタ
配給:ブロードメディア・スタジオ
©CORPORATION ACPAV INC. 2018 
http://sayonara-leonie.com

6月15日(土) 新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

青春映画 をamazonで探す

コールマン(Coleman) アウトドアワゴン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で