ついに全員狂乱!「まともな人が一人もいない!」と視聴者騒然 
水野と小池の壮絶な取っ組み合いの乱闘小手・田中の策略した信じられない奪還方法とは!?ラスト2話で巻き起こる急展開に「最後ウルっときてしまった」「不覚にも泣いた」という声続出

水野美紀,小池徹平,松本まりか,奪い愛、夏,全員狂乱,視聴者騒然,壮絶な取っ組み合いの乱闘,小手,田中,策略,奪還方法,AbemaTV
©AbemaTV

無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、オリジナル連続ドラマ『奪い愛、夏』の第6話を2019年9月12日(木)よる11時より放送いたしました。

水野美紀,小池徹平,松本まりか,奪い愛、夏,全員狂乱,視聴者騒然,壮絶な取っ組み合いの乱闘,小手,田中,策略,奪還方法,AbemaTV
©AbemaTV

『奪い愛、夏』は、主演の水野美紀さんとともに、鬼気迫る演技に定評のある小池徹平さんと松本まりかさんの”豪華怪演陣”が一挙に集結し、「AbemaTV」だからこそ描ける、危険な愛のトライアングルに挑む、クレイジー“狂愛”ドラマです。

ついに全員狂乱!「まともな人が一人もいない!」と視聴者騒然 小手・田中の策略した信じられない奪還方法とは!?

椿(小池徹平)の子を妊娠した杏(松本まりか)。俺が幸せにしていく、と責任感に燃え意気込む椿だが、椿の執着心を増す言動に、杏はこのままの状態でいいのかと悩む。翌日、二人が住む家の前の畑が荒らされていた。椿は犯人が桜(水野美紀)ではないかと予測し、追っ手を警戒し杏を部屋の中に鍵をかけ、閉じ込める。

杏の奪還に失敗し、桜に呼び出されたと土筆(小手伸也)と井川(田中みな実)。井川は桜から失敗の原因を「お前のせいだ!」と罵倒され、土筆は「杏を奪えなかったら、お前を捨てる!」という言葉を投げ捨てられ、窮地に陥る2人。すると土筆は人格が変わったように瞳孔を見開き、「分かった!」とニヤっと何かを企んだような発言をする。奪還のために土筆が取った信じられない行動とは……。

視聴者からは「ついに小手さんも覚醒!」「田中みな実の演技が最高に狂気じみてた」「まともな人が一人もいない!(笑)」などと桜、椿に加え土筆、井川まで狂乱する姿に驚きの声や、「ありえないことが起こりすぎる・・」「土筆の取った行動にびっくり」「田中みな実、人格変わりすぎでしょ・・」「これは普通の人は考えられない」など驚きの行動の数々に騒然としていました。

水野と小池の壮絶な取っ組み合いの乱闘!病室での驚きの告白の連続に「泣けた」「ラスト2話とは思えない急展開」と視聴者騒然

土筆に拉致された杏は、桜の家に連れて行かれるー。杏を二度と逃がさないように乱暴に手錠をかける桜に対し、杏は椿との子供を妊娠していることを思わず告白。衝撃の発言を受け、桜は一瞬言葉を失うが、パッと喜びの表情に変わり「私と杏の子供だ!ママでちゅよ~!なおさら離さない・・」と行き過ぎた愛の執着心を加速させる。

杏を奪われ、重傷で運ばれた椿は、意識を取り戻し「杏を取り戻さないと・・」と一段と鬼気迫る表情を浮かべる。そんな椿は瞳に狂気が宿る状態で「桜社長を出せ!」と会社にバットを持って現れ、桜の家の鍵を奪うため、取っ組み合いの乱闘をする。そんな中突然、「鈴が鳴る~~~~。」と頭を抱え、その場に倒れこんだ桜。後日、病院に訪れた椿と杏のもとに、桜の叔母が訪れ、ある告白を行い、事態は予想もしなかった急展開を迎えるー。

視聴者からは「え!?」「急展開すぎる」「嘘でしょ?っていう展開」「杏狂わせすぎだろ・・」など病室での急展開に驚きを隠せない声が続出したほか、「桜さんに同情して泣けた」「最後ちょっとうるっと来ました」「ラスト2話とは思えない」など、桜の急な変化に同情や応援の声も多く届き、残り2話となった今後の展開に注目が多く集まっています。

水野美紀,小池徹平,松本まりか,奪い愛、夏,全員狂乱,視聴者騒然,壮絶な取っ組み合いの乱闘,小手,田中,策略,奪還方法,AbemaTV
©AbemaTV

次回予告に「桜さん、生きてほしい・・」「ラスト二回とか信じられない」「最後の最後まで何かありそう」大波乱の最終回に向けたラストスパートに期待の声

次回予告では「衝撃のラスト二回」と杏が狂った表情を浮かべ滝修行をしているシーンや、「成功率は3%以下」と医師が発言し、「さよなら愛する人」と桜が手術を受けている緊迫のシーンが登場。予告を見た視聴者は「桜さん、死んじゃうのかな・・」「今までの桜さんと違いすぎて動揺」「このまま小池・田中が黙っていない気がする」など、桜の行く末が気になるという声や椿の反撃を予想する声、「ラスト2回は信じられない」「展開早すぎてラストが全く読めません」「最後の最後まで何かありそう」など、最終回直前まで大波乱の展開が待ち受けていそうな予告を見て、次回放送を早く見たいと待ち望む声が多く寄せられました。

放送終了後の花園桜のInstagramアカウント「監視日記」に小手さんが登場「桜社長の目が覚めるまで私土筆が変わりに投稿いたします…」

第6話放送終了後、水野美紀さん演じる花園桜のInstagramアカウント『監視日記』に投稿されたのは、「こんなものを更新していたとは…桜社長の目が覚めるまで私土筆が変わりに投稿いたします…どうしようどうしよう…」と桜が病院で眠っている間、土筆が代わりに更新するという旨のテキストと、眠っている桜の写真。土筆の桜を一途に慕う姿が反響を呼び「待ってましたー!」「楽しみ」「桜さんが眠っている間も桜さんが見たいです!」など、更新される内容に期待の声が多く集まっています。

Instagramアカウント『監視日記』
「こんなものを更新していたとは…」

『奪い愛、夏』番組概要

次回放送日程: 9月19日(木) よる11時~
放送チャンネル:AbemaSPECIAL
第7話 『今度は誰にも壊させない』

Abemaビデオで無料見逃し配信中

第1話 『1億円で私と結婚しなさい!』
第2話 『裏切ったら…許さないから!!』
第3話 『ここにいるよ!!!』
第4話 『ここからクイズの時間です!』
第5話 『私の愛、奪われちゃった…』
第6話 『もうあなたを離さない!!!!!』

脚本:鈴木おさむ
監督:
小松隆志
樹下直美
編成プロデューサー:谷口達彦(AbemaTV)
プロデューサー:
小路美智子(MMJ)
伊藤正昭(MMJ)
企画協力:
横地郁英(テレビ朝日) 
川島誠史(テレビ朝日)
浜田壮瑛(テレビ朝日)
制作プロダクション:MMJ
制作著作:AbemaTV
キャスト:
水野美紀(花園桜)
小池徹平(桐山椿)
松本まりか(空野杏)
小手伸也(土筆肇)
田中みな実(井川瞳)
テジュ(姜倫求)

朝加真由美

松岡里英
伊原葵
佐分利眞由奈
濱田准
吉本裕介
織田美織
守谷勇人
大澤一成

『奪い愛、夏』イントロダクション

「ここにいるよー!!」

その名台詞と怪演で”ホラー映画よりも怖い””全員ブッ壊れすぎ”とネットで大きな話題になった『奪い愛、冬』が、パワーアップして帰って来る! 前作よりも狂気度200%アップ、1話からトップスピードの主演・水野美紀と、鬼気迫る演技に定評がある小池徹平、松本まりかの”豪華怪演陣”が一挙に集結、「AbemaTV」だからこそ描ける、危険な愛のトライアングルに挑む。
「1億円で私と結婚しなさい!!」
敏腕女社長・花園桜(水野美紀)からの突然の提案。だが桐山椿(小池徹平)には同じ広報部に勤める彼女・空野杏(松本まりか)がいた。桜の執拗な監視の目をくぐり抜けながら彼女との逢瀬を重ねるも、その関係に気づいた桜が、とんでもない行動を取り始める……。
危険な愛の駆け引きに胸が高鳴り、その怪演に心が震える、日本ドラマ史上もっとも過激なクレイジー”狂愛”ドラマ。
この夏、恋愛ドラマの常識が変わる……。

6話ストーリー

椿(小池徹平)の子を妊娠した杏(松本まりか)。椿は二人とも俺が幸せにすると意気込み、杏は自分が子供を産んでいいのかと悩む。だが翌日、二人の畑がめちゃくちゃに荒らされていた。椿は桜(水野美紀)からの追っ手を警戒し、杏を鍵付きの部屋の中に閉じ込める。椿の瞳には、すでに狂気が宿っていた……。

監禁され過呼吸になった杏は窓ガラスを破り外に出る。そこに土筆(小手伸也)と井川(田中みな実)が現れ、杏を拉致しようと拘束する。異変に気づいた椿は、鍬を持って抵抗する。杏の奪還に失敗した土筆と井川を責める桜。窮地に陥った土筆が取った行動は、あまりにも卑劣なものだった
……。

7話予告

桜(水野美紀)の脳に腫瘍があり、余命いくばくもないことを知った椿(小池徹平)と杏(松本まりか)。杏は椿よりも桜のことが好きだったことに気づく。
杏は、目を覚ました桜に自分の気持ちを伝える。「壊れるほどに愛してくれて、ありがとうございます」。桜と杏は気持ちが通じ合うが椿は納得ができず、こみあがる怒りを二人にぶつける。
傷心の椿の前に井川(田中みな実)が現れ、「杏さんの大切なものを奪えば、椿さんの気持ちに気づくかも」と、桜の殺害を提案する。椿は井川と共謀し、桜が入院する病室に忍び込む。
杏は以前屋形船で会った医者の大和に、桜の病気を直して欲しいと懇願、だが紹介された凄腕の脳外科医に、手術の成功率は1%だと告げられる。手術に踏み切るか、残り1ヶ月を大切に生きるか、杏は桜にその未来を委ね
る。桜が出した回答は……。

登場人物

●花園桜(水野美紀)
年商100億円の40代向けのマッチングアプリ会社「ラブネクスト」42歳の女社長。会社のイメージアップのため、条件がマッチした男性を探し、目的のためなら手段を選ばない。
●桐山椿(小池徹平)
ラブネクスト広報部、元読者モデルのイケメン社員。実家は老舗和菓子屋で、現在経営難である。さわやかで社内からの信頼も厚い。

●空野杏(松本まりか)
ラブネクストの美人広報。会社のメンバーには内緒で椿と社内恋愛中。純粋無垢で、誰からも嫌われない女性。

●土筆肇(小手伸也)
ラブネクスト社長秘書。桜にゴミ溜めから拾ってもらったドM。”ご褒美”をもらうため、今日も桜のために暗躍する。

●井川瞳(田中みな実)
ラブネクスト広報部、杏の同僚であり親友。社内事情・恋愛事情に詳しいミーハー女子で、杏の良き相談相手。

松本まりか をamazonで探す

松本まりか写真集「きっと。」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で