東北新社 STAR CHANNEL MOVIES配給の『クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅』が、6月7日(金)より 新宿ピカデリーほか全国公開いたします。このたびキャストインタビュー映像が到着いたしました。

映画,クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅,

インドの貧困地域で育った青年アジャは、母の死をきっかけに1枚の偽札を手に憧れのインテリアショップがあるパ リへやってきた。閉店後、店内のクローゼットで一晩を明かすことを決めたアジャだったが、信じられないことにク ローゼットがトラックで搬出されてしまう!!!

知らぬうちに奇想天外な旅へと巻き込まれたアジャの運命やいか に・・・!?世界を知らない青年が、ハプニング連続の世界旅行を続けるなかで様々な出会いを通じて成長していく本作は、30ヶ国以上の出版社に翻訳権が販売されたフランスの人気小説。

フランスとインド、ベルギーの共同制作に よって映画化された本作の監督はケン・スコットが務め、世界各国を飛び回り撮影が行われた。主人公アジャ役にはイ ンド映画界のスターで、かのラジニカーントの娘婿としても知られるダヌーシュが抜擢。アジャが旅で出会う人々にベ レニス・ベジョ、エリン・モリアーティ、バーカッド・アブディ、ジェラール・ジュニョなどの実力派俳優らが世界15か国 から集結し、観る人を世界の旅へといざなうとびきりハッピーな物語が完成した!

ダヌーシュ&ベレニス・ベジョ&エリン・モリアーティ “最高のシーンが撮れたわ”とケン・スコット監督を大絶賛! 監督がキャストとじゃれ合い踊り出すハッピーな現場の様子

このたび、本作のキャストである、ダヌーシュ、ベレニス・ベジョ、エリン・ モリアーティが監督について語るインタビュー映像が到着いたしまいた。 主人公アジャを演じたダヌーシュは監督のことを「友好的な人」と表現。

「俳優にとって嬉しいことは、的確な指示を出してくれて役に導いてくれ る監督と働くことだ」と語り、一緒に働けて光栄だったと大絶賛。アジャ が旅先で出会う大女優役を演じたベレニス・ベジョは監督とは旧知の仲で、「すべてのテイクは異なっていて、撮影が終わったあと“最高のシー ンが取れたわ”って思うこともあった」と振り返り、監督とはしゃぎ合う一 幕も。

そして「魅力的で思いやりがあるうえに挑戦的」と監督について語 るのはヒロインを演じたエリン・モリアーティ。監督は「作品で何を撮りたいか明確なイメージを持っている」と語 り、また、「役者が役に入り込むのを助けることでよい作品ができると知ってる人」とその手腕を称賛。 映像では監督がノリノリで身振り手振りし、ときには踊りだしながらキャストと交流する姿も。監督の演技指導は 的確ながらも、楽しい撮影現場の様子が伝わってくるキャストインタビュー動画となっています。

STORY

インドからパリへやってきた青年アジャは、憧れのインテリアショップでひょんなことからクローゼットに閉じ込められ、世界 中を旅することに!?イギリス、スペイン、イタリア、リビア・・・国籍や人種を超えた出会いを経て、アジャが見つけた大切なものとは?

原題:The Extraordinary Journey of the Fakir
原作:ロマン・プエルトラス「IKEAのタンスに閉じこめられたサドゥーの奇想天外な旅」(小学館文庫/吉田恒雄 訳) 監督:ケン・スコット(『人生、ブラボー!』)
出演者:ダヌーシュ、ベレニス・ベジョ(『アーティスト』)、エリン・モリアーティ(『はじまりへの旅』)、バーカッド・アブディ(『キャプテ ン・フィリップス』)、ジェラール・ジュニョ(『バティニョールおじさん』)

上映時間:96分/サイズ:シネスコ/
言語:英語 配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
コピーライト:©2018 Copyright BRIO FILMS-SCOPE PICTURES-LITTLR RED CAR-TF1 AUDIOVISUELS-SONY PICTURES ENTERTAINMENT FRANCE All rights reserved. Brio Films @Sébastien Bossi
公式サイト:http://clotabi-movie.jp/

STAR CHANNEL MOVIESとは

“STAR CHANNEL MOVIES”は、“映画館でもTVでもスターチャンネルが 厳選した良作を”をコンセプトに、映画エンターテインメントサービスの「BS10スターチャンネル」が、映画本来の魅力が 詰まった良質の作品を、世界中から厳選してお届けするラインナップです。

6月7日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開

ベレニス・ベジョをamazonで探す

ライカ D-LUX7

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で