建築家・藤本壮介氏の講演会を開催 8月5日 京都国立近代美術館

京都服飾文化研究財団(KCI)の『Future Beauty: 30 Years of Japanese Fashion』展は、昨年10月から本年6月までロンドン・ミュンヘンを巡回し、ヨーロッパ初の大規模な日本ファッション展として注目を集めました。
KCIチーフ・キュレーター、深井晃子による展覧会の報告とともに、展示会場のデザインを担当した気鋭の建築家・藤本壮介氏に、ファッション展における空間デザインについてお話いただきます。

講演者 藤本壮介[建築家]
1971年、北海道生まれ。東京大学工学部建築学科卒業。藤本壮介建築設計事務所主宰。

若手建築家の国際的な登竜門「AR Award」を2005 年から3 年連続受賞。2008 年、「JIA
日本建築大賞」、「World Architectural Festival 個人住宅部門最優秀賞」受賞。『Architecture
Record』誌の「Design Vanguard」に選出。2009 年には「Wallpaper Design
Awards – 個人住宅部門受賞」を受賞。現在、東京大学特任准教授、慶応義塾大学・東京理科大学非常勤講師。
主要作品に情緒障害児短期治療施設バウムハウス(2006年)、武蔵野美術大学図書館(2010年)、主要著作に『原初的な未来の建築』(INAX出版)、『建築が生まれるとき』(王国社)など。

講演会名:建築家とファッション展:建築家・藤本壮介、『Future Beauty」展を語る

会期:2011年8月5日(金)18:00~20:00(開場17:30)
会場:京都国立近代美術館 一階 講堂 http://www.momak.go.jp/Japanese/access.html
主催:京都国立近代美術館、京都服飾文化研究財団
入場:無料
定員:100名 事前予約制 未就学児の入場はご遠慮ください

参加お申し込み、お問い合わせ:京都服飾文化研究財団 TEL: 075-321-9221
*受付時間:9:30~17:00(土日祝を除く)
*参加お申込みはお電話にて受け付けいたします。
*先着順とし、定員となり次第締め切りとさせていただきます。

〒600-8864
京都市下京区七条御所ノ内南町103
京都服飾文化研究財団(KCI)
http://www.kci.or.jp

「ファッション 時代を着る」
熊本市現代美術館
2011年6月25日~9月4日
KCIコレクション、約100点を出展中
http://www.camk.or.jp/

YOOX.COM(ユークス)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください