●ディレクター・山縣良和が手がけるレーベルの最新コレクションのファッションショーを噴水広場にて発表
●日比野克彦総合プロデューサー監修により会場のランドマークおよびワークショップスペースを設置
●昨年度大好評を得た自由参加型の野外写生大会が山縣良和主宰のファッション私塾「coconogacco」とコラボ
●奈良を起点に北京~ペルセポリス~パルミラを経てローマに至る篠山紀信「シルクロード」写真展開催 等

 上野文化の杜新構想実行委員会と公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京は、日本文化の集積地でもある上野公園とその周辺地域を舞台に社会包摂をテーマにした文化芸術事業「UENOYES(ウエノイエス)」を展開し、世界に向けて上野の魅力を発信。

2019年11月9日 (土)・10日 (日)には、日比野克彦総合プロデューサーの下、ファッションデザイナー・山縣良和氏をディレクターとして迎え、上野恩賜公園 竹の台広場を舞台にスペシャルアートイベント「UENOYES2019 “FLOATING NOMAD”」を開催。

 テーマである“FLOATING NOMAD (=浮遊遊動民)”は、上野恩賜公園というオープンな空間へ、多様な国や地域から集まった様々な立場の人々がまるで遊動民のように思い思いの装いで集い、表現や行動を通じてダイバーシティを表わし、交流や学びの場を形づくるインクルーシブなアートイベントとなっていく様子をイメージしています。

 当イベントでは、会場のランドマークおよびワークショップスペースとなる《段ボールオブジェ・サイト》を、日比野氏監修・総指揮の下、東京藝術大学のDOORプロジェクト受講生と山縣氏が主宰するファッション私塾「coconogacco/ここのがっこう」の混成チームが中心となって制作・設置します。

 また、奈良を起点に北京~ウルムチ~ペルセポリス~パルミラを経てヴァチカン(ローマ)までを辿った《篠山紀信「シルクロード」写真展》や、ライブストリーミングスタジオ「DOMMUNE」がこの二日間限り集結し独自のスペシャルプログラム等を配信する《DOMMUNE UENOYES》、フランス人写真家のシャルル・フレジェによる写真展等、テーマに沿ったコンテンツを展開予定です。

 特に、会場の噴水池を会場としたファッションショー形式で発表する山縣氏のレーベルの最新コレクションは、当イベントならではの演出内容となっており見どころの一つです。

【概要】

■名称  :「UENOYES2019 “FLOATING NOMAD” 」
(ウエノイエス2019 “フローティングノマド”)
■URL  :https://uenoyes.ueno-bunka.jp/2019/
■日時  :2019年11月9日(土)、10日(日) 11:00~18:00
      ※一部プログラムは開始時間が異なります。
■会場  :上野恩賜公園 竹の台広場 (噴水広場)
      ※参加無料。
      ※事前申込み不要。
      ※一部プログラムは整理券配布となる場合がございます。
      ※雨天・荒天の場合、開催変更・中止となる場合があります。
       また、都合によりプログラム内容は変更となる場合があります。
■主催  :上野文化の杜新構想実行委員会、
公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
■特別協力:ルイ・ヴィトン ジャパン株式会社
■協力  :レンゴー株式会社、Pioneer DJ株式会社
※本事業は令和元年度 文化庁国際文化芸術発信拠点形成事業です

山縣良和(ヤマガタヨシカズ)

1980年、鳥取県生まれ。2005年にイギリスのセントラル・セント・マーティンズ美術大学を卒業。在学中にジョン・ガリアーノのデザインアシスタントを務める。帰国後、2007年に自身のレーベル「writtenafterwards」をスタート。2015年、日本人で初めてLVMHプライズにノミネート。自由で本質的なファッションの教育の場として「coconogacco」を主宰し、 多くのクリエーターを輩出している。

日比野克彦 をamazonで探す
山縣良和(ヤマガタヨシカズ) をamazonで探す

Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属
ELLE SHOP(エル・ショップ)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で