「心が折れて」帰国したら何もかもなくなっちゃった!?三瓶がトルコ行きの顛末を全告白。嫌なことから逃げまくってきたしくじり芸人・三瓶が“逃げ体質”を猛反省。「AbemaTV」は三瓶先生の授業完全版! 。「お笑い研究部」はSCRAP監修の“リアル脱出ゲーム”でチームプレーを学ぶ!。 2月3日(月)深夜0時45分より「Abemaビデオ」で無料配信開始。

トルコ行き,しくじり芸人,三瓶,逃げ体質,しくじり先生,俺みたいになるな,
©AbemaTV

嫌なことから逃げまくってきた人生を、三瓶先生が激白授業!

トルコ行き,しくじり芸人,三瓶,逃げ体質,しくじり先生,俺みたいになるな,
©AbemaTV

たった4日でトルコが嫌になっちゃった!?レギュラー番組を失い、実家暮らしの今!過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる、反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV」との連動も毎週、大好評を博しています。  

そんな『しくじり先生』2月3日(月)の放送は、「三瓶です♪」のフレーズでおなじみのお笑い芸人・三瓶さんが登壇!“嫌なことから逃げまくっていたら何もなくなっちゃった先生”として授業を行います。

三瓶先生は1999年に東京NSC(吉本総合芸能学院)に入学し、2001年には「三瓶です♪」のギャグで大ブレークを果たしました。その後、2019年には芸能活動を休止し、トルコに移住したことでも知られていますが、なんとわずか4日でトルコが嫌になり、逃げ出すことを決意。たった2カ月で“心が折れ”、帰国してしまったことを明かし、その結果、テレビのレギュラー番組はゼロ。貯金を切り崩しながら、福島県の実家で暮らしていると現在の状況を打ち明けます。

三瓶先生が考察する、嫌なことから逃げてしまう人の特徴とは!?

トルコ行き,しくじり芸人,三瓶,逃げ体質,しくじり先生,俺みたいになるな,
©AbemaTV

今回の授業では、“逃げるは楽だが癖になる”と銘打ち、三瓶先生がこれまで歩んできた人生を教材に、“嫌なことから逃げてしまう人の4大特徴”を解説。三瓶先生は、自分のように嫌なことから逃げてばかりいると“逃げ体質”が染みついてしまい、「何をやっても途中で投げ出すようになってしまう」と、反省を語ります。

三瓶先生はどんなことから、どうやって逃げてきたのか。就職の面接やアルバイト先、そして芸人としてブレークを果たしてからも“逃げ続けた”三瓶先生のしくじりとは…!?さらに、トルコ行きを決めた経緯や、トルコから逃げ出した顛末を全告白します。

授業の最後には、三瓶先生が“今になって気づいた教訓”を語るとともに、今後の目標を正直に発表します。そんな先輩芸人のしくじり授業に、“お笑い第七世代”として人気沸騰中のお笑いコンビ・宮下草薙の2人はどんな感想を抱くのか!?

トルコ行き,しくじり芸人,三瓶,逃げ体質,しくじり先生,俺みたいになるな,
©AbemaTV

「Abemaビデオ」は授業完全版!

「お笑い研究部」はSCRAP監修の“リアル脱出ゲーム”でチームプレーを学ぶ!“解答編”地上波放送直後、深夜0:45からお送りする「Abemaビデオ」では、三瓶先生の授業“完全版”をオンエアします。

さらに、大好評オリジナル企画「お笑い研究部」では、“チームプレーを考える”の第3弾・解答編をお届けします。

SCRAP監修の番組オリジナル“リアル脱出ゲーム”「しくじり学園からの脱出」に挑戦し、真のチームプレーを学んだ若手お笑いコンビ・納言は、見事“チームプレーの正解”を導き出すことができるのか!?月曜の夜は、地上波+「AbemaTV」で、『しくじり先生 俺みたいになるな!!』をたっぷりとお楽しみください!

テレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!』放送概要

放送日時:毎週月曜深夜0時15分~深夜0時45分  ※一部地域を除く

『しくじり先生 俺みたいになるな!!』地上波完全連動企画 配信概要

Abemaビデオ配信開始日:2月3日(月)深夜0時45分から
視聴 URL: https://abema.tv/video/episode/88-77
無料
<レギュラー出演>
(担任)  若林正恭(オードリー)
(生徒)  吉村 崇(平成ノブシコブシ)
(しくじり先生)   三瓶
(生徒※50音順) 黒木ひかり、澤部 佑(ハライチ)、宮下草薙、横山由依(AKB48)

しくじり先生 俺みたいになるな!! をamazonで探す

しくじり先生 俺みたいになるな!! [レンタル落ち] 全12巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]
ELLE SHOP(エル・ショップ)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で