「AbemaTV」オリジナル クレイジー“狂愛”ドラマ「奪い愛、夏」第2話より挿入歌に倖田來未「好きで、好きで、好きで。」が決定。抑えきれない一途な愛を盛り上げる。

奪い愛、夏,挿入歌,倖田來未,好きで、好きで、好きで。,一途な愛,AbemaTV,
©AbemaTV

無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」において、2019年8月8日(木)よる11時より放送が開始した、水野美紀さん主演オリジナル連続ドラマ『奪い愛、夏』の挿入歌が倖田來未さんの『好きで、好きで、好きで。』に決定。

『奪い愛、夏』は、主演の水野美紀さんとともに、鬼気迫る演技に定評のある小池徹平さんと松本まりかさんの”豪華怪演陣”が一挙に集結し、「AbemaTV」だからこそ描ける、危険な愛のトライアングルに挑む、クレイジー“狂愛”ドラマです。

このたび挿入歌に決定した倖田來未さんが歌う『好きで、好きで、好きで。』は、どうしようもなく好きで仕方がないという一途な想いを綴った楽曲で、一度聴いたら忘れないサビが印象的な大人気ラブバラードです。本ドラマでも登場人物それぞれの抑えきれない一途な愛を描いており、挿入歌がその世界観をより盛り上げます。

『奪い愛、夏』の挿入歌決定にあたって、倖田來未さんからは「AbemaTV『奪い愛、夏』の挿入歌に「好きで 好きで 好きで」を選んで頂きありがとうございます!!実はこの曲は、当時”今の時代”にあっていないのではないかと思い、2年間程お蔵入りになっていました。ですが、メロディーもすごく良く倖田來未らしい曲だと思い、2年越しにリリースさせて頂いた曲です!こうして何年経っても愛される楽曲になっていて、お蔵入りにせず、リリースして良かったです! まだ第2話ということで、この先どうなっていくのか気になりますね。私もチェックさせて頂きます!」とコメントが寄せられています。

すでに8月8日(木)に放送された初回放送では、「AbemaTV」オリジナルドラマの中で1位の視聴者数となり、初回とは思えない怪演や濃厚なラブシーンの数々、急展開で進むストーリー展開にはSNSなどを中心に大きな反響を呼んでいます。

危険な愛の駆け引きに胸が高鳴り、その怪演に心が震える、日本ドラマ史上もっとも過激なクレイジー“狂愛“ドラマ!!この夏、恋愛ドラマの常識が変わるような本作品をぜひお楽しみください。

Instagramアカウント『監視日記』

https://www.instagram.com/sakura_kanshi/

『奪い愛、夏』番組概要

奪い愛、夏,挿入歌,倖田來未,好きで、好きで、好きで。,一途な愛,AbemaTV,
©AbemaTV

放送日程: 8月8日(木) よる11時~
放送チャンネル:AbemaSPECIAL
第1話 『1億円で私と結婚しなさい!』
第2話 『裏切ったら…許さないから!!』

脚本:鈴木おさむ
監督:
小松隆志
樹下直美
編成プロデューサー:谷口達彦(AbemaTV)
プロデューサー:
小路美智子(MMJ)
伊藤正昭(MMJ)

企画協力:
横地郁英(テレビ朝日)
川島誠史(テレビ朝日)
浜田壮瑛(テレビ朝日)
制作プロダクション:MMJ
制作著作:AbemaTV
キャスト:
水野美紀(花園桜役)
小池徹平(桐山椿役)
松本まりか(空野杏役)
小手伸也(土筆肇)
田中みな実(井川瞳)

菅原大吉
朝加真由美
大谷亮介
箕輪厚介

松岡里英
伊原葵
佐分利眞由奈
濱田准
吉本裕介
織田美織

『奪い愛、夏』イントロダクション

「ここにいるよー!!」
その名台詞と怪演で”ホラー映画よりも怖い””全員ブッ壊れすぎ”とネットで大きな話題になった『奪い愛、冬』が、パワーアップして帰って来る! 前作よりも狂気度 200%アップ、1 話からトップスピードの主演・水野美紀と、鬼気迫る演技に定評がある小池徹平、松本まりかの”豪華怪演陣”が一挙に集結、「AbemaTV」だからこそ描ける、危険な愛のトライアングルに挑む。「1 億円で私と結婚しなさい!!」

敏腕女社長・花園桜(水野美紀)からの突然の提案。だが桐山椿(小池徹平)には同じ広報部に勤める彼女・空野杏(松本まりか)がいた。桜の執拗な監視の目をくぐり抜けながら彼女との逢瀬を重ねるも、その関係に気づいた桜が、とんでもない行動を取り始める……。
危険な愛の駆け引きに胸が高鳴り、その怪演に心が震える、日本ドラマ史上もっとも過激なクレイジー”狂愛”ドラマ。
この夏、恋愛ドラマの常識が変わる……。

1話ストーリー

マッチングサービス「ラブネクスト」で広報部に所属する桐山椿(小池徹平)は、同じ部の空野杏(松本まりか)と恋に落ちた。「会社では秘密」という杏の条件の中、交際を始める二人。
椿の実家は日本橋で和菓子屋を営んでいた。だが父親が 1 億円の借金を抱え、店を手放さなくてはならない状況に陥ってしまう。返済期限が迫るも、椿にはどうしようもない。
そんなある夜、一人で夜道を歩いていた椿の元にラブネクスト社長の花園桜(水野美紀)が現れ、いきなりキスをされる。桜は「私はビジネスだけじゃなくて、キスも一流よ」と言い放ち、明日社長室に来なさいと椿に命令する。翌日、社長室を訪れた椿を待っていたのは、桜からの驚くべき提案だったーー。

2話ストーリー

桜(水野美紀)と結婚した椿(小池徹平)だが、杏(松本まりか)と別れることができず、まだ引き払っていない部屋で逢瀬を重ねていた。椿は同じ広報部の姜(テジュ)にだけ、杏と付き合っていることを打ち明ける。
ある日、椿は桜からブラックカードを手渡され、個人の銀行口座は今週中に解約しなさいと迫られる。住んでいた部屋も解約させられ、途方に暮れる椿。
そんな中、桜が 3 日間シンガポールに出張することに。ここぞとばかりに椿は杏を旅行に誘う。伊豆の温泉旅館で、愛をたしかめ合う二人。だがそこに桜から突然の電話が。急用で急遽日本に戻り、今、保養所を作るために伊豆に来ているという。急いで逃げようとする二人の前に、桜の姿が……。

登場人物

●花園桜(水野美紀)
年商 100 億円の 40 代向けのマッチングアプリ会社「ラブネクスト」42 歳の女社長。会社のイメージアップのため、
条件がマッチした男性を探し、目的のためなら手段を選ばない。

●桐山椿(小池徹平)
ラブネクスト広報部、元読者モデルのイケメン社員。実家は老舗和菓子屋で、現在経営難である。さわやかで社
内からの信頼も厚い。

●空野杏(松本まりか)
ラブネクストの美人広報。会社のメンバーには内緒で椿と社内恋愛中。純粋無垢で、誰からも嫌われない女性。

●土筆肇(小手伸也)
ラブネクスト社長秘書。桜にゴミ溜めから拾ってもらったド M。”ご褒美”をもらうため、今日も桜のために暗躍する。

●井川瞳(田中みな実)
ラブネクスト広報部、杏の同僚であり親友。社内事情・恋愛事情に詳しいミーハー女子で、杏の良き相談相手。

倖田來未 をamazonで探す

倖田來未 プロデュース香水 ラブノート / LOVE NOTE

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で