均等法バリキャリとイマドキ女子 仕事と恋愛…女の生き方考えるセミナー開催

朝日新聞社ジョブラボは、東日本大震災以降に人々の価値観が揺さぶられるなか、これからの時代の「新しい『幸せのモノサシ』」を考える連続セミナー「生き方カレッジ2011」を<仕事><女><家族><地域>の4テーマで開催します。9/21(水)のゲストは脚本家の大石静さんと「女の欲望ラボ」代表の山本貴代さん。仕事一筋で生きてきた辣腕女性編集者と17歳年下のキャリア官僚との熱愛を描いて話題となったドラマ「セカンドバージン」の映画公開を前に、キャリア女性と恋愛、均等法世代とイマドキ女子、を語ります。
ゲストの対談後は、参加者のみなさんが交流していただけるよう「交流会」の時間を設けています。ワインと軽食をとりながら、業界や年齢の枠を超えた働く女性同士ならではの交流の場として、お楽しみください。

●開催概要
生き方カレッジ2011 【第2回・女】2011年9月21日(水)18:45~21:15 @エムプラス
・ゲスト: 大石静さん(脚本家)×山本貴代さん(「女の欲望ラボ」代表)
・タイトル: 「女だから 女だけど ワタシ」
・会場: 丸の内・エムプラス
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル 1F、10F
・募集人数: 150名(女性限定)
・参加料: 1回 5,000円
・主催: 朝日新聞社、三菱地所
・問合わせ先 メール:joblabo-seminar@asahi.com
・プログラム詳細とお申し込みは、こちら
http://joblabo.asahi.com/list/college_2011

<内容>
まもなく公開の映画「セカンドバージン」の脚本などで知られる大石静さんと、長年女性の生き方研究やマーケティングに携わり、自身も博報堂の均等法1期生である山本貴代さん。
「セカバー」で鈴木京香が演じた「るい」も、仕事一筋で走ってきた均等法世代。その「るい」を通じて、大石静さんは何を伝えようとしたのか。深田恭子演じる専業主婦という生き方に何を映したのか。

一方、博報堂時代、産休に入る前に、「子どもを産んでも、会社に戻る場所はあるんだろうか?」と悩み、「産休ブルー」になったという山本貴代さん。均等法世代として、この映画や作品を見ながら、何を思い、どう感じたか。ご自身のキャリアをどう振り返ったのか--。
かつて、結婚すると女性は妻や母になり、「女」は卒業。仕事や自分の時間を楽しむ女性は一部でした。しかし、雇用機会均等法施行から25年がたち、アラサー世代では、働き続ける女性が過半数を超えました。今、女性たちは女で妻で母で仕事人で娘。女だからこその生き方を楽しみつつ、女であるゆえの壁も抱えています。「女だから、女だけど…」。脚本家の大石静さんと、30代女性の意識変化を追いかけてきた山本貴代さんが、これからの時代の「ワタシの生き方」を語ります。

●関連するリポートと企画
・苦難の女優時代、がんとも闘って 大石静さん(上)
http://joblabo.asahi.com/articles/-/2964
・養母と実母 2人の母のはざまで 大石静さん(中) 
http://joblabo.asahi.com/articles/-/2981
・必要とされる喜び 前に進むために書く 大石静さん(下)
http://joblabo.asahi.com/articles/-/3019
・肩ひじ張らず 役割分担を ~均等法施行から25年~ 山本貴代さん
http://joblabo.asahi.com/articles/-/3042

【特集 女の幸せ!?】<連載・ポスト逆転の時代>
・追いつめられても助け合わない 今の女たちへ 社会学者 上野千鶴子さん 
http://joblabo.asahi.com/articles/-/2967
・恋愛、結婚の幻想が消え、子どもが残った マーケティングライター牛窪恵さん
http://joblabo.asahi.com/articles/-/3045
・肩パッド、真っ赤な口紅の武装を解いて ファッションジャーナリスト 生駒芳子さん
http://joblabo.asahi.com/articles/-/2806

<ゲストプロフィール>
・大石静 脚本家
東京生まれ。1986年に「水曜日の恋人たち」で脚本家としてデビューして以来、オリジナル作品を中心に多数のテレビドラマの脚本を執筆。97年、「ふたりっ子」で向田邦子賞と橋田賞をダブル受賞。その他の代表作に「功名が辻」「ギネ 産婦人科の女たち」「長男の嫁」「アフリカの夜」「四つの嘘」など。昨年、大人の女性と17歳年下の男性との恋愛をリアルに描き、男女問わず多くの反響を呼んだNHK・ドラマ10「セカンドバージン」が今年映画化。9月23日全国ロードショー。

・山本貴代 「女の欲望ラボ」代表
静岡県出身。聖心女子大学卒業後、1988年博報堂入社。コピーライターを経て、博報堂生活総合研究所上席研究員。その後、博報堂研究開発局上席研究員。2009年に独立。専門は、女性の意識行動研究。現在は、女性生活アナリストとして活躍。著書に「晩嬢という生き方」(プレジデント社)、「女子と出産」(日本経済新聞出版社)、「ノンパラ」(マガジンハウス)。共著に「黒リッチってなんですか?」(集英社)など。

●第3回以降のゲストと開催日時
・【第3回・家族】2011年10月25日(火)18:45~21:15 @エムプラス
たむらようこさん(放送作家)×高橋俊介さん(慶応義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授)
・【第4回・地域】2011年11月22日(火)19:00~21:30 @丸ビルホール
西水美恵子さん(元世銀副総裁)×斉藤和枝さん(斉吉商店専務取締役)
・第1回は<仕事>をテーマに、佐藤悦子さん(SAMURAIマネジャー)×藤巻幸夫さん(シカタ代表取締役プロデューサー)が語りました。

■朝日新聞ジョブラボについて
「ジョブラボ」は、女性のキャリアとライフスタイルを応援する朝日新聞社のプロジェクトです。女(じょ)性がいきいきと仕事(Job)をすることで、ブラボーな社会になっていく。そのための学びや気づきの場(Labo)を提供していきたいと考えています。
2009年度から、各界で活躍する著名ゲストに学ぶ連続講座「生き方カレッジ」を開催、同時にWEBサイトを通じて、働く女性が抱える人生やキャリア、暮らしの問題解決をサポートするための情報提供をしています。http://joblabo.asahi.com/

また、2010年からは継続的に、働く女性の意識調査を実施、「ヨクバリージョ白書」でリポートしています。30代女性を中心とした働く女性たちを対象にアンケートし、結婚や仕事、お金、社会とのつながり、ライフスタイルなどに関するアンケートを実施しています。

■このリリースに関するお問い合わせや取材、資料をご希望の方は下記よりご連絡ください。
朝日新聞社 ジョブラボ 
お問い合わせURL:http://joblabo.asahi.com/list/siteinfo/inquiry

★ELLE SHOP

★★★Fashion-j 週刊ファッション情報のAndroid アプリ!
★★★ Android お持ちでしたらぜひチェックしてみてください。無料です。
└─ https://market.android.com/

【Facebook】 「いいね」を押してね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください