世界が注目するクリエイター ジェイソン・ブラム×リー・ワネルが贈る SF アクション『アップグレード』(10 月 11 日(金)より渋谷シネクイント、新宿シネマカリテにて公開)の予告編とポスタービジュアルを解禁。(配給:パルコ)

世界が注目する,クリエイター,ジェイソン・ブラム,リー・ワネル,SFアクション,アップグレード,

『ゲット・アウト』、『セッション』、『ブラック・クランズマン』などアカデミー賞®作品から『パラノーマル・アクティビティ』シリーズ、『インシディアス』シリーズ、『ハロウィン』などのホラー作品まで手掛ける気鋭のプロデューサー ジェイソン・ブラムと『ソウ』シリーズの脚本や出演、『インシディアス 序章』で監督デビューを果たした多才なクリエイター リー・ワネルがタッグを組み、全く新しい SF アクションを誕生させた!AI の力で人間を超越した身体能力を手に入れる男グレイ・トレイスを『プロメテウス』、『スパイダーマン:ホームカミング』のローガン・マーシャル=グリーンが演じる。

近未来、愛する妻と平穏な日々を送っていた男グレイは、突然現れた謎の組織により幸せを奪われる。妻は殺され、自身は全身麻痺となってしまう。実験的に巨大企業の科学者によってグレイに埋め込まれた AI(人工知能)チップ、“彼”の名前は「STEM」。

AI の力で全身麻痺を克服し、人間を超越した身体能力を手に入れたグレイは脳内で会話
する相棒「STEM」とともに、妻を殺害した謎の組織に復讐を誓う―。

2018 年のサウス・バイ・サウスウエストのミッドナイターズ部門、そして第 51 回シッチェス・カタロニア国際映画祭オフィシャル・ファンタスティック・コンペティション部門ともに<観客賞>を受賞した。

この度公開する予告編では、全身麻痺となった男グレイが AI(人工知能)チップ“STEM”を体に埋め込み、妻を殺した謎の組織を次々と常人離のアクションで倒していくさまがスタイリッシュに描かれる!まるでマシンのような動きに合わせ、縦、横と画面を切り替えることによって、これまで見たことのないまさに“ハイ・ディメンション=高次元”なアクションシーンの連発に目が離せない!

「俺は忍者だ」と言うグレイに対し「私は最新の技術であり忍者ではない」と脳内で冷静にツッコミを入れる相棒“STEM”とのやりとりがどこかコミカルに描かれている。その“STEM”に体を操る許可を出さないと驚異的な身体能力を使えないということもわかり、果たしてグレイの復讐は果たせられるのか?そして、謎の組織の正体とは!?

ポスタービジュアルも、「復讐が、〈起動〉する―。」というキャッチコピーとともにグレイの顔が半分不自然にぶれており、どこにも姿のない“STEM”の存在を確かに感じさせ、人間と AI の共存を表現している。

公式 YouTube リンク

公式 Twitter:@UPGRADE_MOVIE

アップグレード STORY

近未来。グレイ・トレイス(ローガン・マーシャル=グリーン)は妻のアシャ(メラニー・バレイヨ)と仲睦まじい日々を送っていた。しかしある日、謎の組織に襲われ、最愛の妻を失い、自身も全身麻痺の重症を負ってしまう。失意の中、巨大企業の科学者がある提案をされる。彼の目的は、実験段階にある「STEM」と呼ばれる最新の AI チップを人体に埋めることだった。
手術の結果、グレイは再び体を動かすことができるようになる。そればかりか、「STEM」に身をゆだねると人間離れした動きができるようになり、人間を超越した身体能力を手に入れてしまう。さらに、「STEM」は頭の中の相棒としてグレイと対話するようになる。身体能力を<アップグレード>されたグレイは手に入れたこの力を駆使して「STEM」と共に妻を殺害した組織に復讐を誓うのだがー。

監督・脚本:リー・ワネル
製作:ジェイソン・ブラム
出演:ローガン・マーシャル=グリーン、メラニー・バレイヨ、スティーブ・ダニエルセン、アビー・クレイデン、ハリソン・ギルバートソン、ベネディクト・ハーディほか
2018 年/アメリカ/カラー/スコープサイズ/英語/
原題:UPGRADE/95 分
© 2018 UNIVERSAL STUDIOS
配給:パルコ
宣伝:スキップ
https://twitter.com/upgrade_movie

リー・ワネル監督 をamazonで探す

いまこそ知りたいAIビジネス 石角 友愛

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で