『凶悪』を世に送り出して以降、昨年公開『孤狼の血』など、毎年のように作品・監督・俳優賞を中心に国内賞レースを席巻し、いま俳優たちが最も出演を熱望する映画監督のひとりである白石和彌監督の最新作『ひとよ』が、11月8日(金)全国公開!

佐藤健,鈴木亮平,松岡茉優,田中裕子,白石和彌,ひとよ,特別コメント,メイキング映像,
(c)2019「ひとよ」製作委員会

どしゃ降りの雨降る夜、ある家族に起きたひとつの事件。それは、母親とその子どもたち三兄妹の運命を激変させた。その夜から、心の傷を抱えたまま別々の人生を歩んだ家族は、15 年後に再会。

葛藤と戸惑いの中で、一度崩壊した家族の絆を取り戻そうともがき続けた先に訪れる結末とは―――。

主演に、15 年前の事件に縛られ家族と距離をおき、東京でフリーライターとして働く次男・稲村雄二を演じる、佐藤健。町の電気屋に勤務し、三兄妹で唯一自身の家庭を持つが夫婦関係に思い悩む長男・稲村大樹に鈴木亮平、事件によって美容師になる夢を諦め、スナックで働きながら生計を立てる末っ子の妹・稲村園子に松岡茉優、そして、15 年ぶりに三兄妹のもとへと帰ってくる母親・稲村こはるを田中裕子が演じる。

本作で、稲村家の三兄妹を演じた佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優は、いずれも白石組初参加。兄妹たちは、母・こはるが子供たちを守るために父を手にかけたことで運命を狂わされ、事件から 15 年後にこはるが帰ってきたことで、葛藤と戸惑いの中“家族”と向き合うことになる。

今回到着した特別映像では、もともと白石和彌監督作品のファンだと語る主演の佐藤が「芝居としてやりがいがありそうだな、すごくいい台本だなと思いました」と本作出演に対する気持ちを明かしている。佐藤の雄二役は、企画の時点で白石監督が熱望していたこともあり、今回まさに相思相愛のキャスティングが実現!

吃音が原因でコミュニケーションに苦手意識を持つという難役・大樹を演じた鈴木は、「ああこれが白石組かと思って楽しんでました」と撮影を振り返り、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを獲った『万引き家族』での熱演も記憶に新しい松岡は、「私たちがちゃんと(映画の中で)生きていないと面白くないから、試されるなと思いました」とコメント。
共に俳優として白石組で演技することへの喜びや強い意志を持って挑んでいたことを語っている。また映像では、連続する緊迫の本編シーンと対極的に、スタッフ陣と笑顔でモニターを見つめたり、クランクアップ時に花束を受け取って白石監督と熱い抱擁を交わす佐藤の姿など、微笑ましいメイキングも収録!キャストと製作陣の絆の強さがうかがえる映像となっている。

本作でメガホンを取った白石監督は、これまで『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』、『孤狼の血』や『彼女がその名を知らない鳥たち』など、人や社会の闇をエンターテインメントに昇華して描き、国内賞レースを席巻するなど高い評価を獲得。

待望の新作となる本作では、初めて真正面から「家族」というテーマを描いてることでも話題に。白石監督は「過去を振り返っているんだけど、(描いているのは)未来を見つめていくことでもある」と語っており、稲村家の面々が、15 年前の事件の“一夜(ひとよ)”に囚われたままではなく、前に進むという希望も描かれていることを示唆している。

映像は、佐藤の「白石監督曰く、最高傑作になるだろう」というコメントで締めくくられており、公開まで 2 カ月を切った今、ますます本作への期待感が高まること間違いなしだ!

子供たちのために罪を犯した母親は、家族を救ったのか?それとも、家族を破滅に追いやったのか?15 年の年月を経た“家族”の再会がもたらす試練は、各々の“善悪”の在処を揺り動かしながら、激しくも魂を震わせる結末を導いてゆく─!

2019 年最も豪華な俳優陣が集結した、感涙のヒューマンドラマの大力作『ひとよ』は、11 月 8 日(金)全国公開!

<< 新着情報 >>
『ひとよ』のムビチケと小説の発売情報をお知らせいたします。

●ムビチケ発売情報
9 月 20 日より発売開始。

●書誌情報
「ひとよ」
著:長尾徳子 原作:桑原裕子
2019 年 9 月 20 日発売
集英社文庫刊
定価:本体 640 円+税
ISBN:978-4-08-744030-0

あの日、母は父を、殺した。そして 15 年後――母は、帰ってきた。家族の崩壊と再生を描く衝撃作、小説化。ある夜。タクシー運転手のこはるは、家族に暴力を振るう夫を殺害してしまい、15 年後に必ず戻ると約束して自首する。そして――15 年後。母は約束通り帰ってきた。母が起こした事件によって人生が大きく変わってしまった三人の子どもたちは、再会した母とどう接するか戸惑い……。家族の崩壊と再生を描く、劇作家・演出家・俳優の桑原裕子が主宰する劇団「KAKUTA」の代表作を小説化。

著者プロフィール

長尾徳子(ながお・のりこ)

脚本家・フリーランスライター。出版社勤務を経て独立。漫画・小説のレビューやインタビュー構成を多数手がける。音響制作の企画・構成・プロデュース後、脚本家としてデビュー。代表作はテレビアニメ「伯爵と妖精」の全脚本・シリーズ構成。ノベライズを担当した著書に『僕達急行 A 列車で行こう』(森田芳光監督作品)がある。

桑原裕子(くわばら・ゆうこ)

東京都出身。劇団 KAKUTA 主宰。1996 年劇団「KAKUTA」を結成。2001 年より劇作・演出を手がける他、俳優としても出演し、中心的な役割を担っている。外部プロデュース公演や映像作品への脚本提供、外部での演出、出演も多数。08 年『甘い丘』で第52回岸田國士戯曲賞最終候補、09年再演時には作家・演出家として第64回文化庁芸術祭新人賞を受賞。15年『痕跡』で第 59 回岸田國士戯曲賞候補、第 18 回鶴屋南北戯曲賞受賞。18 年『荒れ野』で第 70 回読売文学賞受賞。
http://www.kakuta.tv/

あらすじ

あまりに切ない“母なる事件”から15年。希望を夢見た者たちのゆく末は━
どしゃぶりの雨降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は、愛した夫を殺めた。それが、最愛の子どもたち三兄妹の幸せと信じて。そして、こはるは、15年後の再会を子どもたちに誓い、家を去った—。たった一晩で、その後の家族の運命をかえてしまった夜から、時は流れ、現在。次男・雄二(佐藤 健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)の三兄妹は、事件の日から抱えたこころの傷を隠したまま、大人になった。抗うことのできなかった別れ道から、時間が止まってしまった家族。そんな一家に、母・こはるは帰ってくる。15年前、母の切なる決断とのこされた子どもたち。皆が願った将来とはちがってしまった今、再会を果たした彼らがたどりつく先はー

『ひとよ』11月8日(金)全国ロードショー

監督:白石和彌 
脚本:髙橋泉 
原作:桑原裕子「ひとよ」
出演:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟(千鳥)、佐々木蔵之介・田中裕子
製作幹事・配給:日活
企画・制作プロダクション:ROBOT
コピーライト:©2019「ひとよ」製作委員会
公式サイト:https://www.hitoyo-movie.jp/
特報映像:https://youtu.be/ZgBSYWxsf5o

白石和彌監督 をamazonで探す

ロストパラダイス・イン・トーキョー [DVD]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で