春に引き続き、米女優 ジュリア・ガーナー、セイディ・シンク、キキ・レインが、ブランドのヒロインとして出演

クリエイティブディレクターのニコラ・グラスは、 fall 2019 collectionにおいても、 デビューコレクションのspring 2019 collectionにて発表したブランド本来の価値であるOptimistic Femininity(前向きな女性らしさ)の表現に注力しました。

ケイト・スペード ニューヨーク,英国人写真家,ティム・ウォーカー,ジュリア・ガーナー,セイディ・シンク,キキ・レイン,#ラブインスペード,FALL 2019,キャンペーン,KATE SPADE NEW YORK

女優のジュリア・ガーナー (代表作“Ozark”)、セイディ・シンク (“Stranger Things”) と キキ・レイン (“If Beale Street Could Talk”)は、spring 2019に引き続きfall 2019 collectionのブランドのミューズとして出演します。

物語性の高いシュールレアリスティックな技法を用いた作品で知られる、 英国人写真家のティム・ ウォーカー氏が、 今季もキャンペーンを撮影しました。 ティム・ウォーカー氏は1999年から2006年の長きに亘り、ブランドの創始者であるケイト&アンディ・スペード夫妻のもとブランドのメインビジュアルを撮影してきましたが、2019年よりニコラ・グラスのラブコールを受けてコラボレーションを再開しました。撮影はロンドンで行われ、 スタイリングはサラ・ムーン氏です。

ニコラ・グラスは、 「今シーズン、私は、狂気なほどグラマラスな女性のクローゼットを想像することから始め、そこにあなたのものにもできそうな、リッチで折衷的な提案を込めました。そして、fall 2019の創作過程では、 女性の服の起源よりも、 それが行き着くところに興味を抱きました。女性のクローゼットにはいつだって宝物がいくつも潜んでいて、 それらをユニークに組み合わせながらその時代のルックが完成するさまを楽しみました。 クローゼットの持ち主には、 生まれながらにエフォートレスで、フェミニンでスピリットのある女性を心に描きながら。 そこには気負わないしなやかな感性をもった、 今の時代のグラマラスがあると信じています。 」と語ります。

今シーズンも、 新たに丁寧に考慮を重ね、 そして洗練されたデザインと技術を用いてコアコンセプトを進化させています。 fall 2019 collectionのハンドバッグでは、これまでのコアグループに新しいカラーやテクスチャーの提案を加えたものだけでなく、よりセンシュアルで洗練された新しいスタイルも発表します。

プリントも引き続き重要なエレメントであり、特にニュートラルなカラーパレットから驚きのあるカラーコンビネーションのものまで、レオパードやスネーク、クロコダイルなどのアニマルプリントは、 今季のムードを語るうえで欠かせません。豊かな色彩のカラーブロッキングも特徴的に使われており、 意外性を発見する喜びを提供します。

ニコラ・グラスは、 彼女の洗練されたデザインと技術を込めて、 レディトゥウェアにおいてもより価値のあるアイテムを提案します。 シャープなテイラリングのスーツやブラウスがある一方で、 大胆なヘムラインが美しいドレスはミニでもマキシでも登場します。 タイツやターバンなどのファッションアクセサリーも重要な役割を担っており、 リッチなテクスチャー、 プリント、 カラーがコレクションに生き生きとした活気を与えます。 そしてスペードは、 もちろんすべてのカテゴリーにおいて時に大胆に時にささやかに、 プリントやハードウェアとして登場します。

fall 2019 HERO BAG

NICOLA:
nicolaは、 ニコラ・グラスがkate spade new yorkのためにはじめてデザインしたバッグで、 丸みをおびたソフトなストラクチャーがフェミニンな印象を与えながらも、 強くグラフィカルなハードウェアが特徴。 fall 2019には、 深みのあるソリッドカラーやバイカラーのほかに、 レオパードプリントのグリッターや ヘアカーフ、 スネークエンボスなどのニューフェイスが加わります。

CANDID:
candidは、 プレイフルでファンクショナルなカメラバッグ。 バッグのボディ同様にマルチカラーのスポーティーなストラップが特徴。 多彩なカラーバリエーションと素材も魅力で、 fall 2019collectionでは8つの色柄を展開。

ROMY:
romyは、 前身頃はぺブルレザー、 後姿はスムーズレザーという質感の異なるレザーコンビーションからなるトップハンドル バッグ。 ブラック・チェリーウッド・ベージュなどのニュートラルや、 ペパーミント・オレンジなどのソリッドカラーのほかに、 リッチなヘアカーフのレオパード、 大胆なスネークエンボスなど、 fall 2019 collectionでは9色を展開。 ひと回り小さなromy croc embossed mini top handleも4色を展開。

ABOUT KATE SPADE NEW YORK(ケイト・スペード ニューヨーク)

1993年に6つの代表的なハンドバッグとともに登場したケイト・スペード ニューヨークは、 どんなときもoptimistic femininity(前向きな女性らしさ)を称賛してきました。 今日では、 人生とスタイルを豊かにするハンドバッグはもちろんのこと、 アパレル、 シューズ、 ジュエリー、 アイウエア、 テックアイテム、 フレグランス、 チルドレン、 そして毎日の生活を彩るあらゆるアイテムを提案するグローバルブランドに成長しました。 私たちは考え抜かれたデザインに価値を感じます。 洗練されていながらも気負わないスタイル(と気分)こそが最高にシックだと信じています。 そして、 モダンで洗練された色使いが私たちのスタイルを特別なものに仕上げます。 そこに気付けるかどうか、 それが他の誰でもないあなただけのパーソナルなスタイルを創る鍵だと言えます。 なぜなら私たちに とって、 ファッションを楽しむことと人生の喜びは同義だからです。 ケイト・スペード ニューヨークはタペストリー・インクのブランドです。

ABOUT TIM WALKER(ティム・ウォーカー)

1970年、 イギリスのサリー州生まれのフォトグラファー。 大がかりなセットを使った幻想的なビジュアルで知られる。 エクスターアート カレッジでアートと写真を学び、 1994年に卒業後にNYに移住。 1995年からリチャード・アヴェドンのアシスタントを務め、 25歳で行ったイギリス版VOGUEにて初のファッションストーリー撮影から本格的なキャリアをスタート。 多くのヴィジュアル誌やブランドの広告キャンペーンを手がける。 現在では、 世界中で最も影響力のあるファッションフォトグラファーの一人と評されている。 2017年に発売されたBjörk (ビョーク)の新曲のミュージックビデオ「Blissing Me」の監督を務めるなど、 活動の幅を広げている。

お客様お問い合わせ先:
ケイト・スペード カスタマーサービス
Tel: 050 5578 9152

ラブインスペード #ケイトスペード #ケイトスペードニューヨーク

https://www.katespade.jp/

【リリース】株式会社PR TIMES



TIM WALKER(ティム・ウォーカー) をamazonで探す

KATE SPADE NEW YORK(ケイト・スペード ニューヨーク)をamazonで探す

[ケイト・スペード] CAMERON STREET SMALL LOTTIE ハンドバッグ ショルダーバッグ 無地 レディース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で