近年、『サステナブル』『エシカル消費』『自然』といった環境を意識したワードが盛り上がりを見せており、自然由 来の素材を使ったファッションが注目を集めています。中でも春夏に欠かせないリネンは、環境にやさしい素材と して人気が高まっています。

サステナブル・エシカル,リネン,光沢感,ユニクロ,プレミアムリネン,

ユニクロの「プレミアムリネン」は、高い品質を誇り、厳密に管理された「ヨーロピアン リネン」を 100%使用しています。また、サステナブルな栽培方法や環境に負荷の少ない加工方法を採用した素材 を使い、1 枚 1 枚手作業で生地を整え、丁寧に作られています。

After/With コロナ時代では、着る人、環境、社会 に配慮したモノづくりがより求められていくと考えています。

買い物の基準は環境と社会に配慮した商品

博報堂が行った「生活者のサステナブル購買行動調査」※によると、普段の買物時に意識することとして、9 割以 上の方が「長く使えるものを買う」と回答。今後の購買の判断基準については、「環境や社会に悪い影響を与える 商品は買わない」、「環境に負荷をかけない商品を買う」という環境・社会へ配慮した商品の購買意向も8 割近くにのぼっています。

この調査から昨今の生活者の環境やサステナビリティへの意識の高まりが伺えます。今回、ファッションエディターの軍地彩弓さんに世の中のサステナブル・エシカルな消費志向の高まり、また、After /With コロナの時代の市場の変化やこれから求められるファッションについて語っていただきました。

今年、世界中の人が新型コロナウィルスという予測不可能な敵と戦うことになりました。この災禍は私たちの生活を大きく変 化させました。「不要不急」な外出が制限され、#リモートワーク、#ステイホーム、#断捨離。ハッシュタグで繋がるのは、今の時代に“必要なもの”は何なのか?という問いです。必要なファッションとは何でしょうか?流行や安さだけではなく、心と 体に充足感をもたらすような「思い」のあるものへ。このような消費者の変化がますます進んでいくように感じています。

「After/With コロナ」の時代、必要なのはこの「思い」です。着て心地いいもの、ずっと大切に持っていたいもの、作られる 過程にも配慮があること。若い世代を中心に「サステナビリティ」への消費者の意識が高くなっていることも、強くつながっています。限りある地球資源を大切に活かすことは、現代を生きる私たちの責任でもあります。

生産地、素材、製造過程中で その商品に「思い」はあるか? ユニクロはここ数年、このサステナビリティへの取り組みを真摯に進めています。”LifeWear”という理念に基づいて、大きな マーケットで、職人堅気のクオリティを保つ。相反しがちな要素を両立させる取り組みですが、それはより多くの人に、永続可能で「思い」のある商品を届ける努力。これからの世の中で受け入れられるためには、こういった努力を継続していけるかどうか がより重要なことになってくるのではないでしょうか。

軍地彩弓さん

サステナブル・エシカル,リネン,光沢感,ユニクロ,プレミアムリネン,
軍地彩弓

大学卒業と同時に『ViVi』編集部で、フリーライターとして活動。その後、雑誌『GLAMOROUS』の立ち上 げに尽力。2008 年に現コンデナスト・ジャパンに入社。クリエイティブディレクターとして『VOGUE GIRL』の創刊と運営に 携わる。2014 年に自身の会社、株式会社 gumi-gumi を設立。『Numéro TOKYO』のエディトリアルアドバイザー、Netflix ドラマ「Followers」のファッションスーパーバイザー、企業のコンサルティング、情報番組のコメンテーター等幅広く活 躍。

※出典:博報堂「生活者のサステナブル購買行動調査」(2019 年 11 月発表)

ユニクロ「プレミアムリネン」: サステナビリティ、モノづくりへのこだわり

Check:最高峰の品質を誇るヨーロピアンリネンを 100%使用 すべてのリネン生産者はヨーロッパリネン憲章に署名し、エコロジカル・フットプリント(人間が環境にどれだけ 依存しているかを表す指標)の減少に大きく貢献しています。

サステナブル・エシカル,リネン,光沢感,ユニクロ,プレミアムリネン,
サステナブル・エシカル,リネン,光沢感,ユニクロ,プレミアムリネン,

実は高機能なリネン素材!春夏にぴったりな 5 つの理由

リネンが春夏に適しているといわれる背景には、自然由来の素材であるにもかかわらず、温度調節機能や通気 性、発散性などの機能性に優れているという特長があります。これからの季節は最高気温が 25 度以上の夏日が 増えますが、朝夕の温度差が 10 度以上の日もあり※、また梅雨に向けて湿度も高くなるため、春夏にふさわしい おすすめの素材です。 ※気象庁「2019 年 5 月 東京 日最高気温の月平均値(℃)」から算出

サステナブル・エシカル,リネン,光沢感,ユニクロ,プレミアムリネン,

今季トレンドの”ネイチャーカラー” 鮮やかな発色で上品な印象を
鮮やかな色合いが特徴。春の花を連想 させるピンクや、夏の海のような鮮やかなブルーなど、コーディネートに取り入れるにはハードルが高いはっきりと したカラーも、ユニクロのプレミアムリネンシャツなら鮮やかな発色で上品な印象になるので、気軽にトレンドを楽 しむことができます。

サステナブル・エシカル,リネン,光沢感,ユニクロ,プレミアムリネン,

今季トレンドの”ネイチャーカラー” 鮮やかな発色で上品な印象を

今年の春夏トレンド”ネイチャーカラー”は、春の花を連想させるピンクや、夏の海のような鮮やかなブルーなど、自 然の風景とリンクするような鮮やかな色合いが特徴。はっきりとしたカラーも鮮やかな発色で上品な印象を演出で きるユニクロのプレミアムリネンシャツなら、気軽にトレンドを楽しむことができます

サステナブル・エシカル,リネン,光沢感,ユニクロ,プレミアムリネン,

「プレミアムリネン」商品ラインナップ

サステナブル・エシカル,リネン,光沢感,ユニクロ,プレミアムリネン,

「UNIQLO MASTERPIECE(ユニクロ マスターピース)」とは

「UNIQLO MASTERPIECE」は、着る人のために進化しつづける定番商品のことを指します。LifeWearをコンセプトにあ らゆる人が日々を快適に過ごせるための服づくりを目指すユニクロは、日本のものづくりの精神を受け継ぎ、 素 材、縫製、シルエット、色使い、すべての細部に心を配っています。

「UNIQLO MASTERPIECE」スペシャルサイトサイト

YOOX.COM

ユニクロ「UNIQLO」をamazonで探す
株式会社ユニクロ(UNIQLO CO., LTD.)は、「UNIQLO」の店・ブランド名で、実用衣料品の生産販売を一括して展開する日本の会社である。また、同社が販売する商品のブランドとして『ユニクロ』を使っている。 登記上の本店を山口県山口市佐山に、実質的本社となる東京本部を東京都港区赤坂に置いている。ファーストリテイリングの完全子会社。 ウィキペディア

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で