今回公開されたプレイリストは、2019年6月5日(水)にリリースしたデビューミニアルバム『EASTOKLAB(イーストオーケーラボ)』の配信を記念して作成されたもので、メンバーが“おすすめのエレクトロサウンド”をテーマに楽曲をセレクトしています。

イーストオーケーラボ,期待のニューカマー,EASTOKLAB,エレクトロサウンド,AWA,

本作にも収録の「Fireworks」をリード曲に、今年の『SUMMER SONIC 2019』に出演するCHVRCHESの「Gun」や、美しいエレクトロニカサウンドにシルキー・ヴォイスが融合したHenry Greenの「Shift」など、さまざまな装いを魅せるエレクトロサウンドを選曲しています。

メロディに寄り添う流麗なボーカルとファルセットの美しさで独時の世界観を提示する、EASTOKLABのデビューミニアルバム『EASTOKLAB』とプレイリストを合わせてお楽しみください。

また、AWA公式Twitterでは、EASTOKLABのサイン入りステッカーがあたるプレゼントキャンペーンも実施中。AWA公式Twitterの指定の投稿をリツイートし、本アカウントをフォローされた方の中から抽選でプレゼントいたします。

AWA公式Twitter 投稿

『Selected by EASTOKLAB:おすすめのエレクトロサウンド』

  1. Fireworks / EASTOKLAB
  2. 16 Years / Phantogram
  3. Gun / CHVRCHES
  4. In Boredom / EASTOKLAB
  5. Foreign Affair / Garden City Movement
  6. DOORS (calm’s remastering) / deadbundy
  7. Passage / EASTOKLAB
  8. Two Windows / Lali Puna
  9. Shift / Henry Green
  10. Always / EASTOKLAB
  11. Nana / Polo & Pan
  12. Our Younger Noise / Letting Up Despite Great Faults
  13. New Sunrise / EASTOKLAB
  14. Heartsdelay / OUTATBERO
  15. Tape Machine / STRFKR
  16. Tumble / EASTOKLAB

プレイリスト

EASTOKLAB(イーストオーケーラボ)

エレクトロ、シューゲイズ、ドリームポップ、ミニマルミュージック、ベースミュージック、オルタネイティブ、ロックなど、さまざまなアレンジの手法を持ちジャンルを飛び越えたサウンドを鳴らす期待のニューカマー。メロディに寄り添う流麗なボーカルとファルセットの美しさで独時の世界観を提示。軽やかなリズム、浮遊感溢れるギターとシンセサイザーは壮大なサウンドスケープを描く。

ライブでは多数の機材をコントロールしながらも、同期系機材やループシステムを一切排除した人力ならではアプローチを追求している。結成当初にリリースした会場限定カセットテープは完売、配信(Bandcamp)では海外からもオーダーを受け、アメリカのラジオ(DKFM)にてオンエアされるなど反響を得る。

現在までに、The Eversons(AU), Rah Rah(CA), The Elwins(CA), FRUSTRATION(FR), Bright like the Sun(US)VOOID(TW),Ryder Havdale(CA)等のジャパンツアーにサポートアクトとして抜擢。名古屋のサーキットイベント『IMAIKE GO NOW』では3年連続で異例の2日間出演が決定するなど名古屋の音楽シーンを盛り上げるべく活動をしている。2019年6月5日、DAIZAWA RECORDS / UK.PROJECTよりミニアルバム『EASTOKLAB』をリリース。

「AWA(アワ)」

EASTOKLAB(イーストオーケーラボ)をamazonで探す

コールマン(Coleman) アウトドアワゴン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で