女性指揮者のパイオニア、アントニア・ブリコの半生を描いた映画『レディ・マエストロ』が9月20日(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国公開。

レディ・マエストロ
レディ・マエストロ

自分の信念や志を実現するために、世間を巻き込み戦った実在する女性の人生を描いた、実話をもとにした作品が続けて公開される。女性指揮者のパイオニア、アントニア・ブリコは「女性は指揮者になれない」という偏見と戦い、ジャーナリストのメリー・コルヴィンは世界の紛争地帯へと世間の関心を向けさせるために戦った。困難な状況でも決して諦めることのなかった、そんな“戦う女性”の映画2作品を紹介。

映画『レディ・マエストロ』(9/20公開)

1926年、ニューヨーク。『女性は指揮者になれない」と言われた時代に、オランダからの移民アントニアは誰にも負けない音楽への情熱で指揮者になる夢を諦めない。出生の秘密、恋人の裏切り、女性指揮者への激しいバッシングなど、彼女を襲う様々な困難を乗り越えていく。女性指揮者のパイオニア、アントニア・ブリコの半生を数々の名曲と共に奏で、勇気と感動と驚きに満ちた実話。

映画『プライベート・ウォー』(9/13公開)

プライベート・ウォー
プライベート・ウォー

実在の女性記者メリー・コルヴィンの半生を、「ゴーン・ガール」のロザムンド・パイク主演で映画化。イギリスのサンデー・タイムズ紙の戦争特派員として活躍していたアメリカ人ジャーナリストのメリー・コルヴィンは、2001年のスリランカ内線の取材中に銃撃戦に巻き込まれ左目を失明する。黒い眼帯を付け、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しみながらも、紛争地域の現状を全世界に伝えるため、2012年、砲弾の音が鳴り響くシリアからライブ中継をスタートさせる―。
http://privatewar.jp/

『レディ・マエストロ』STORY

1926年、ニューヨーク。オランダからの移民アントニアは、指揮者になるためならどんな困難にも挑むと決めていた。「女性は指揮者になれない」と言われながらも、音楽への情熱だけは誰にも負けなかったアントニアは、ナイトクラブでピアノを弾いて稼いだ学費で、音楽学校に通い始める。だが、ある“事件”から退学を余儀なくされ、引き留める恋人を置いて、アムステルダムからベルリンへ。遂に女性に指揮を教えてくれる師と巡り合う。憑かれたようにレッスンに没頭するアントニアだったが、出生の秘密、恋人の裏切り、女性指揮者への激しいバッシングなど、次々とアクシデントが襲い掛かるー。

監督・脚本:マリア・ベーテルス 
出演:クリスタン・デ・ブラーン、ベンジャミン・ウェインライト、スコット・ターナー・スコフィールド
2018年/オランダ映画/英語・オランダ語/カラー/シネスコ/5.1ch/139分/DCP/G/
英題:The Conductor/
日本語字幕:古田由紀子
提供:ニューセレクト 
配給:アルバトロス・フィルム
©Shooting Star Filmcompany – 2018
http://ladymaestro.com/

マエストロ をamazonで探す

【Bluetooth 体組成計 】体重計 体脂秤 高精度 ヘルスメーター デジタル スマホ連動 健康管理 32種類測定可能 家庭用 データ自動記録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で