カナダに住む17 歳の少女レオニーの、ひと夏の成長を描く青春映画『さよなら、退屈なレオニー』が、6/15(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。

カナダ,17歳,少女レオニー,ひと夏,青春映画,さよなら、退屈なレオニー,
©CORPORATION ACPAV INC. 2018
カナダ,17歳,少女レオニー,ひと夏,青春映画,さよなら、退屈なレオニー,
©CORPORATION ACPAV INC. 2018

2018年カナダでスマッシュヒットを記録した『さよなら、退屈なレオニー』は、自分がやりたいことも自分の居場所もみつからない、カナダの小さな街に住む 17 歳の少女レオニーの物語。

監督はカナダの新鋭、セバスチャン・ピロット。前作の『The Dismantling』(13)は、カンヌ国際映画祭や、トロント国際映画祭<国際映画批評家連盟賞>を受賞するなど、カナダ映画界の新世代として注目を集める。レオニーを演じるのはカレル・トレンブレイ。2015 年のトロント映画祭で「未来を担うひとり」に選ばれ、2018 年東京国際映画祭で(原題『蛍はいなくなった』として)上映され、輝きを放つ若手キャストに贈られる<ジェムストーン賞>を受賞している。

この度解禁する本編映像は、レオニーが父親に普段抱える不安や苛立ちを吐露するシーン。習い始めたばかりのギターを得意げに披露してご機嫌なレオニーに父親が「学校はどうだ?」と質問すると、表情が一変。

カナダ,17歳,少女レオニー,ひと夏,青春映画,さよなら、退屈なレオニー,
©CORPORATION ACPAV INC. 2018

「みんなムカつく、何もかも気に入らない、イラつくの。」と周囲への不満をぶちまける。その一方で「人生を冷めた目で見るのは疲れる、みんなを好きになれたらラクなのに憎しみにあふれて怒ってばかり」とやり場のない不安や苛立ちに苦しんでいることを吐露する。

唯一気を許せる実の父親だからこそ普段言えずに抱え込んでいた気持ちを打ち明けるレオニー。17 歳という大人でも子供でもない時期特有の不安定な状況に立ち向かうレオニーの姿は、今の世の中に居場所が見つけられない若者達を勇気付け、大人達にはいつかのきらめきや痛みを思い出させるかもしれない。

あの頃の<きらめき>と<痛み>がよみがえる、ひと夏の泡沫青春ダイアリー。

STORY

カナダ・ケベックの海辺の街で暮らす 17 歳の少女、レオニー。高校卒業を一ヶ月後に控えながら、どこかイライラした毎日を送っていた。退屈な街を飛び出したくて仕方ないけれど、自分が何をしたいかわからない。口うるさい母親も気に入らないが、それ以上に母親の再婚相手のことが大嫌い。レオニーが唯一、頼りにしているのは離れて暮らす実の父親だけだった。
そんなある日、レオニーは街のダイナーで年上のミュージシャン、スティーヴと出会う。どこか街になじまない雰囲気を纏うスティーヴに興味を持ったレオニーは、なんとなく彼にギターを習うことに…。夏が過ぎていくなか、あいかわらず、口論が絶えない家庭、どこか浮いている学校生活、黙々とこなす野球場のアルバイト、それから、暇つぶしで始めたギター…毎日はつまらないことだらけだが、レオニーのなかで少しずつ何かが変わり始めていた。

監督:セバスチャン・ピロット
出演:カレル・トレンブレイ/ピエール=リュック・ブリラント
2018年/カナダ/
英題:The Fireflies Are Gone/96分/ビスタ
配給:ブロードメディア・スタジオ
©CORPORATION ACPAV INC. 2018
http://sayonara-leonie.com

6 月 15 日(土) 新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

青春映画 をamazonで探す

コールマン(Coleman) アウトドアワゴン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で